あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 35万アクセス御礼 | トップページ | いま届いた »

2007年6月18日 (月)

蜷川幸雄×ビートたけし

本日発売「新潮45」2007年7月号(760円)を立ち読みしてきました。(買えよ)

■【達人対談】演出の達人……蜷川幸雄×ビートたけし

エレンディラ公式サイトのたけしコメントは、やっぱり蜷川さんとの対談での発言でした。
映画監督と舞台演出家という、似て非なるお仕事に対するそれぞれの姿勢の違いがおもしろいです。稽古前にセリフを全部入れさせる蜷川さんと、撮影まで脚本は読まなくていいという北野武。カンヌで「演出」された有名映画監督たちの対応には大笑い。とか、いろいろ興味深い話題がいっぱいのロング対談記事なんですが、やっぱり気になる「エレンディラ」。
蜷川さんだからさすがにあっきーみたいなネタバレはないだろう(笑)と思いきや、、、

ガルシアマルケスの魔法のような世界を表現するのに、かなり大掛かりなセットを用意してるみたい。100台?のトラック、舞台を駆け抜ける列車、突然現れるテント、空から落ちてくる翼のはえたじいさん(笑)、砂漠は本物の砂を使うと装置が故障するから使えないとか、いろいろ悩みも。
タケシもまた調子よく、いっそ引田天功のイリュージョンにしちゃえばとか。
びっくりしたのは、西巣鴨の廃校舎では、体育館とグラウンドと両方使って観客に移動してもらうような演出を考えてたってこと。でも雨が降るとグラウンドがどろどろで使えないから、ということであきらめたみたいだけど、それ実現してたらすごかったかも。

あ、あと最近は灰皿は投げないそうです(笑)
代わりに何が飛んでくるのか。

あ!いけない、書き忘れた。お稽古は6月末頃からだそうです!すぐじゃん?!
だからトークイベントなんて、もういいってば。

さて初日のチケット、さい芸から、昨日届いてやっと見るんだという気になってきました。
後ろでもセンターがよかったんだけど、センターブロックは1階2階席とも売り切れということでちょっとサイドですが、2階の最前列を取りました。全体の構図が見えていいんじゃないかなと。楽しみです。

« 35万アクセス御礼 | トップページ | いま届いた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/6834002

この記事へのトラックバック一覧です: 蜷川幸雄×ビートたけし:

« 35万アクセス御礼 | トップページ | いま届いた »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ