あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« M!公式サイトによっしーインタビュー | トップページ | ジョナス・ベンディクセンの視点 »

2007年10月20日 (土)

赤くなったり青くなったり(再)

今ごろですが先週のラジオ・トークについてひとこと。

いや、まさかあっきーにコンテンポラリーダンスの講釈されると思わなかったわ~(笑)
すごい一生懸命調べたんだね。いかにも資料読み上げてます、って感じなんだもの;;;

あっきーの声で、フォーサイスとかキリアンとかピナ・バウシュの名前を聞くというのは、妙にこそばゆく、顔から火が出そうに(爆)
思いがけずこちらのテリトリーに入ってこられるとなぜか恥ずかしくてたまらない。いろんな意味で。この感じ、去年のシザーハンズ初日のときと似てるかも。といってもわたしはこの分野はあまり詳しくはないんだけど。

うん、でも誰のチョイスか知らないけど(あっきー自身だとは思っていない;)、その三人の名前は憶えておいて損はないから。コンテンポラリーに限らずクラシックバレエまで含む世界のダンスシーンでも間違いなく最先端にいる人たちだからね。
この中ではわたしは、あっきーにはぜひともピナの舞台を見てほしいなぁ。(しつこい?)特に数年前の公演「過去と現在と未来の子どもたちのために」は見てほしかった。また次回公演のときはぜひ。フォーサイスやキリアンの振付は多くのバレエ団がレパートリーに入れてるから、ほんとに興味があって、機会があったら見てね。

ローザスを見たというから、今年4月のさい芸公演(これ、わたしは見逃しました。誰かのせいで ^^;)かと思ったら、2年前の公演「ビチェス・ブリュー」だったみたいで。
どこに話を持っていくんだろう?何かダンス公演のご案内をするのかと思ったら、そういうわけじゃないのね。この番組は。純粋にあっきーが話題にしたいエンタメ話なのか?
マイルス・デイビスの「ビチェズ・ブリュー」をこの話のあとかけたらしいんだけど、ウェブではトークだけなので、流した曲名言ってくれないとわかんない~。

最後に台湾のクラウドゲイト(雲門舞集)を紹介して、代表のリン・フワイミンに会いたいとか、ミュージカルでも一緒に仕事したいとか言ってるけど、ここに話をもってきたかったのかな、と思いました。要するに台湾つながり。もしかしたら、ほんとに具体的に話進めてたりして。
わたしは残念ながらこの舞踊団、映像でしか見たことないんだけど、中国的なイメージだけじゃなくて「和」のテイストがあるのが印象的でした。もっとユニバーサルな「アジア」って感じかな。
昨年公演のサイトにこのカンパニーやリンさんについての詳しい情報があるので、ご興味のある方はどうぞ。

コンテンポラリーという言葉にぴぴっと来たのは実は、

まさにこの日、名実ともに日本のコンテンポラリーダンス界でトップを走るダンサーにして振付家、金森穣さんのダンス公演を見てきたばかりだったからです。

金森穣。あっきーファンなら聞きおぼえのある方も多いのでは?そう、あの「やった~、上出来だ、ジョー、金森穣!」の金森さんですよ。新潟で「OUR HOUSE」をご覧になった方は憶えてると思うけど。りゅーとぴあの芸術監督さんでもあります。その金森さん率いるダンスカンパニーNoismを初体験。

いや、ほんとに。舞台を見た、っていうより「体験した」って感じです。踊りはもちろん映像や照明が有機的に結びついて、なんとも言葉で表現しがたい感動が。ううん、感動というのもちょっと違う。感情的に揺さぶられて涙があふれるのとは違って、何かがすっぱーんと胸のここんとこにはまった快感というのかな。

コンテンポラリーって、外したときかなりつらいので、敬遠気味だったんだけど、こういうことあるから侮れない。
イスラエルって国名が出てたけど、わたしは来月さいたま芸術劇場でイスラエルのダンスカンパニー、インバルピント公演を見るつもりでいます。

ひとことと書いておきながら長くなってすみません。偶然コンテンポラリー見た日にあっきーが話題にしたりするから、ちょっと刺激されちゃいました~。そのわりには記事アップが遅くなりましたが。

最後にフォーサイス作品でお勧め、「HERMAN SCHMERMAN」をわたしのディーヴァ、シルヴィ・ギエムとダーリンのパドドゥでどうぞ。

パート1(5:32)
パート2(4:31)

へんてこな音楽、へんてこな衣装、でも二人の踊りにある圧倒的な何かを感じてもらえたら。それにしてもダーリン若いな(笑)いつの映像かわかんないけど。
シルヴィ・ギエムといえば最近はコンテンポラリー、それもアジアンとのコラボが話題で、クラウドゲイトのリンさんの振付作品も踊ってます。去年の秋初演され、今年の春再演された「Sacred Monsters」これ見たかったんだよね~。

おっと、また話が長くなりそうなのでこのへんで。

【メモ】
参考書:

コンテンポラリーダンス徹底ガイドHYPER
乗越たかお:著
作品社:刊
定価:2100円(税込)

コンテンポラリーダンスのことを知りたかったらこの1冊があればOK。

【放送曲リスト】
FINENESS ENTERTAIMENT  第二回
10月13日(土)
「My Heart Is Calling You」 中川晃教
「ラスト・クリスマス」 ワム!
「Bitches Brew(ビッチェズ・ブリュー)」 マイルス・デイビス

« M!公式サイトによっしーインタビュー | トップページ | ジョナス・ベンディクセンの視点 »

コメント

hildaさん、こんばんは。お久しぶりです。
あっきーのラジオ・トークはまだ聞いてないんですが(汗)、
コンテンポラリー・ダンスも全然詳しくないんですが・・・
わーい、ギエムだ!というわけで、思わず反応してしまいます。
ギエムは大好きなんですよ。^^
コンテンポラリーは苦手意識の強い私ですが、ギエムは特別。
あの張り詰めた空気感が好きです。

おぉ、かのんさん、お久しぶりです~。
ギエムでひっかかる方が2,3名おられるかな?と思てたんですよ。かのんさんはそのひとりでした。うふふ。
わたしもコンテンポラリー苦手なんですけど、シルヴィはどんどんそっちの方向、それもかなり前衛的な方に進んじゃってますね。これまでもモダンではベジャールの「ボレロ」はもちろん、マッツ・エックのWWWや「アパルトマン」、イリ・キリアンの「優しい嘘」など印象的な踊りは数々ありましたが、最近のマリファントやアクラム・カーンとのコラボを見ると、この人の求めるダンスの地平ってさらにはるか彼方だなと思います。
こうなると逆に彼女のクラシックも見たくなりますが、この冬はその両方をフィーチャーした公演があるので、すごく楽しみにしています。M!の観劇予定と重なっちゃって大変なんですけどね。

あら、また長くなっちゃった。ごめんなさい~(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/8515534

この記事へのトラックバック一覧です: 赤くなったり青くなったり(再):

« M!公式サイトによっしーインタビュー | トップページ | ジョナス・ベンディクセンの視点 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ