あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« どんな人を愛してきたの | トップページ | お出かけはちょっとお早めに »

2007年8月 7日 (火)

さすがにただのいじわるじいさんではない

本日発売の婦人公論、8/22号、P.140~143。
対談◆71歳と24歳の美しいホラ話
王子様キャラに猥雑なノイズを

蜷川さんとあっきーの対談です。予告では二人で美波ちゃんの話をするみたいでしたが、全然違った。
さすがに世界の蜷川。伊達に年食ってない。(失礼?)人を見る目の確かさ。あっきー、見抜かれてるよ~。
短期間に若い世代の原石を磨き上げる職人技で、あっきーの見えなかった輝きも引き出されるといいね。蜷川さん、よろしくお願いします。ったって、もうすぐ終わっちゃうけど。公演開幕したら、もう次のお稽古に入るんだもんね。何しろ今年10公演ですから。

この作品を通して、中川くんがもっと自由になれたらいいね。…
その王子様風のキャラクターに僕はノイズを入れたいわけだ。…
美しさも、身体のキレも、伸びやかな声も、青春終わったら、終わりだもん。そんな消耗品にされたらたまんないからさ。

蜷川さんの言う「ノイズ」をあっきーはちょっとすぐには理解できなかったみたいで、いろいろ疑問をぶつけたり、エジプトで感じたこととか語ってます。
まだ初回の稽古が始まった直後の対談らしく、全体的にやや不安がってるあっきーを蜷川さんがリードしていく、って感じかな。

つまづいたら自分で起き上がれるように、そこに石ころ置きますよ。…

いちばん慣れた回路はあげない。慣れない回路を中川くんには渡します。いじわるじじいですね、ぼくの役割は。中川くんには、そういう他者が必要なんだと思っているから。真逆なものを渡して自分で歩き出せるようになってほしい。

ノイズの注入、まだ少し足りないようで。お稽古がだいぶ押してるようです。明日の稽古場見学当たった友だち情報。ぎりぎりまで即興演出練り直しするのかな。役者もスタッフも大変。がんばって~。

個人的には、萩尾望都と和央ようかさんの対談もかなりうれしい。

« どんな人を愛してきたの | トップページ | お出かけはちょっとお早めに »

コメント

いや、さすがですね。立ち読みですませるつもりが(笑)買ってしまった。この洞察力が演出家には不可欠なんでしょう。当然のことですが。さすが「世界のニナガワ」
どんどん言ってやってください!と思わず雑誌に向かって懇願(爆)「他者」、必要です。「自分がふだん辿りうることは、プラスであると同時にマイナスなところもある」・・・これも納得。
さて、いよいよ明日だ。どんなウリセスが観られるのでしょう。あともう一つの不安。上演時間はどのくらい?夜はさらに電車の間隔が開くのよね。。。

>ちゃこさん
明日ですね~。
上演時間は、休憩込み3時間半の予定だそうです。(かつみさんブログ情報)
最新情報は、シアターガイドのこのページで。
http://www.theaterguide.co.jp/time/index.html

いつも早い情報ありがとうございます。
婦人公論買いに行かなくちゃ。
大好きなたかこさん(和央ようか)の
記事もよいのなら特にね。
それからhildaさんのブログみて
バックステージツアー申し込んだら
あたりました。
15日が楽しみです。

私も買ってしまった…写真もモノクロで衣装が「宇宙戦艦ヤマト」だったのに(爆)、蜷川さんの言葉にいちいち頷いてしまいました。「ノイズを注射したい」なんて、他の誰にも言えません。ウリセスは17歳の設定?観る側も「見世物」の奥に隠れる何かを探す能力を要求されているようです。

あっきーもドキドキして眠れないようですが、私も終電で帰れるのか心配でドキドキ… 初日行かれる方、詳しい上映時間とパンフのサイズをご報告願います~(頼)

いじわるばあさんは、ここにいますよ。
あたし。悪名高き黒猫、ヴァンパイア・mojoでございます。

>michelleさん
バックステージ当選されたんですね!
おめでとうございま~す♪
わたしはまた外れたみたいです。
今回エレンディラ関連イベント全滅です。とほほ(泣)

>つぐみさん
モノクロ写真だけど、アップの表情は真摯な感じでよかったですよね。
ヤマトですか~?ほんとだ、あれで地の色が黄色ければ(笑)
注射はぜひたっぷりと、お尻にでも(爆)
初日の終演押しそうですね。わたしは都内としては比較的近い方だけど、夜はやっぱり本数が少なくなるから心配。帰って余力があったら軽くレポしますね~。

>mojoさん
あ、ちょうど入れ違い。
あっきーには悪意なき「意地悪な」他者が必要かも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/7453852

この記事へのトラックバック一覧です: さすがにただのいじわるじいさんではない:

« どんな人を愛してきたの | トップページ | お出かけはちょっとお早めに »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ