あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 今夜はお留守番 | トップページ | 来週のEネ!もTOMMY特集 »

2007年3月17日 (土)

わたしはいいと思ったんだけどね

初日レポの続きを書こうと思ってたら遅くなっちゃって。明日2回目見る前にこれだけ。
ネタバレありますのでご注意。

まずあちこちで言われてる「音」の問題ですが、わたしは全然気になりませんでした。3列目の上手サイド、スピーカー真ん前というかなりやばめの席にも関わらず。
確かに歌詞は聞き取れないっていうか、どこまで日本語でどこから英語かわからなかった(笑)けど、アワハのときほどストレスにはならなかったなぁ。なんでかっていうと、演奏、歌、ともに「音」として気持ちよかったから。大音響だけど新感線ならあんなもんでしょう。
岡崎さんがブログで演奏と各キャストのマイク音量の調整の難しさについて書いていましたが、わたしは全然オッケーでしたよ。
これはやはり予習として去年の来日公演から繰り返しオリジナルCDを聞いてきたことと、映画版DVDも3回くらい見ておいたのがよかったんだと思う。おかげで話の流れをつかむのに苦労するということもなかったし、どこらへんで見せ場の歌が始まるかもわかったから心構え?ができてた。そして、こう来たか?!みたいないのうえさんの工夫も楽しめた。
何も知らないでまっさらの状態で舞台を見たいっていう人の気持ちもわかるけど、わたしはけっこう予習はする方。じゃないとだいじなポイント見逃しそうだから。
それに新演出の場合はやっぱりオリジナルをどう解釈してどう表現したいのか、知りたいじゃない?

というわけで、ウルサイ音楽ダメなはずのわたしでも相当楽しめたのは新感線慣れしたってこともあるし、この1、2年で音楽について許容範囲が広がったという個人的事情に負うところが大きいかな。
まあ、元々演劇系ではなくバレエとダンス、そしてフィギュアスケートという言葉のないパフォーマンス・アーツの世界からやってきたということも素地として受け入れやすかったのかもしれない。

舞台演出的な注目ポイントいくつか。

LEDというらしいですが、映像が多用されてます。というより映像の中からキャラクターが飛び出てくる感じ?イギリスというより、ゲームの「MOTHER」的なアーリーアメリカン調のかわいい絵柄で、全体的にポップな色使いがその他の舞台装置にうまく溶け込んでものすごく自然。

特にツボだったのが、1幕の初めにLPレコードが回りだすという映像。やっぱりレコードだよね。大切なレコードにそっと針を落とすあの瞬間の至福。さすがいのうえさん、わかってる~。しかも2幕の始まりでは、B面に引っくり返すの!うまい!これだけで泣けてきます。

あとね、2幕のアイドル教祖さまトミーのブロマイドがかわいい♪でもあれトミーじゃないか、あっきーそのものって感じ。あれ、グッズにして売ったらいいのに。っていうか売ってください!トミーの奇跡を報道する新聞もコピーして~。

ん?これって舞台演出じゃないね(笑)

はみだしネタとしては、ちびトミー役の塩野魁土くんがあっきーとあんまり身長差がなくて(笑)子どもと大人に見えなかったってこととか。あれならあっきー子ども時代からできたんじゃ(爆)

まだ何かあったような気もするけど、まあいいや。
寒かった客席もだんだんあったまってきたみたいだし、あさっては休演日だから、明日は思いっきり弾けるといいな。キャストも観客も。

« 今夜はお留守番 | トップページ | 来週のEネ!もTOMMY特集 »

コメント

17日急遽マチソワしてきました。
感想?凄く良かったー!!オリジナルCDは聴いていないものの、
映画「TOMMY」とロックジェットのいのうえ&右近さんの記事等で
予習していたから、いのうえさんの演出そして岡崎さんに大拍手を
送りたいと思いました。素晴らしいかった!ソワレは2階最前列、
全てが見渡せてそれはそれはゴージャス&beatiful!!
アッキー友4人でTOMMYTシャツ着てコンサートの乗りで暴れてきま
した。マチネは客席が盛り上がっていて4回カテコで、アッキー
「1曲歌いたいところだけど夜公演があるから…」と今一歩でアン
コール聴けそうでした。なのにソワレはお客が淡白で3回カテコで
終わり。(何だよぉ)BOO!
アッキーの「SEE ME」はそりゃ絶品だけど最後の「LISTENING TO YOU」
も力強くて映画の岩山(?)登って行くシーンとダブって、楽には
"きっと泣くぞ自分!”と想像。
逆に「I'm Sensation」等は今一歩と。←評論家か?!(^_^;)声が綺麗過ぎ
て薄っぺらに聴こえない?もう少しキーを下げたらどうかな?なんて。
アッキーは歌が上手いから聴く側の要求のレベルも高くなるんですぅ…と
長々hildaさんのブログで感想書いてごめんなさい。1日違いの観劇で
お会い出来なくて残念でした。

>akibonさん
昨日いらしたんですね!自分が見られなかった日の出来を知るのはうれしいです。どうぞご遠慮なくどんどん書き込んでください ^^
2階の最前って一番いい席かもしれませんね。映画版はやはり一度見ておいて正解ですよね。たとえ意味わからなくても。
また次の観劇でお会いできますように~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/5728511

この記事へのトラックバック一覧です: わたしはいいと思ったんだけどね:

« 今夜はお留守番 | トップページ | 来週のEネ!もTOMMY特集 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ