あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 公式サイトにもコンサート情報 | トップページ | ちょっといやされた »

2007年5月 1日 (火)

なんばパークスシネマ

大阪大楽はマチネでしたが、午前中ちょっと時間があったので、ゲキ×シネ「SHIROH」上映中のなんばパークスシネマに行ってきました。もちろん見る時間まではないけど、どんな映画館か見てみたくて。

P1010198

P1010202

P1010182 P1010181 P1010185 P1010186 P1010187 P1010191 P1010192 P1010195 P1010199 P1010201

P1010194なんばの駅からパークスまではすぐ目の前。でもパークス「シネマ」まで辿り着くには、まだまだはるか彼方。疲れた~。

SHIROHのポスターがなかなかみつからなくて、↑のラインナップみたいにバックライト式のパネルが用意できなかったのかな~と思っていたら、目立たないところに紙ポスター貼ってありました。
風の強い日で、風車が音立てて回っています。わかりにくいけど。お庭には大阪に関係ある有名人の手形がずらっと。↑に見えるのは巨人大鵬卵焼きの横綱大鵬です。

わたしは見られなかったんですけど、同じくTOMMYの大楽見るために遠征した友だち(非あっきーファン)は、前楽の日にゲキ×シネ「SHIROH」見てもう感動なんてものじゃないボロ泣きした~って言ってくれて、うれしかったです。同じ日に「エリザベート」見たらしいですが、それがかすんじゃうくらいのインパクトだったそうです。でしょ~(笑)
でもなんでわざわざ大阪で見ようと思ったの?って聞いたら(横浜の人)、わたしがあんまり言うからだって(爆)(爆)
そうか、わたしそんなに直接布教活動したおぼえないけど ^^;
せっかく遠征するんだから、なるべくたくさんのもの見ようと思ったらしいです。「ついでに」見た「SHIROH」がそんなに印象に残ってくれて、わたしもうれしい。
あ、TOMMYの感想聞くの忘れた(笑)

« 公式サイトにもコンサート情報 | トップページ | ちょっといやされた »

コメント

あの折には なんばまで行かれたのですね。綺麗なシネコンでした。
トラックバックされている所も覗かせて頂きました。
大阪在住者には貴重な情報有り難うございました。

大阪でのゲキシネ「SHIROH」。「TOMMY」期間じゃなければ もっと通えたのにと 残念で仕方ありません。私が観た日も、人が少なくて 「SHIROH」の人気を劇場側に見せ付ける事が出来ず残念でした。
「TOMMY」が終わった翌日にやっとの思いで観に行く事ができましたが、そこには昨日見た中川晃教とは違う姿と歌声がありました。その時は今より強く中川「TOMMY」に心酔していたので純粋で無垢な中川「シロー」の歌声と演技に感動しながらも、今の自分が求めているものとは少し違っているように感じたのも確かです。
だってね、「TOMMY」の舞台で初めて「演技するアッキーもいいなぁ~」なんて事感じたりしたものですから(笑)

>JTさん
上映期間がTOMMYと重なったために、逆にファンの方にとっては見づらいスケジュールになってしまったかもしれないですね。わたしとしてはできるだけたくさんの方に、DVDとは全然違う劇場的な臨場感を味わっていただきたかったので、JTさんには見ていただけてうれしいです。
「SHIROH」から早くも3年目。あのときのシローはもういません。日々進化していく中川晃教というアクター&シンガーの「今」が「TOMMY」だったのだろうと思います。JTさんにとって、今の方が魅力的と感じられたなら、あっきーもまた更に進化していけるはずですね。
実際あっきー自身はもはやTOMMY世界からも歩み出して、その先へと目を向けているようです。
まだ抜け出せてないのはわたしたちだけ?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/6276782

この記事へのトラックバック一覧です: なんばパークスシネマ:

» なんばパークスシネマ [http://hometheater.sblo.jp/]
大阪の映画館の話なので別地域の方は読み飛ばしてください。なんばパークスシネマ → http://www.parkscinema.com/なんばパークスにあるシネコンですが、ここお勧めです。ここを何度も利用できる人は迷わずメンバーカード作りましょうね。まず 入会金、年会費無料そして 6回観たら1回無料さらに! 毎週火曜日はメンバーズデイ、ということで1200円で鑑賞できるおまけで劇場での買い物でポイントが・・というのは大したことないかな。特にお勧めは火曜日のメンバーズデイの12...... [続きを読む]

« 公式サイトにもコンサート情報 | トップページ | ちょっといやされた »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ