あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« まぐろの洋風ずしとか | トップページ | ピアノマン大集合 »

2007年6月26日 (火)

いのうえさんのTOMMYインタビュー

「TOMMY」大阪公演終演後のインタビューが掲載されています。

シンコーミュージック・エンターテイメント
ロックジェット Vol.28
特集
ROCK OPERA  The who TOMMY
いのうえひでのり(劇団新感線) インタビュー
自分の中でのトミー像をやりきった感じはあります。
「ザ・フーと組んだいのうえひでのりの新しい舞台表現 」佐藤睦
「舞台というすてきな旅」梅村知代

レッチリ特集。立ち読みするつもりで本屋さんで、1冊残ってたのを手に取ったら、TOMMYラストの「SEE ME FEEL ME」で慟哭するあっきー@トミーのモノクロ写真に思わず胸をつかれてそのままレジへ。
いのうえさん、やっぱりいろいろ大変だったんだね。。。まだ全部読んでないのでまたのちほど。

« まぐろの洋風ずしとか | トップページ | ピアノマン大集合 »

コメント

買いました。立ち読みするには分量が多く(17頁)、1冊しか残ってなかったので。でも読み応えありました。いのうえさんの情熱と言い訳(笑)に満ちたコメントは、映画版TOMMYファンとして観にいった自分の胸にストンと落ちました。もう~「マイケルの真似なんて言語道断」と言ったヤツ出て来い!(どこに)
ただこの雑誌高くて(1260円)、レプリークは買えず… ピンクな唇のあっきーもお持ち帰りしたかった… レッチリファンに売りつけようかな?

ちょっと気がとがめたのですが立ち読みしちゃいました。
長かったー!(って買えよ!!)

ある程度は想像できたけど、そんなにお客さん入って無かったんだー。
私はロックは得意ではなかったけど、あんなに楽しい舞台は久々だったので満足できたけど…。
制約のない「Tommy」見てみたいですね。
その時もアッキーを選んでくれるかしら。

「SHIROH」より達成感があったって!
「SHIROH」の再演ってすごいかも!!!

ものすごく読みたいです。
本屋さんにまだあるかな・・・。

読みました。聞き手の愛情溢れるコメントに涙・・・
再度読み返してみたいです。

編集長 有り難うございます!って叫びたいです。

すみません、ちゃんとレスできないのでこれだけ。
3回読み返して、あっきーへのいのうえさんの気遣いに感謝、あっきートミーへの佐藤さんのオマージュにも感動。
これとトプステ最新号のあっきーエッセイを読み合わせ、さらにTOMMY終了後のサンデーメール(わたしが一気にダウンした)をもう一度読み返すと、とてもおもしろい。
みなさん、ぜひとも全部読んでみて。立ち読みでもいいですよ(笑)

今読むとこちらも素直に読めますね あの時のサンデーメール。
「TOMMY」千秋楽直後の高揚した気分の時でしたし、「何でこの時にこのメール??」とがっかりしましたもの。
本人にとっては今言いたい事であってもこちらには理解出来ないタイミングで書いて来るから 悩んでしまいます。

>JTさん
新記事として立ち上げようと思いましたが、まとまったこと書けなさそうなので、これだけ。
あっきーはおまけDVDの中で、「自分がやりたいことや表現したいことは(観客やファンには)関係ないんだ」と言っていますが、関係ない(と思ってる)のはあっきーの方ですよね。タイミングも含めて伝えたいことを伝えたいように伝えるのもコミュニケーションのテクニック。その時々に思いついたことポーンと投げてよこすから、こっちは戸惑うばかりです。
トプステの「あの時あんなこと言われて」云々を読んで、例のサンデーメールは言い訳じゃなくて「負け惜しみ」だったとわかりました(笑)いのうえさんがあんなに「あっきー仕様」の舞台作りをしてくれたのにまだ足りなかったのか。ロックジェットでのいのうえさんの気遣いあるコメントに比べて、正直すぎます(爆)それだけ自分なりに気合入れて役作り考えてたってことなんでしょうけど。
あっきーの場合は考えすぎない方がうまくいくような気がしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/6933408

この記事へのトラックバック一覧です: いのうえさんのTOMMYインタビュー:

« まぐろの洋風ずしとか | トップページ | ピアノマン大集合 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ