あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« テレビ情報いくつか | トップページ | 踊るコンダクター登板せず »

2007年3月 5日 (月)

やっとゲキ×シネ「SHIROH」の話

P1010038 ←フードコーナーで買って、10FのカフェOASEで食べました。黒ゴマサンデー、フライドベジポテト、枝豆ナゲット。

ナゲットっていうよりさつま揚げですね(笑)ベジポテトはおいしかった。ニンジンやゴボウが入ってるの。ちょっとヘルシー?

ちょっと熱っぽいので今日も少しだけ。

あまりに衝撃が大きすぎて、感想が言葉にならない、どうしても総括することができない、言葉でまとめてしまってはいけない。そんな気持ちになる舞台に出会ったことがありますか?舞台に限らないけど。本でも映画でも。音楽でも。人生に対する価値観と優先度がガラっとひっくり返ってしまうような、そんな作品。

わたしにとってそれは、4年前の春に出会ったマシュー・ボーン「白鳥の湖」であり、 2年前の夏に出会ったゲキ×シネ「SHIROH」でした。

白鳥の後には、こんなことは一生に一度しか起きないだろうと思っていました。まさか2年とちょっとでまたこんなものに出会うなんて、思ってもみませんでした。

だから感想はないんです。<をい?!

初めて見たときに、後でDVD見たりして印象変わる前にと思って大急ぎで書き留めたメモはあります。それをそのまま公開することはたぶんありません。いつか折にふれて思い出した瞬間にある場面について語ることはあるかもしれません。

ええ、今さら書くのもなんですが、ゲキ×シネ「SHIROH」はわたしのあっきー原点なわけです。

中川晃教の歌声を知るまで、わたしにとって音楽は、ただ耳の横を通り過ぎていくだけの、生活の中の「音」にすぎませんでした。そりゃたまには気に入った歌や演奏のCDを買ったり、コンサートに足を運んだことはありますよ。でも「必要」じゃなかった。

「大切なものはふたつだけ、美しい女の子との愛とデューク・エリントンの音楽、それ以外は消えていい」って言ったのはボリス・ヴィアン(確か)。わたしの人生に必要なのは、ルドルフへの愛とと中川晃教の歌。それだけあればいい。

なんて言い切っちゃうと、今これを読んでる白鳥ダーリン友が青ざめてるかも(爆)

今は、ってことよ。今は。

ダーリンでもあっきーでも、わたしが必要とするものを与えてくれなくなったら、躊躇わず切り捨てますから。覚悟しといて。

ごめん、話がどんどんずれていく~(笑)

久しぶりに見たゲキ×シネで新たに見えてきたことについてはそのうちまた。風邪が治ったら。

« テレビ情報いくつか | トップページ | 踊るコンダクター登板せず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/5574882

この記事へのトラックバック一覧です: やっとゲキ×シネ「SHIROH」の話:

« テレビ情報いくつか | トップページ | 踊るコンダクター登板せず »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ