あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 初めてのバックステージ・ツアーはハムレット | トップページ | バックステージ・ツアーで思い出した »

2007年7月29日 (日)

夕べのトップランナーに藤原くん

これもコメントでお名前が出たのでついでに。

昨日のトップランナー「10周年スペシャル~ゴールはまだ先にある」今ごろ録画をチェックしてます。十周年記念ということで、歴代のMC総出演、過去のお宝映像プラス豪華ゲストで、とても見ごたえありました。ただ、これを録画するために、シアテレのInfo.Clips#122初回放映を逃してしまった。まあいいか、今日のお昼にもあるから。

最初のスタジオ・ゲストが藤原竜也くん。16歳のときの出演映像で、身毒丸オーディションのとき蜷川さんの字もよめなかったという(爆)「なんとか川?」世界の蜷川もこの無邪気な天才にかかっては形無しです(笑)
「ハムレット」や「オイル」の映像も少しだけ見られました。わたしはこの「オイル」で初めて生藤原くん見たんですよ。懐かしい。あ、それも4年前だな。そういえば。

蜷川さんに教わった芝居が野田さんとの仕事では通用しなかったこと。
蜷川芝居の朗々と歌うようなセリフ回しを「なんで歌うの?うそ臭い」と否定されたこと。難しいね。

蜷川さんからもらった一番大きなことは、「俳優としてちゃんと生きろ」ということ。これまで俳優としてどういう生き方をしてきたか、ぼく(蜷川さん)にはわかるから、恥ずかしくないような生き方をしろと。それはすべて勉強であると。霊能者みたいに見えちゃうから「おっかないですよ」って言ってましたよ。ぎゃ~、どうする、あっきー?(笑)

セリフの憶え方。4~5時間集中的に台本読んで、寝る前に思い出そうとすると、入ってない。でも寝ておきてもう一回確認すると入ってる!それって、一度忘れて思い出すシュタイナー方式?

海外留学(今年4ヶ月英国に滞在)で得たもの。自分で何でもやること。自分で定期買って自分で時刻表調べて、自分で仕事に行く。英国の俳優たちの独立、自立性。「ぼくたちそんなにエラクないんじゃないか」って。うっ、なんかちょっとチクチク。

印象的だったのは、その深みのある声。テレビや映画では、それがちょっと鬱陶しいんだけど(笑)、ほんとお芝居向きの声してる、と思った。わたしもまだ3本しか見てないんだけどね、この方のお芝居。

あと、まあ、あっきーと蜷川さんと結びつけていろいろと思うところはありますが省略。

ってそれじゃ何のためのあっきーブログかわからないので、一言くらい書いときましょうか。

藤原くんは確かに優れた俳優だと思うし、あっきー同い年でもあるけど、同じように蜷川さんに叩かれたからって、同じような演技ができるようになるとは限らない。できる必要もない。別種の天才だからね。
わたし、あっきーにはいわゆる演技力っていうのは期待してないのね。(ないとは言ってません)でも舞台上のセンス、自分の立ち位置っていうのかな、要求されてる存在感を表現する力はものすごくあると思う。それこそ天賦の才。それを物語の中で、特に音楽で、どうその必然性を訴えていくか。そこが一番見せ場だし見どころだと思っています。

あっきーの歌声によけいな装飾はいらない。あっきーにしかできない音楽表現で、必要なとき必要なだけ、最大限効果的に歌えるように、蜷川さんがうま~く導いてくれますように。

トップランナー「10周年スペシャル~ゴールはまだ先にある」の再放送は、【総合テレビ】で、8月12日(日)深夜26:30~の予定です。
出演は他に熊川哲也、武豊、田中麗奈、小林紀晴。
過去映像では、辻仁生、役所広司、爆笑問題、松たか子、スガシカオ、安野モヨコ、窪塚洋介、柴崎コウ、栗山千明、リリー・フランキー、忌野清志郎、レミオロメン、サンボマスター、アンジェラ・アキ、ほかいっぱい。わたしがスタジオ観覧した村主章枝ちゃんはいなかったなぁ。

↑これで検索ひっかかって来られた方、ごめんなさい。

【追記】
ホリプロオンラインのニュースによると、藤原くん主演の「身毒丸」再演決定だそうです。へ~、それはちょっと楽しみ。あ、これってそういえば海外公演が先に発表になってたんだっけ。来年2月ワシントンDCのケネディセンターで。

« 初めてのバックステージ・ツアーはハムレット | トップページ | バックステージ・ツアーで思い出した »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/7313566

この記事へのトラックバック一覧です: 夕べのトップランナーに藤原くん:

« 初めてのバックステージ・ツアーはハムレット | トップページ | バックステージ・ツアーで思い出した »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ