あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« バックステージ・ツアーで思い出した | トップページ | 明日から早稲田でエジプト展 »

2007年7月30日 (月)

Theater Info. Clips のエレンディラ

ただいま放映中のシアテレTheater Info. Clips #122。

制作記者会見映像から。

蜷川さん:世界に類のない演劇になるといいなと思っています。何しろマルケスでナイマンさんで、坂手さんが書きたい放題の台本で、いろんなものが空を飛ぶ、火を吹く、いろんな人が出てくる、それを全部やってたら間違いなく破産。演劇的な知恵を使いながらいろんな困難を乗り越えていい作品にしたい。

ナイマン先生:このような仕事を蜷川さんと一緒にできることは素晴らしい。とてもエキサイティングだったのは、ロンドンの自宅で生まれた音楽が、舞台上で突然生命を得て生き生きと動き出したのを昨日の(初めての)リハーサルで目にし耳にしたことです。ただの音符が、蜷川さんがこれから作り出そうとする舞台の一部に変容していた。これからもっと時間をかけて、もっともっとポジティブに、リアルに、そしてファンタスティックになっていくでしょう。たぶん。いや、きっと。

あっきーとナイマン先生のウリセス・ソング演奏に、解説ナレーションがかぶさって歌が聞こえない~。

あっきー:エレンディラに恋をするウリセスという役をやらせていただきます。プロデューサー5年越しの企画と聞いている。ちょうど5年前にシンガーソングライターとしてデビューして、その翌年からミュージカルを始めた。そのきっかけがあって、今回につながっているのかなと思う。
蜷川さんはそばにいるだけで、なぜかわからないけど緊張する不思議なオーラを感じます。

美波ちゃん:今回この役はいろんな部分で挑戦があると思う。キャストのみなさん、音楽のナイマンさん(ちょっと言い間違ってガルシアと(笑))、蜷川さん、素晴らしい脚本の坂手さんと一緒にこの舞台をすることができて、とっても楽しみです。

國村隼さん:お祖母ちゃんと孫の関係はある意味寓話的でもあるし、リアルに描いたら悲惨すぎるので、作者はある種普遍的な、人が人生に立ち向かう時のある種哲学的な真実というか真理、ちょっと厭世的な匂いもある、だけどそうやって人は自分の人生を生きていく。タフな状況であればあるほどだまされながら人生生きていこうよ、みたいなメッセージを原作から感じました。

瑳川哲朗さん:体重200数十キロ、毒をもられても刺されても死なないというすさまじい生命力をもった日本人にはちょっといないような女性。わたしはとても素敵な老婆だと思うが、これをどうやって演じるか、蜷川さんのリードにまかせたい。

囲み会見の蜷川さん:(あっきーと美波ちゃんを見ながら)二人ともすごくストイックでまじめ。歌はもちろんうまいし中川くんは。美波はまだわからないけど。ひたむきさがあるから、清潔な舞台になると思う。あとは回りの大人たちが、怪物のような人たちが取り囲んで二人を引き立ててくれれば。「爺や」である自分はそれを見て楽しみたい。
(この間のあっきー、誰に目配せしてるのか何だかわからないけど、表情がおもしろすぎ)
あっきー:(この舞台の魅力は)ぼくが説明するより、一度見ていただくのが一番わかると思う。夢のような作品、夢のような饗宴とも言える。どうぞお楽しみに。

最後にもう一度ウリセス・ソング。これはイープラスの動画に入ってるところ。
15分番組中、全部で約7分といったところ。

ネットのニュースや動画では見られなかったコメントたくさん聞けてよかったです。

放映予定は、以下の通り。各15分。

シアターテレビジョン
Theater Info. Clips #122
07月28日 23:30
07月29日 12:45  23:35
07月30日 10:15  16:45
08月01日 20:30  25:15
08月02日 06:15  14:45
08月03日 13:15  20:45
08月04日 13:00  23:30
08月06日 20:30
08月07日 18:00
08月08日 18:00
08月09日 17:35
08月10日 18:15  24:15
08月11日 14:45  23:30
08月13日 17:45
08月14日 18:30
08月16日 20:45
08月17日 17:45
08月18日 17:30

« バックステージ・ツアーで思い出した | トップページ | 明日から早稲田でエジプト展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/7335920

この記事へのトラックバック一覧です: Theater Info. Clips のエレンディラ:

« バックステージ・ツアーで思い出した | トップページ | 明日から早稲田でエジプト展 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ