あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« エレ公式ブログオープン | トップページ | やっと来たセンターブロック »

2007年7月23日 (月)

ハムレットの復讐、じゃなくて復習

♪My name is Avenger

あっきーの「himself」を見て、ハムレットの元ネタってどうなってたんだっけ?と思って戯曲を図書館で借りてこようかと思ってたんだけど、ちょうどよかった。
今週テレビで「ハムレット」見られますよ。しかも蜷川さん演出。予習復習兼ねて一石二鳥?

ミッドナイトステージ館
NHK/BS2
2007年7月28日(土) 午前0:20~午前3:25(185分)

(27日金曜日深夜)
舞台「ハムレット」

わずか266席が舞台を取り囲む濃密な劇空間で繰り 広げられる蜷川幸雄演出の「ハムレット」。豪華キャストでお贈りする、贅沢な舞台です。
【作】ウィリアム・シェイクスピア
【演出】蜷川幸雄
【出演】市村正親,篠原涼子,湯浅実,瑳川哲朗, 夏木マリ,大森博,橋本さとし ほか  ~さいたま市・彩の国さいたま芸術劇場で録画~
【解説】田中奈緒子

蜷川芝居、もういっちょ。これはちょっと先です。来月の予定。

■日曜シアター  山川静夫の新・華麗なる招待席
「ひばり」  (再放送)
NHK/BS2
2007年8月26日(日) 後1:00~4:40

【作】ジャン・アヌイ
【翻訳】岩切正一郎
【演出】蜷川幸雄
【出演】松たか子、益岡徹、壤晴彦、磯部勉、横田栄司、橋本さとし、山崎一、阪上和子、月影瞳、小島聖、品川徹、久富惟晴、塾一久、妹尾正文 ほか
13歳で神の啓示を受け、少女でありながらフランスを勝利に導いた“ジャンヌ・ダルク”。15世紀、馬にも乗ったことのない少女が、軍隊を指揮し、フランスを救う。しかし宗教と政治の黒い渦に巻き込まれ、魔女として断罪され、火あぶりにされる──。
20世紀の演劇史に多大な影響を及ぼした劇作家アヌイの戯曲『ひばり』を、新しい翻訳、世界の蜷川幸雄の演出、松たか子主演の舞台でお楽しみいただく。
(2007年2月/シアターコクーンで収録)

放映時間は変更の可能性がありますので、NHKサイトでご確認くださいね。

と、思って自分でも確認したら、あら、今月ハイビジョンで蜷川さん特集なのね。

http://www.nhk.or.jp/bs/genre/theater.html

ハイビジョン特集 演出家・蜷川幸雄 71歳の闘争宣言
NHK/BShi
7月29日(日) 後7:00~8:50

舞台「間違いの喜劇」 【演出】蜷川幸雄
7月29日(日)後1:00~3:00

高齢者劇団舞台「船上のピクニック」 【演出】蜷川幸雄
7月29日(日)後9:00~11:30 

« エレ公式ブログオープン | トップページ | やっと来たセンターブロック »

コメント

こんばんは。
ご訪問&コメントありがとうございました。
そして「RENT」のステキ情報ありがとうございました。
すでに行く気満々になっております。

私はあっきーファンとなってまだ3ヶ月の初心者なもので
「himself」は「進化論」が初見。
そして、あっきーの歌の力と鬼気迫る演技に心酔しきって
「himself 2007」はとても好きな作品です。
が、肝心の元を知らなかったのでこの「ハムレット」は
予習復習を兼ねて見てみます。
それにしても266席とは贅沢ですねぇ。
他にも気になる俳優さんいっぱいおられるし。
ステキ情報ありがとうございます。

また、お邪魔させていただきますね。

このハムレット!主演の2人がつき合うきっかけになったんですよね…
私は能天気に座布団席で観てました。
最後に毒杯が転がってきて、私の足に当たって止まったことも。暗転の時に貰っちゃおうかとしばし葛藤。
カーテンコールで明るくなったら、最初に飛び出してきた役者さんが、さっと拾って持って行っちゃった。ちぇ~心の内を読まれていたのかしら?
9.11を境に、最後の演出が変わりました。収録はどっちだったんだろう。

>のりこさん
さっそくいらっしゃいませ、ようこそ!
まだ3ヶ月とおっしゃいますな。わたしもたったの1年と10ヶ月です(笑)
あのキャラはいまだに謎ですが、あまり深く考えずに応援したいものです(爆)
DVDボックスは、勉強代というにはちょっとお高いですが、良くも悪しくも中川晃教というアーティストの「実力」を手っ取り早く知るにはよい教材かと思います。
またいつでもお気軽にお立ち寄りくださいね。

>petraさん
そうなんですね~。(市村さんと篠原さん)
いいなぁ、座布団席。
毒杯残念でしたね(?)
911のころの上演だったんですね。
911の報道写真からインスピレーションを得た、というあっきーの「himself」と不思議に符合しますね。
舞台のハムレット、見たことないので楽しみです。藤原くんのも見たいな。

貼っても大丈夫かな(苦笑)中国版で藤原君ハム、ネットで流れてます。あの著作権のない国(笑)のだからなぁ。メールにとりあえず添付しますね。
藤原君のはテレビ放映だけでDVDにはなってないんですよね。伝説のハムレットになっちゃうのかな。その少し前の同じ訳で上演された萬斎ハムレットも私にはかなりツボりました。オールメールだったので、篠井さんの妖しいガートルードと潤さんの劇中妃。そして何と言ってもオフィーリアの芝のぶちゃんが華奢で可憐で・・・
いろーーんなハムレットがあるってことは、やはり作品に力があるんでしょうね。

>ちゃこさん
レスが遅れてごめんなさい。
暑さのせいだか、週末になると疲れがどっと;;
メールもサンキュ☆
萬斎さんのハムレットもよさそうですよね。
って言うか、実はロンドンでニアミスしてたのだ!っていうことを記事にするのも遅くなってしまったです。
あっきーが知らなかった(爆)真打ロレンス・オリビエ版ハムレット(もちろん映画)もチェックしておくかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/7266321

この記事へのトラックバック一覧です: ハムレットの復讐、じゃなくて復習:

« エレ公式ブログオープン | トップページ | やっと来たセンターブロック »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ