あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« シアテレInfo. Clips にM! | トップページ | 雨女はわたしかも »

2007年10月25日 (木)

びゅーんと前に進めたらいいね

有閑倶楽部、第2話まで見て、やっぱり美波ちゃんが一番存在感があると思うのは贔屓目でしょうか。原作にある笑いと涙、コメディとシリアスの絶妙のバランスはすっかり失われた、どうしようもない「アイドル主演」ギャグドラマでしかないけど。
(あ、でも動物たちはカンペキです。男山が最高ですがアケミ&サユリもそっくり)

芝居が違う。声が違う。時々エレンディラを思い起こさせるまなざしやセリフにハッとさせられる。まだ少し男言葉がなじまないところもあるけど、少なくとも男性陣よりはずっと「有閑倶楽部メンバー」だ。

美波の振袖通信、最新号で納得。

「身体のバネで声がびゅーんと出る」

そうなんだ。エレンディラで学んだ発声法。
そのバネで女優としてもびゅーんと進んでいけるといいね。有閑でもその勢いで主役の座奪っちゃえ(笑)

あら、忘れるっていうのは人間の大切な力よ。
過去の思い出にとらわれることもないし、
昔と今を比べてため息をつくこともない…

と、あなたは言ったけど。忘れないよ、エレンディラ。

エレンディラ初日、そんなに期待してたわけじゃないけど、思ったよりあっきーの演技が変わってなかったことにほんの少しがっかりしながら、美波ちゃんはできてるのにな~って思ったこと。舞台の発声。
初ストプレとはいえ、回りの本格的な舞台人との差がはっきり出てしまった。特にわたしは2階席だったから、舞台全体の演出をチェックするには最高だったけど、さすがに一番奥からのあっきーの声は聞こえづらかった。

幕間に同じ列のとなりの女性たちの会話から「歌はうまいけど、お芝居の経験はまだあまりなさそうね」と聞こえてきたときは、「いや、けっこうある。と思う…」と心の中でつぶやいてました。

でもやっぱりあっきーも変わったのだ。

それに気がついたのは、名古屋松坂屋のオルガン広場で。ラジオのトーク声が明らかに変わった。これまで普通にしゃべる声はもっと、なんていうかやさしい声だった。それが力強くしっかりした大人の声になったというか。

美波ちゃんみたいに劇的でもなく、よっしーみたいに堅実でもなく、あっきーはあっきーのペースでひとつの舞台から何かを学んで次のステージへ。その歩みは少し心配になるくらい悠長で、すぐには目に見えないくらいわずかかもしれないけれど、それでも先へ。その先へ。目指す先にあるものの形はまだ見えないから、ついてく方は不安でしょうがないけど、その何かを見届けるために追いかけてるんだろうなと思う。たとえそれが期待に背くものであっても。

最近のサンデーメールが妙に落ち着いて殊勝なこと言い出してるから、あたしはちょっと肩透かしくらった気分です。素直に信じてやさしい気持ちになれたらいいんだけど。なれない自分が悲しい。

でも誤解しないで。

これまでいろんなことがあって、たとえばあっきー自身の言動や公式FCの対応に傷ついたり、がっかりしたりすることはあっても、中川晃教の歌声を求める気持ちはいつも変わらずわたしの中にあります。その思いがなければこんなこと(ブログも含め)やってられません。

美波ちゃんの話でやめとくつもりだったのに、なんだこれは。

やっぱり秋だから?(意味不明)

【追記】
う~ん、今朝読み直してみたら、我ながらなんて後ろ向きなんだ。後半削除してしまおうかと思ったけど、これも夕べの気分ってことで残しておきます。

« シアテレInfo. Clips にM! | トップページ | 雨女はわたしかも »

コメント

hildaさんの気持ちがいっぱい詰まった日記ですね(笑)
私も同じような気持ちです。
美波ちゃんのこれからへの期待とあっきー自身が「エレンディラ」で掴みかけた(掴んだのかもしれない)俳優としての自分をどんな風に私達に披露していってくれるか 私達がどう受け止める事ができるか 楽しみでなりません。
歌に関しては・・・ありのままのあっきーを聴いていゆく・・・覚悟(爆)ができました・・・最近。

>JTさん
あっきー自身が何者としてこれから生きていきたいのか、わたしにはわからないけれど、それが何であってもわたしは彼の歌が聞けるかぎり聞いていくだろうということ。それだけははっきりしてます。ということを確認したかったのかな、わたし。

エレンディラについてはまだまだ言い足りない、書きそびれたこといっぱいあるんですけどね ^^;
美波ちゃんがあれほど女優として開花するとは、本人も関係者も予想外だったんじゃないかと思います。これからも映像・舞台とも活躍してってほしいです。

最近本当に、大人になりつつある、中川晃教君は、一生懸命「アッキー」から脱皮しょうとしてるのかもね。
「エレンデイラ」で、さなぎから、蝶にかわりつつある彼は、本当に目をみはるくらい成長してる。
まだまだ演技もそう言われるとこもあるかもしれないけど、私はそんな彼の成長を、楽しみに、これからも、舞台をみつずけると思う!最近アッキー用語も減ってきて、寂しいようなうれしいような複雑な私!
彼の歌声が、いっぱい聞ける来年のコンサートは、また、いろいろ変わったことするのかね。
普通でいいのにね(笑)なんか私も長くなってごめんなさいね!

>テイアさん
いつもありがとう。遅くなってごめんなさい。
最近のメールもトークも確かに迷言が減ってきましたよね。ちょっと寂しい?(笑)
何を求めているんだか ^^;
あっきーもあと1週間で25歳。♪もうすっかり大人だ、なんでもできるぞ?いくつになっても成長は必要だし、進化していかなかったらアーティストじゃないですから。3回目のモーツァルト!では、来年のコンサートツアーやそのまた次の何か(何でしょうね?)に向けて期待させてくれるような何かを見せてくれるといいですね。
何か何かって、わたしもずいぶん漠然とした言い方(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/8618776

この記事へのトラックバック一覧です: びゅーんと前に進めたらいいね:

« シアテレInfo. Clips にM! | トップページ | 雨女はわたしかも »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ