あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« DVD-BOX「進化論」発売記念トークイベント大阪編その2 | トップページ | 早すぎません?? »

2007年9月20日 (木)

ウリセスは駝鳥?

大阪から帰宅したら届いてた、埼玉アーツシアター通信No.11、今ごろめくってびっくり。
金原ひとみさんのエレンディラ観劇エッセイで。

「ウリセスは実際には駝鳥であり、エレンディラの妄想だったとわかる」

はぁ??@@

だ、駝鳥ですか~(爆)
お祖母ちゃんの家にいた駝鳥さんなら、火事で焼け死んだはずですが ^^;
なんで、編集さん誰か気づいて訂正してあげればよかったのに。
それにウリセスは全部妄想ではないと思うけど?
そんな風にとらえる人もいるんだ。

わたしは、逃避行を企てて失敗するまでは生きて実在してたと思う。あのとき死んでも魂だけは生き残ったと思うし。そうじゃないと1幕、語り手としての立場がわけわかんなくなっちゃう。3幕でもエレンディラを求める強い意志をもってテントをみつけるわけだし。どんな姿にしろ自我のある存在じゃないと辻褄合わないじゃんね。

エレンディラは引き裂かれた恋人の名を孔雀につけて、時々その名を呼んでいた。と考える方が自然な気が。

それにしてもコロンビアの魂(幽霊?)には「足」があるのね(笑)

エレンディラを探し求めるのに、ふわふわ飛んでいったり、瞬間移動とかじゃなく、律儀に砂漠を歩いてわたって、時にはヒッチハイク、時には万引きまでして。

白い孔雀ってほんとにいるの?と思って検索してみたら、山のように画像が出てきました。個人のブログに写真をアップしてる方も多いですが、当たり障りなさそうなところで、このサイト。
http://j.peopledaily.com.cn/2007/04/17/jp20070417_70107.html

きれいですね!

« DVD-BOX「進化論」発売記念トークイベント大阪編その2 | トップページ | 早すぎません?? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/8039057

この記事へのトラックバック一覧です: ウリセスは駝鳥?:

« DVD-BOX「進化論」発売記念トークイベント大阪編その2 | トップページ | 早すぎません?? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ