あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 帝劇モーツァルト!e+のプレオーダー | トップページ | 半分でいい »

2007年8月26日 (日)

笑うとこだよね

エレンディラ3回見ました。(それはもう書いた)
8/9初日、2階席最前列下手寄り。8/10、1階最前列センター下手寄り、16日、1階R列(通路後ろ)センターど真ん中。位置的にはなかなか良い配分だったと思います。特に初日2階席から全体を眺めることができたのはよかった。最前では見えないところが多すぎ。でもあっきーの魂の歌声を目の前で聞けたのは何よりの贈り物でした。3回目はまた後方。舞台の奥行きを生かした演出を十分に楽しむには、このくらい後ろの方がいいです。

と、全体的なまとめは後回しで、軽めの話題から。

1幕、エレンディラの生い立ちについてウリセスと語り部たちが語り始める。

語り部「おばあちゃんはちょっと変わった人だった」
語り女「ちょっと?」
ウリセス「じゃない!」

ここって笑うところだよね?違うのかな。
あっきーのセリフが少し真剣(硬)すぎるような気がしないでもないけど、そこがまた外した感じで可笑しいと思うんだけど。
あんまり笑いが出ないのがちょっと寂しい。

全体を通してガルシアマルケス作品に流れるちょっと奇妙な味とユーモア感覚をイマイチ観客が受けとめ兼ねているような、笑いを遠慮してるような、そんな気がする。日本人まじめだから。上演後半に入って少し客席もほぐれてくるといいのですが。

お笑い担当といえばアマディス父子ですが、エレンディラに顔に水かけられるところでも笑いは一部。これは前じゃないと見えないからかな。
満艦飾のトラックでアマディス父にそっくりな男を演じた戸井田さん、舞台から消えて数秒後には息子ともどもトランクに入って登場。早!

それから1幕では、語り部たちの紙芝居にも注目。あっきーファンは上手の立ちんぼあっきーばっかり見てないで~(笑)
ヘタウマっていうか、けっこう笑えます。トラックの荷台で密輸品みつけたエレンディラのびっくり顔はアダムスファミリーみたい。助手の石田さんは8月生まれなんですね。おめでとうございま~す。

最後に見てからもう10日たってしまった。やや?あっきー切れ。
郵便やさんみたいに「かつえた」状態で見る次の公演は水曜日。だいぶ変わってそうなので楽しみです。長い感想書く体力ないので、それまでぽつぽつと小出しに。

« 帝劇モーツァルト!e+のプレオーダー | トップページ | 半分でいい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/7680703

この記事へのトラックバック一覧です: 笑うとこだよね:

« 帝劇モーツァルト!e+のプレオーダー | トップページ | 半分でいい »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ