あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« その奇跡を見届けるべく選ばれし我らの心は思いがけず静かだ | トップページ | オレンジページ発売中 »

2007年9月 2日 (日)

エレンディラさいたま公演千秋楽

まずはあっきー、美波ちゃん、瑳川さん、國村さん、ほかキャストのみなさん、スタッフのみなさんもお疲れさま。美しい舞台をありがとうございました。
今日はさすがのわたしも?ラストシーンでちょこっと泣けました(笑)

カーテンコールは、3回目くらいであっきーと美波ちゃんが一度袖に引っ込んだと思ったら蜷川さんの手を引いて現れたのを含め、計6回?7回?
鳴り止まぬ拍手に、みなさん感無量といった表情をされてました。

開幕から3週間あまり、初日の時間オーバー終電間に合わない騒ぎもいまはすでになつかしく、笑い話のネタですが、終わってみればあっという間。あれほどの猛暑もいつしか秋の気配に。

あっきーの歌がこんなにも自然で、演劇的に効果的な役割を果たせることを再確認できたことが何よりうれしかった舞台でした。
今日のウリセスも、愛に生き愛に死んだ純粋な魂からあふれる思いを激しく切なく歌い上げて、中川晃教の歌い手としての力量を余すところなく見せ(聞かせ?)つけてくれましたよ。

その他、美波という若く才能ある女優さんの発見、瑳川さん@お祖母ちゃんのインパクト、心地よい声の役者さんたち。(特に國村さんと品川さん)
繰り返され、舞台上の幸福と不幸のエネルギーを増幅していく音楽。
紗幕の向こうに現れる蜃気楼のような、あるいは絵に描いたような舞台美術と演出。
客席もスモークに煙り、ともに異世界への旅をしているような錯覚。などなど、自分にとって印象深い作品になりました。
総体的にもこれらが重なり合い溶け合って、これまでにないユニークなお芝居に仕上がっていたと思います。

特に音楽。ものすごく耳について離れない。中でも「エレンディラのテーマ」と「if」(リバティーンからの曲)がよくて、変わりばんこに頭の中ぐるぐる。(あっきー歌じゃないのか>自分)ナイマン先生サントラCD出してくれないかな。

ツッコミ含め思い出しネタ、また少しずつアップしていきたいと思いますので、よろしく。

あっきー&スタッフ&キャストのみなさまへ。
名古屋公演までの短いオフ、ゆっくり体休めてツアーに備えてください。わたしはまた大阪楽で参戦しま~す。

« その奇跡を見届けるべく選ばれし我らの心は思いがけず静かだ | トップページ | オレンジページ発売中 »

コメント

お疲れ様でした。
もう 今日は感無量・・・。
良い舞台でした。
舞台を支えてこられた全ての皆さんに”有り難う”と伝えたいです。

お疲れ様でした。
Ifは、こっちが先よ。
http://www.7andy.jp/dvd/detail?accd=D0160051
日本のアニメで、アンネの日記の為の曲。

へぇー!そうだったんですか、If。
マイケル・ナイマンが日本のアニメの仕事したことあります、ってこれだったんですね?

遅くなりました。
なんだか力が出ません。

>JTさん
よい舞台でしたね。
まだぼんやりと余韻にひたっています。
大阪でまたお会いしましょう。

>mojoさん
うん、知ってたけど(笑)
自分で聞いたことあるのはリバティーンだけだったから。
同じサウンドトラックなのかな?歌ってる人も演奏も。
ナイマン先生、せっかく14曲も提供してくれたんだからエレCD出してくれたらいいのにね。

>junn-junnさん
ナイマン先生さりげに日本でお仕事してるらしい。結構根強いファンが多いですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/7784124

この記事へのトラックバック一覧です: エレンディラさいたま公演千秋楽:

« その奇跡を見届けるべく選ばれし我らの心は思いがけず静かだ | トップページ | オレンジページ発売中 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ