あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« サイクルとリサイクル | トップページ | おわくりPV »

2007年10月29日 (月)

ほんとに来ちゃったね

それは2年前の今日、名古屋でひつまぶし食べながら、聞いた言葉。「さんざん誘っといてなんだけど」と、友は笑った。

ええ、ええ、ほんとに来ちゃいましたよ。名古屋M!千秋楽。

来るつもりなんかなかったのに。

来月博多へ行く。その1回で満足するつもりだったのに。

居ても立ってもいられないというのは、あのときのような精神状態を言うのでしょう。
胸の奥に何かが燃え上がって、消しても消してもどうしても消し去ることができない。
中川晃教を知って最初の舞台。帝劇公演終わったばかりと知って、これはご縁がなかったとあきらめたつもりだった。

それがなんで?気がついたら名古屋にいるんだか。

あの日。初めて舞台で見たあっきーは、シローじゃなくてヴォルフだった。(あったりめーだろ)それがなぜか悲しくて、初生あっきーの歌声もどこか遠い人のようでね~。ううん、でもやっぱりあの「なぜ愛せないの」はすごかった。あれを聞けただけで行った甲斐はあった。とは思う。とりあえず「あっきーの生歌を聞く」という目的は十分果たせたんだから。
重ちゃん@シカネーダーの「しらねーだー?」なんてダジャレも絶好調(笑)だったし、全体的に千秋楽のノリと高揚感で客席の盛り上がりも最高だった。

ちゃんとしたミュージカル見たの、森重久弥の屋根バイ以来、約20年ぶり(笑)だし、それまでもたいして数見てないから、単にあまり見慣れてないせいかもしれないけど、お話的にはちょっとまとまりないかな?という印象も。でも基本的に「親子物」好きなので、そんなに気になるほどでは。

それより、ん??と思ったのは、あっきーヴォルフにはミュージシャンとしての中川晃教が見えてしまって、アマデなしでも曲書けてるように見えちゃうこと。だから「ダメだ、書けない…」というセリフにちょっと違和感を覚えたのを記憶している。

それと最後の「影を逃れて」。1幕ラストのソロはよかったんだけど、エンディングテーマみたいに全キャストで歌うのと、その真ん中からさっき死んだヴォルフが現れてカーテンコールへ続くのがあれれ、って感じでした。ミュージカルの形式というのかな、楽しむ作法を知らなかったからだと思うけど。それって、たとえば全幕バレエのパドドゥでバリエーションごとに拍手もらって挨拶するダンサーに一瞬「素」を見て違和感おぼえたのと似てるかもね。こっちは最近は慣れたけど。

何の話だっけ?(笑)

そうそう、今日は(舞台の)初生あっきーから2周年なのですよ。で、つらつら思い出すと、なぜか感動できなかったのが心残りで。

それだけ「SHIROH」のインパクトが大きかったってこと。何度もしつこいようだけど。
でもいい舞台でしたよ。って、今さら取って付けたみたいに書いても遅い? ^^;;

あるあっきー友が言うには「失敗しようがない舞台だ」って。もう3回目。舞台そのものも楽曲も優れているし評価も安定している。何より、回りのキャストが磐石だ。

そうかな?

って、もちろん失敗を予想してるわけではないよ。ただ。

初演の成功と評価でここまで来た。今回ダブルキャストとしての比較評価はもちろん、過去の自分とも比較され批評にさらされることは、あっきー自身覚悟してるはず。だよね。

何だろうなぁ。期待と同じくらい不安も感じるというのは。何に対して?

心のどこかで、期待しすぎないように、期待しすぎないように、と抑制かけてる自分がいます。これってものすごい期待の裏返し?それとも。

【追記】
だからなんだよ?!って自分で突っ込みたくなる尻切れトンボな記事。下書きにしといたけど、上げちゃいます。これもまた今日の気分ってことで。

« サイクルとリサイクル | トップページ | おわくりPV »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/8677253

この記事へのトラックバック一覧です: ほんとに来ちゃったね:

« サイクルとリサイクル | トップページ | おわくりPV »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ