あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« くじ運のいい友を持つとラッキー | トップページ | エレンディラ・プロモ番組出演 »

2007年7月16日 (月)

題名のない音楽会21公開収録2

やっぱりモデムの不具合らしく、新しいのが届くまで家でネットできません。不便だ~。
というわけで、今日はネカフェから。題名レポ続きです。

司会は、大河ドラマ「風林火山」のテーマ曲などでおなじみ千住明さんと久保田直子さん。
久保田さんがテレビ収録と会場での進行係りです。
全体的な感想簡単に。

今回はナイマン先生+あっきー以外では、個人的に注目の二人のピアニスト、松永さんと外山さんの演奏聞くのを楽しみにしていました。念願かなって初見(初聞?)うれしいです。

第一部
セットは熱帯樹林のほかに、真ん中へんに宗教的な?アイテムが並んだミニ祭壇。最初に演奏された「Dambala」って蛇の神様(化身?)だそうで、何か白いおにぎりみたいなものがある、と思ったら蛇の好きな卵でした。
ブードゥー教といえば、秘教のイメージが強くて、怖いもの(けっこうホラー映画とかで出てきません?呪術的な儀式)、と思ってたんですがその音楽を聞く限りでは、明るくて生命の喜びにあふれてました。
松永さん、ほんとに若い!まだ21歳なんですね。生まれ年ならルドルフと一緒だわ。ジャズ・ピアノってことですが、なんとも明るくて楽しそうで、聞いてると心がウキウキしてくるようです。
松永さんがマカンダル(ハイチ出身のバンド)のリーダーからブードゥーの音楽を教わるという趣向で、なかなか器用に扱ってましたよ。楽器(太鼓)も。歌と踊りも。踊るときはちゃんと靴(バッシュー風のスニーカー)も脱いでました。

第二部
20分の休憩のあと、第二部のセットはギリシャ風の白い円柱が並び、第一部とは全然印象が違います。
一番手、タキシード姿で颯爽と現れた外山さんは見るからに才能のきらめきを感じさせましたが、演奏も期待に違わず繊細で美しかったです。わたしのお気に入りピアニストのユンディ・リーやマキシムみたいな力強い情熱的な音とはまた違った魅力で新鮮でした。最後に弾いた千住さんの子ども時代の思い出の場所をイメージした曲も優しく懐かしい響きでした。
この方、デビューアルバムのイメージがあっきーにそっくりで電車の中吊り広告見てどっひゃーと目を見張った記憶があります。実物はちょっと違ってたかな(笑)どっちかっていうと王子様系。
中村天平さん、タンクトップからのびた二の腕がマッチョで(笑)およそピアニストのイメージから遠かったです。でも演奏は思いがけず?素敵でした。レフレールの兄弟デュオは、名前はよく目にしてましたが、見るのも聞くのも初めて。っていうか今日のゲスト、ナイマン先生以外は全部初見だった(笑)千住さんも語ってましたが、連弾って楽しいみたいですね。でも実をいうと中村さんもレフレールも演奏よく憶えてない。ごめ~ん。
っていうのもそのへんからもう、気が気じゃなくて。あっきーのことが(爆)
弟さんの方かな、かなり美形なので要チェック!と友から指令があったんですが。ごめん、よく見えてなかった(^_^;)

ナイマン先生、ピンストシャツに普通のパンツ。黒いジャケットは、ディナーコート風に丈が長く、今日は椅子に座るとき、ちゃんと後ろにはねてました。
靴下に注目したのは言うまでもありません。
おそらく京都ライブと同じ、赤でした。真っ赤。ナイマン先生ったら。またまたプロフェッサーぶり?発揮してます。
千住さんがナイマン先生のファンらしく、かなりテンション高かったのが微笑ましかったです。「ピアノレッスン」からの曲の演奏が終わり、久保田さんから少し詳しい紹介があって、「ところでナイマンさんは何のために日本にいらしたんですか?」来た来た来た~。
「Why am I here? 蜷川さんがガルシアマルケスの短編を元にした「エレンディラ」というお芝居を8月に上演します。わたしはその舞台のために4曲の歌曲を含む音楽を作曲しました。その(仕事の)ために日本に来ました。今日はその中から、ウリセス(ユリシーズ)が失った恋人エレンディラを思って歌う「ウリセス・ソング」を演奏します」
(ここで通訳さんがちょっと勘違いして、エレンディラのことを死んでしまった、と言ってましたが、放映ではたぶん字幕になると思います)
千住さんの質問「初演ですか?」舞台「エレンディラ」が初演かと聞いたのかと思ったら、この演奏が本邦初公開であることを期待されたようで、ナイマン先生ちょっと困って「実はもう一度演奏してるんですが…」去年のナイマン・バンド公演でね。千住さん、ごめんね。っていうか知らなかったのかな。通訳の方も含めて、このお芝居のことあんまりご存知なさそうだったのが残念。もらった簡単なプログラムにもあっきーの名前も紹介もなかったし。
続いて久保田さんからのあっきーご紹介。「ミュージカル「モーツアルト!」に主演するなど舞台で活躍中、この「エレンディラ」でも主演を務める中川晃教さんに歌っていただきます」
もうここらへんからは、まさしく発表会の子どもを見守る親の目モードです。心臓ばくばく息が止まりそう。っていうか止めてたかも(笑)
休憩中に、あっきーどんな格好して出てくるかね?記者会見のときの青い靴だけはやめてほしいよね。キャンディードのときはちゃんと黒だったよね。と、あっきー友たちと心配していたファッションは?
拍子抜けするくらいカジュアルでした~。
グレイのカットソーというのかな。少したるみのあるボートネックのような、てろんとした素材の長袖シャツ。パンツもグレイ。そして靴は、ずばり青靴でした(爆)脱力。
髪の毛は明るい茶色で記者会見のときより少し短いかな?すっきりした感じで、外向きにちょっとカールしてました。この方がいい。
今日の楽譜は蛇腹式じゃなくて普通でしたね。

そして肝心の歌。もう緊張した~。わたしが緊張してもしょうがないんだけど。
「♪ぼくは~いま~死んだ…」
よかった、声は出てる。(当たり前だろ)
でも去年みたいに、一小節目からどよ~んと暗く深い情念の闇の中に突き落とされるようなインパクトはない。もちろん曲は変わってないです。ねっとりまとわりつくようなナイマン節は健在。
いいのかな?今日のあっきーの歌は明るく乾いた砂漠の風みたい。軽くてさわやかで毒も苛酷さもない。むしろやさしく赦しのイメージ。いいのかな?これで。
う~ん、舞台で、蜷川さんのお芝居の中で歌われるまで評価は保留にしとく。
でも最後の「♪いつかその名を呼ぼう、エレンディラ、エレンディラ~」という魂の叫びは、確かにあっきーの歌声でした。ぐぅ~んとスライドして伸びてこちらの魂まで連れ去ってしまいそうな。
どうしても去年のナイマンバンド・コンサートのときと比べてしまうけど、あのときはぐっと伸ばして、最後はバーン!と叩きつけるような終わり方だったよね。ハッと気がつくと取り残されて途方に暮れるみたいな。ナイマン音楽によくあるパターン。あのインパクトに比べると、ちょっと弱いかな。
でもきれいに歌えてた。とりあえず歌は安心。やっと息つく。ふ~っ。
お経じゃなくて、「さくら」くらいになってたけど。(この違いわかります?)

出てきたときも去るときもあっきーらしい手の振り方してました。
最後に出演者全員で並んでごあいさつ。登場順なんですが、ちょうど背の順になってたのが可笑しかったです。つまり外山さんが一番大きくて、ナイマン先生が一番小さい。あっきーより小さいんだ?

終わって立ち上がるのに苦労するくらい固まってました(笑)
ほんとにもう、心配させて!(誰に言ってる)

さてこのうちどのくらい放映されるんでしょうね。
番組自体の正味時間は20数分と思われますので、編集は必至ですが。
見られるのは「エレンディラ」公演すでに始まってから。
次にこの歌が聞くのは初日ってことね。
がんばって~。

あまり「簡単」でもなかったか。

« くじ運のいい友を持つとラッキー | トップページ | エレンディラ・プロモ番組出演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/7164806

この記事へのトラックバック一覧です: 題名のない音楽会21公開収録2:

» 二の腕のたるみとりリンパマッサージ [リンパマッサージのすすめ]
TB失礼します。この季節、二の腕のたるみは気になりますよね。リンパマッサージで二の腕をすっきりスリムにしましょう。自分で自宅で出来るリンパマッサージのやり方を載せていますので、よければ参考にしてくださいね。... [続きを読む]

« くじ運のいい友を持つとラッキー | トップページ | エレンディラ・プロモ番組出演 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ