あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ♪不良少女になる素質もない | トップページ | DVD-BOX 発売は初夏 »

2007年3月13日 (火)

~So Close Yet So Far~いい感じ、でもまだまだ☆

Tommy_nissei070312a 「TOMMY」初日舞台が無事に終わったことを祝してあっきー友と乾杯してきたら、こんな時間になってしまいました。うわ、11時台のアクセス数がすごい。お待たせしてすみません~。
まずは日本版初演開幕おめでとうございます!スタッフ&キャストのみなさま、お疲れ様でした。

今日のあっきー@トミーは、う~ん…。75点ってところ?いちおう合格(笑)でもまだまだ!
ちょっと点が辛い?最近わたし要求レベル高いからね。

よく歌えてました。どの曲も。わたしが聞きたかったあっきーの声でした。それはうれしかった。でもね、どの曲も同じに聞こえる。これからの色付けに期待。

舞台全体については、これはもうカラフルなおもちゃがつまったおもちゃ箱を引っくり返したみたいな楽しいしかけがいっぱいです。いろいろなものが降ってくるので頭上注意(笑)
ちなみにわたしの頭にはピンボールが直撃しました(爆)
あちこちでネタバレしてた空飛ぶあっきー、これまた意外な大仕掛け。ワイヤーじゃありませんでした。お楽しみに。

そして音楽、これが素晴らしい。さすがの岡崎さんです。ブロードウェイ版を超えたと自負するのも納得。来日版よりずっといい!

続き。

トミーのママ高岡さん。ちょっと心配してましたが、全然オッケーです。甘い歌声ですが弱くはない。若い母親であり、かわいい女性でもあるキャラをソツなく演じてました。もうちょっとコケティッシュさが前に出てもいいかな。

ウォーカー大佐、パク・トンハさん。がんばってましたが、ロックにしようと意識しすぎな印象。もっと普通に歌ってもロックになると思うんですが。

アシッド・クイーン、ソムンタクさん。迫力はティナ・ターナーにも負けてない。でも思わず欧陽菲菲が頭をよぎったのはわたしだけではあるまい(笑)
この場面では山崎チカさんもよかったです。

そして出ました、ROLLYさん。この方は本物のロックミュージシャンですね。ロックのなんたるかを知らないわたしにもわかるくらい歌も演奏も最高でした。いとこのケヴィンのほか、4役!を歌って踊ってギター弾いて大活躍。

それでも!今日の舞台をさらったのは右近さんのアーニーおじさんです!
いや、あのエキセントリックさ、変態っぷり、いっそ気持ちがいいというか、ん?気持ち悪いか(爆)キース・ムーンも真っ青(笑)
右近さんが出てくると、それまでの洋モノ舞台が突然慣れ親しんだ新感線の舞台になる。初日の緊張した空気がふっと緩んで客席から爆笑がはじける。
歌もびっくりするくらい(失礼?)声が出てて気合のほどが感じられました。

アンサンブルのみなさんはよく踊りよく着替え(笑)てました。お稽古期間中のキャストの方のブログにもありましたがあれは大変そう。でもこちらはカラフルな着せ替えを見せてもらえて楽しい♪

お着替えといえば、あっきーもけっこう着替えます。基本は白の上下で、一瞬孫悟空が脳裏によみがえりました(笑)それにいろいろ羽織ったり、重ねたり。

今日の最大のフラストレーションは観客のノリ。みんな、しーんとかしこまって見てるんだもの。あの音楽を聞いてなぜ動かないでいられるか不思議。2幕の終わりくらいでやっと手拍子も出ましたけどね。このへんはまだ始まったばかりなので、これからの盛り上がりに期待しましょう。

全体的な印象としては、ブロードウェイ版の脚本を元にしているといってもかなりいのうえさん流に解体、スピーディに再構築されてて、映画版にも最大限近づけようという気持ちの現われを強く感じました。よくやった。

最後にグッズ。
その1.プログラム2500円。大判変形。かなりでかいので普通のカバンには入りません。手提げつきビニール袋は希望者のみということで要求しないともらえませんからご注意。
その2.オリジナルTシャツ3500円。前と後ろに、チラシのTOMMY人形がプリントされたTシャツ。サイズはS,M,L。だったと思う。
その3.ポスター1000円。TOMMY人形のデザインじゃありません。あっきーがピンボール台にうつぶせている写真を使ったもの。

今日はここまで。

Tommy_nissei070312b

« ♪不良少女になる素質もない | トップページ | DVD-BOX 発売は初夏 »

コメント

レポ、ありがとうございます。

ますます楽しみ♪
早く28日が来て欲しいけど、まだ観ても無いのに
終わる寂しさもあったりして。。。

hildさ~~ん、いらしてたんですね。って、当然ですね、すみません(汗)。
私も初日行ってきました。今朝、日の出と共に帰ってきました。チュンチュン(^^;)

TOMMY 私はまだまだ50点かな、って昨日友人に言っちゃいました。あはは、更にキビシイぞ。でも、いのうえさんの、あそこまでやり遂げたのを鑑みると・・・60点でもいっか。って、まだこれじゃ、THE WHOファンに怒られちゃいますね。
ん~~、でもやっぱり、これが全ての演劇、音楽ファンに向けて作られてるのなら、まだまだここからどこまで持っていけるか、って感じですよね。(と、誰かにすがる・笑)

ところで、アーニー右近叔父さんに乾杯!!です、私。他の誰よりも嬉しくってたまらんわい光線全開。ハチャメチャぶりに立ち上がって応えたい、のだが、初日はみんな様子見で、く~~、私もこらえて座席に沈没。故に欲求不満。あ、立たないのは本編の話。最後はスタンディングしましたよね、皆さん。

肝心のアッキー、いい感じ。でも、まだ行けます・・・でないですか?hildさん。アッキー、今回は表情を微妙に、徐々に、変化させていくところに演じ甲斐があるような。
いやはや、とにかく・・種々の制約がある中、あそこまで持っていったいのうえさんに大拍手~~!!

だが、まだもっと行けるはず。しつこい。
まずは、音響をなんとかしてほしいなー。ギンギラギンの演奏はそのままでいいんです。歌とのバランスが・・・。歌詞、聞き取れないままでいいんですかね。

すいませ~~ん、hildさん。いっぱい勝手なこと、書いちゃった。いや、TOMMYに限らず、いろいろ同感すること多いもので。

初日の様子、有り難うございます。
どんどん進化していくでしょうね。
新感線ファンの友人から聞いたのですが いのうえさんは必ずアンケートには目を通されるとの事、ファンの要望に出来るだけ答えようとしてくださると言ってました。なので新感線の舞台では多くのファンが紙いっぱいに感想を書いて帰るそうです。
私が観劇する頃にはどんな舞台になっているのでしょうか。楽しみです。

いつもながら素晴しい!情景が蘇ってきます。

2階席は更にシンシン虫(ってどんな虫!)がないてました。2階席はあまり売出さなかったのか土曜日にチケット買いに行った時「空いてます。」って言われなかったところも空いてました。
一番後ろで関係者らしき人が腕組みして見てました。

2階席だからですかね?音響がひどくて歌詞が聞き取れませんでした。
それでもアッキーは頑張っていましたね。
贔屓目ではないけどアッキーの歌詞は聞き取れることが多かったです。彼の声量はすごいって改めて感じました。

18日はファンクラブで取った前の方の席だから、もっと盛り上がるといいな。

いのうえさんがブロードウェイ版のシガラミとは関係なく演出できたらどんなになったんだろう!(おぉーっとこれ以上言ったら頑張ってきた方々に失礼になっちゃうね!)

まだまだ始まったばっかり!!
私たちが盛り上げていくきゃないかーーー!!!

>なっつんさん
始まったと思ったらもうおしまい、っていつものことなんですけどね。後半になるにつれて盛り上がっていくと思うので、乞うご期待!

>やよいの空さん
あはは、内心わたしも60点くらいに付けてたんですが、まあ初日ってことでご祝儀に下駄はかせてみました~(爆)
あっきーまだまだ行けますよ~。あんなんで落ち着かれちゃったら困る(笑)もっともっとはじけてもらわないと。それには客席の反応が重要。みんなもっと楽しもう!

>JTさん
アンケートって、いざ書こうとすると言葉がぱっと浮かばなくてありきたりのよかったようなことしか書けないんですよね。
昨日も一応出したけど、後であれも書けばよかったこれも書けばよかったって(笑)
次回までに忘れずにいたら、いろいろリクエストしたいことあります。
新感線は特に途中でどんどん手直し入って、後半まったく別物になってたりするので(笑)大阪は期待できると思いますよ~。

>tabibitoさん
2階はかなり寂しいことになってたんですね。歌詞はあっきー以外はわたしもよく聞こえませんでした。でも岡崎さんたちの演奏が素晴らしかったので、細かい言葉が聞こえないのはアワハのときほどストレスにはなりませんでした。
言葉から物語を思い描くのではなく、音とリズムの流れに乗ることがだいじ、ライドオンじゃ~!(甚兵衛さん)
そうですね~、いのうえさんオリジナルの「TOMMY」見てみたかったけど、制約のある中であそこまでよくやったと思いますよ。

そうです!すべては観客のノリにかかってます。みなさん、一緒に盛り上げましょう♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/5670403

この記事へのトラックバック一覧です: ~So Close Yet So Far~いい感じ、でもまだまだ☆:

« ♪不良少女になる素質もない | トップページ | DVD-BOX 発売は初夏 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ