あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« アンデルセン公園ライブ詳細 | トップページ | ところで主人公は誰だったの? »

2007年9月28日 (金)

天使も羽をやすめて

本日発売のTop Stage Vol.51に載ってたあっきーエッセイ。

あんなこと書いて。明日になったらアスレチック仕様の水泳パンツがどっさり事務所に送られてくるよ(笑)

写真は広い稽古場にひとりぽつんと、うずくまる翼の男。

なぜかそれを見たら、立ち読み中なのに(買えよ)涙が出そうになった。

どうしてかな?

「エレンディラ」公演中にはいろんな思いが次々わいてきて、書ききれないまま。終わってしまった今は、なんだかぼんやりしちゃってどうにもまとまりません。いつものことですが。

特に脚本については山ほど言いたいこと(文句)があったはずなんだけどなー。
だんだん、どうでもよくなってきた。

Gekka

それではもう一度初めから。

こんな風なひとだかりを見ると思い出す。
特別な存在に出会うと人は集まってくる。
そこに町ができる。
たとえ一晩で消え去ってもそのときそこは世界の中心だ。
今日はここが世界の中心となる。
その秘密をみなさんにお見せしよう。

この語り部たちは、ただ人を集めてお話しするために翼の男を捕獲してここまで運んできたわけじゃない。「見世物」として語り女がしっかりお代を集めてることに気がついたのが3回目くらいだったかな。紙芝居まで準備して、用意周到だね~(笑)

ぼ~っとしててアップするの忘れてました。続きはまた。(あるのか?)

画像は本家サイトでお世話になっている、AtelierNからお借りしました。

« アンデルセン公園ライブ詳細 | トップページ | ところで主人公は誰だったの? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/8142050

この記事へのトラックバック一覧です: 天使も羽をやすめて:

« アンデルセン公園ライブ詳細 | トップページ | ところで主人公は誰だったの? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ