あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« TOMMYセンベイ再び | トップページ | 大阪TOMMY番外編その1 »

2007年5月13日 (日)

大阪TOMMY続きというか補足というか

いいかげん、まとめておきましょうか。
まずは大阪前楽と大楽の観劇メモから、前回書きそびれたところなど。

東京公演のときからあったのかどうか、記憶が定かでない演出もうひとつ。
アシッドクイーンの館の前で青山さんが「Eyesight to the Blind」歌うあたりで。館の上手の壁に「She's got the Power to heal. Never fear!」っていう文字が投射されてたんです。下の方に日本語も出てたみたいですが、ちょうどわたしの座席からは隠れてよく見えませんでした。「癒やしの力を持つ女、怖れるな」??

あまり前後の関連なく書き留めていきますが。
同じアシッドクイーンの場面、ソムンタクさんたちが歌ってるお立ち台(あれ回転ベッドだよね、ラブホによくあるような)の向こう側で着替えて待機しているあっきーの後ろ頭が見えて、あれ?前はここでは隠れてほとんど見えなかったような。
このときのガクガクブルブルもひどくて、ヤク中?と思ったけど、その後の流れを見るとそうではなくて、ピンボール切れなのかなと思いました。きっともう一刻も早くその場を離れてピンボールしたいみたいな、それくらいもうピンボールがトミーの人生の一部というかトミー自身が「機械の一部になって」るんだなって。
このときの衣装、銀色のディナーコート?の表面がただのキラキラじゃなくて細かい鏡になっていて、照明の反射が光のシャワーのように客席にもふりそそいでいることに初めて気がつきました。人間ミラーボール?(笑)

実をいうと東京で5回見てるにもかかわらず、とにかく音楽の流れに乗るということを最優先して見ていたので、↑こういう細かいところあまりチェックできなかったんですよ。歌詞もほとんど聞いてなかったし、アンサンブルの動きとかも、青山さんや佐々木さんみたいに役割がはっきりしてる方以外はあんまり。あともう1,2回落ち着いて見られたら、あの場面この場面もうちょっとしっかり頭に刻み込めたかなと思うんだけど。何か今はもう、駆け抜けていった一陣の風、みたいなイメージしか残ってなくて残念。でもまあ、キリがないですけどね。

なんちゃって、これは大阪で初めて発見したわけじゃないんですが。
2幕の診療室での背景に映し出されるあっきートミーのクローズアップ。これ静止画かと思うんですが、実はよく見ると、ふっとまつげを伏せたり、目を見開いたりするんですね。それに気づいたときはなんだかすごい発見したような気がしてうれしかった(笑)

大阪にもどって。ROLLYさんの従兄のケヴィン、バスタブからトミーを引っ張り出してベッドまで引きずって行くところ、「気絶したのか?お楽しみはこれからだ」って和田誠さんみたいなことを(笑)このとき前楽の方が少~し体勢的に引きずりにくかったみたいで「重い子ね」、大楽ではすんなり行けたのか「いい子ね」って言ってました。

トミーズキャンプのアーニー叔父さん、口の中指でポンってするところ、「コルクもあります」って、ああ、そういうこと?!あれってコルクを抜く音だったんだ、と初めて認識。そしてそのコルクって、三重苦グッズの「しゃべれない」バッテン付きおしゃぶりのことなのね。
と、思った次の瞬間「生まれた!」って。卵かい?!(爆)おもしろすぎ。
千秋楽では不発で、やり直してました。
でもその前に客席の向こうを指差して「あちらにTシャツも売ってます。捨てるものを減らして地球温暖化を防ぎましょう」と、本物のグッズ販売にも一役買うその商魂たくましさに会場は大爆笑。
でもごめん、わたしトミーTシャツも信者Tシャツも買えなかった~。

大楽のカテコのことはもうだいたい書いたので、前楽のこともうちょっと。
カテコライブは同じく2曲。でも「Summer Time Blues」のときあっきーの姿が見えなくてちょっと焦る。メッシュの奥の方にいたらしいんだけど、わたしからは全然見えなかった。ダメじゃん、主役が休んでちゃ。ROLLYさんは出ずっぱりなのに~。
でも「ピンボールの魔術師」では回りのみなさんのあっきーを立てようとする気遣いをいっぱい感じて、あっきー愛されてるんだなって思いました。特に右近さんの気遣いようといったら(笑)ちょっと涙ぐましいものがありましたよ。あっきー思いっきり歌詞間違えたけどね(笑)
ここでキャストが次々客席に降りてきて走り回るんだけど、わたしちょうど通路側だったから、誰かとハイタッチしたのに誰だかわからなかった(爆)すみません~。男性です。
あっきーも降りてきて、右手でハイタッチできました!ラッキー☆

全体的に、前楽も大楽も、みなさん名残を惜しむように丁寧に演技されてるように感じました。
こちらも最後に目に焼き付けようという気分だったから余計にそう思ったのかもしれませんが。

これで舞台について憶えてることはおしまいです。
すみません、レポというほど系統立ってなくて。
最終的な総括コメントや遠征の旅についてはまた後で時間あったら。
謎シリーズや派生系の話題はまだ続きますよ。

もうだいぶ下がってしまったので、前に大阪公演について書いた記事、前編も合わせてどうぞ。
http://hildaslullaby.cocolog-nifty.com/note/2007/04/post_9747.html
4月30日、ぎゃ、もう2週間たってる。

« TOMMYセンベイ再び | トップページ | 大阪TOMMY番外編その1 »

コメント

hildaさん
今頃になってコメント・・何時もながら遅くてごめんなさい。
そろそろ次のステップへ~なのですが・・・。
細かい部分の補足、ありがとうございました。
ケビンもアッキーtommyに合わして毎日少しづつセリフが違ったり音程もローリーさんのその日の調子で変ったりしてましたね。
今では青い上着はどのシーンだったかしら?とかこの時はシロの上着だった?とか・・・実にあやふやな記憶の自分が情けない(^^;
DVDを期待できない今は○太郎さんのイラストを期待するしかないのでしょうか(笑)
そして こうしてその時々の様子を書いてくださるブログの内容も心に刻んでおかないときっと忘れちゃう(笑)有り難うございました。

歌だけをとると東京「TOMMY」の前楽・千秋楽あたりのアッキーtommyの方が今思い出すとロック寄りだったように思います。
大阪「TOMMY」では自分が歌いたい歌い方でtommyの曲を歌っていたように感じます。無理がなくて私は好きでした。
演技も「こんな表情するんだ~」と新しい発見があったりして、「エレンディラ」に対してどんなアプローチをしてくれるか楽しみになりました。

いのうえさんもその他のキャストの皆さんもそしてアッキー自身も既に次の舞台へ動いていますし、そろそろ気持ち切り替えますね。
有り難うございましたm(__)m

>JTさん
え?もう行っちゃいますか?(笑)
わたしまだまだ足踏みしてますよ~。
あんなことや、あんなことや、こんなこと、TOMMYって本当にいろんなインスピレーションに満ちた舞台でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/6402627

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪TOMMY続きというか補足というか:

« TOMMYセンベイ再び | トップページ | 大阪TOMMY番外編その1 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ