あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« エレンディラ記事掲載誌発売 | トップページ | メンテナンスでした »

2007年3月27日 (火)

最後にわ~っとみんなが感動するようだと失敗

って、どこかで言ってましたよね、いのうえさん。

初日見てその意味するところを漠然と理解したような気になったんだけども。

要するに、物語性を犠牲にしても音楽的な疾走感、ライブ感の方を取ったんだなと。

だからわたしは、歌詞が聞き取れなくても物語として多少辻褄合わなくても全然気にならなかった。オリジナルの持つトミーの心の闇と痛みが感じられず、映画版の持つ毒気も抜かれてるけど、ただ「音」を感じる。「音」を楽しむ。それで十分。と思った。

こんな風にミュージカルを見たのは初めてです。

だけど、少し前にあらためてブロードウェイ版のスクリプト読んでみたら、

泣きました。

なんだ、これやっぱりいい話じゃん。音楽ではいのうえ版が勝ってるかもしれないけど、トミーの心が伝わってこない、共感できないのはどうなの?

あっきー、がんばれ。

きみを眠らせない黒い夜はまだ明けないのか?
(ブルドリ・ネタ、いいかげん終わらせないと)

« エレンディラ記事掲載誌発売 | トップページ | メンテナンスでした »

コメント

まだ観ていないのでなんとも言えませんが、いのうえさんがおっしゃたこの言葉・・・私も最近気になってました。

だから、宿題。

そうですね。
後は自分で考えろ!ってことかな。
音楽から、映像から、受け取るものも人それぞれ。
♪気持ちよくなるのも楽じゃない

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/5895120

この記事へのトラックバック一覧です: 最後にわ~っとみんなが感動するようだと失敗:

« エレンディラ記事掲載誌発売 | トップページ | メンテナンスでした »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ