あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« どういうわけか | トップページ | シャキちゃんが降板 »

2007年5月27日 (日)

音と感動

このブログはココログ・フリーなのでトップの記事に必ず広告が入ります。
記事内の文面から適当なキーワード拾って関係のある(かもしれない)サイトを表示するんですね。ちょっと鬱陶しいけど、たまにおもしろいものも。

その時々で表示される優先順が変わるので、いつも出てるとは限りませんが、DVDボックスの記事で出てきたこちらのサイト。「ホームシアターなら逸品館」のコピーに思わずクリックしてみたら。
http://www.mmjp.or.jp/ippinkan/
大阪のお店らしいコテコテしたサイトが(笑)
でも社長さんの「うんちく」コラムは、わたしたちが音楽や舞台の映像作品に求めるものをとても的確にとらえてて興味深かったです。特に最新の連続コラム「感動という価値」は読みごたえ十分。目からウロコが10枚くらい落ちてちょっと泣いちゃったくらい。
実際に商品を扱いながら、

「魂の感じられない高額品」は、消えて無くなってかまわないし、買う価値などない

と言い切る社長さんのプライドと矜持にも潔さを感じました。(↑この言葉は別コラムから)

そうなんです。
いい音聞いてどうしたい?
感動したいんですよね?
生音の忠実な収録再生が必ずしも感動に結びつくわけではないということ、生演奏だってかなわない「音」があるということ。ぼんやり思ってたこと、長い年月かけて具体的なテストを通じて「いい音」を追求し続け明らかにしてきた社長さんの労力と情熱に頭が下がります。

わたしは買えないけど。
って、そういうオチかい(爆)

いや、そうじゃなくて。
わたしが思ったのは、ゲキ×シネ「SHIROH」でわたしが感動したのは間違いじゃなかったんだなってこと。感動に間違いも何もないけど、やっぱり心のどこかで生で見てないことに後ろめたさというか引け目を感じていたから。生で見た人の感動より映像で見た人の感動の方が小さいとか薄いとかってことはないと思いながら確信なくて。だって見てないんだから比べようがないよね。
社長さんコラムの意図とは離れるかもしれないけど、わたしはこれ読んでちょっと安心しました。

トップページからも行けますが、ちょっとごちゃごちゃしてるので(笑)全コラムのリストはこちら。
http://www.ippinkan.co.jp/column/index.html
この中のオーディオ・アクセサリー124号と125号、ホームシアター38号あたりからチェックしてみてください。もちろん全部読んでも(笑)

さて、問題のDVD-BOX、あっきーこだわりの「音」はわたしを感動させてくれるでしょうか。
試写会、一応希望にしておいたんですが、正直なところあのブルードリームをもう一度「体感」して耐えられるのかどうか、ちょっと自信ありません。内心外れますように、なんて不届きなこと思ったりもしています。そんなら応募しなければいいじゃないかと言われそうですが、いいにしろ悪いにしろ(をい)、5.1サラウンドって映画館並みの環境であっきーの歌聞ける機会なんてそうないだろうってことと、あとこれはFCだけの特典ということで、、、少し(いやかなり)語弊があるかもしれないけど会員としての「義理」立てたってところでしょうか。

後はとにかくDVDの出来が、2万円に見合う内容であることを願うばかりです。(これまたかなり暴言?)

またかなり余談ですが、ネット広告の同じシステムでGoogleのAdwords、前の職場で運用担当でした。予想されるキーワードの設定とうまく目的地に誘導するリンクの組み合わせを考えるのが腕のみせどころ。ヒット率と予算の調整(当然ですが表示させる順位が上だと高い)がけっこう難しくて、最後の方は広告代理店にお任せにしちゃいましたけど。
何をキーワードにしているのかわかりませんが、そろそろゲキ×シネ鹿児島上映のお知らせ広告は引っ込めた方がよろしいかと…。>イーオシバイさん?それともヴィレッジさんのご担当者へ

« どういうわけか | トップページ | シャキちゃんが降板 »

コメント

こんにちは
前にもコメントさせていただいたけど
私も生に勝てるものはないって思ってました。
ゲキ×シネ「SHIROH」を観るまでは!
でも、アッキーの背中に天使の羽見えたもん!
感動して鳥肌立ったもん!!
劇場にいけなかった人にも感動は同じですよ。

まぁミュージカルにはストーリーがあってその流れの中での感動って言うこともあるけどね。
今回のDVD-BOXはhimselfもBlue Dreamもストーリーでどうのってのはない(と思う)ので歌自体で感動させられるのか?(疑問)
『Tommy』の最中にも関わらす心血注いだと言う出来栄えはいかがなものなのか!一般家庭の音響は昔に(って何時だよ!)比べればステレオになっていたり、TVによってはサラウンド機能も付いてるものもあり良くなっていますよね♪おうちで歌ってるアッキーの姿が見られるのは嬉しいです。ブルドリで歌った新曲(?)も聞けるしって言うか正直飽きてきちゃったので、新しい曲が聞きたい(爆)
初回限定1,000個売れるのか~~~。
特典の嵐で購入口が分散してるけどトークショウやイベントに人が集まるのだろうか。
何かそっちが心配になってきました。
ごめんよー、あっきー!

長々すみません!

>tabibitoさん
たぶんゲキ×シネってやっぱり特別な「体験」なんだと思います。映像版作った監督さんがね、批判覚悟で殺陣のスローモーション入れたのは、実際に生舞台見てるとそういうこと(幻覚?)があるからっておっしゃってました。生のままそのままじゃなく、劇場体験の再生を試みたということかな。
確かにミュージカルの場合は、音と映像だけじゃなくて物語の力も大きいですね。
ブルドリにも一応抽象的(前衛的??)な物語はありますが、やっぱり基本はあっきーの歌だから、それがどれだけ生声に近く再生されるか楽しみにしてます。っていうか、いまだにどういうお話なのかわかってないし(笑)
初回限定1000組、それくらいはなんとかなるのでは?とタカをくくっているのですが、はてさて。
TSUTAYAの300人イベントって何でしょうね?ライブだったらちょっと悔しいかも。絶対行けないから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/6576648

この記事へのトラックバック一覧です: 音と感動:

« どういうわけか | トップページ | シャキちゃんが降板 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ