あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 秘密のお稽古? | トップページ | おまけライブ! »

2007年3月25日 (日)

ロック・ファン的視点で見たらやっぱり

きびしいのかな、いのうえ版TOMMY。なんだかんだ言ってもわたしの見方は大甘なんだろうかと反省。

これまで何度か話題に登場してますが、わたしのバレエ友、というより師匠のひとりであり、ロックファンであり、わたしを劇団☆新感線とSHIROHに導いてくださった方の日記からTOMMY感想を紹介させていただきます。(RIEさん、ありがとう)

ほんとは、こんなこと言われました~みたいなご紹介に止めようかと思ったんですが、やっぱり全部読んでいただいた方がよろしいかと。(手抜きともいう)

3月17日(土)ソワレ
http://ried.blog43.fc2.com/blog-entry-137.html

3月21日(祝)ソワレ
http://ried.blog43.fc2.com/blog-entry-138.html

いつもながらその鋭い分析には脱帽でございます。ROLLYさん以外のキャストがロックできていないというご指摘にも、あっきーについても引用するのも憚られるほど全部当たっててまったく反論できません。

でもねでもね、お気づきのとおり確かに毎日毎日進化はしているのよ。そりゃもう間違いなく。
だからねえ、東京千秋楽ご一緒に見届けましょうよ。ダメ?

ちなみにバレエダンス系にご興味おありの方、RIEさんのサイトがお勧めですよ。わたしははっきり言ってここだけで全部用が足りてます。何度か話題にしてますが、わたしの敬愛するバレエダンサー、ファルフ・ルジマトフのファンサイトでもあります。
R-DEPOT
http://www.linkclub.or.jp/~r-d/

いや、ほんと、いろんな人が見るから大変だよね。いのうえさんも覚悟の上だろうけど。
東京あと一週間、どんな変化が起きるかまだ期待してていいよね。

ああ、今日は雨か。
そろそろ出かけます。

« 秘密のお稽古? | トップページ | おまけライブ! »

コメント

万民が満足するなんて無理!!

私も初日を見たとき「ロックファンの方には満足してもらえないんじゃない?!」って思って消化不良気味だった。
でもね。
舞台観るのは自分。楽しむのも自分。
他人の評価は関係ない!

いのうえさんもインタビューで「何をやってもダメだーって言われるっかも知れない。だったらロックコンサートに行けばいい。」みたいな事言ってた。(ごめんなさい。かなり割愛してます。)
そしていのうえさんはアッキーを指名した!

アッキーの『僕のTommy』が更に進化することに期待はしている。
私は『アッキーのTommy』を見て、聞いて、感じたい!!

hildaさん、すみません。
いつも勝手なコメントさせていただいて!!

『秘密のお稽古』?『日曜からのおまけ』?
気になる~!後手持ちのチケットは31日だけ!もー増やせませーん!(2F席なら...って「ダメ」by理性)

hildaさん、連日のお出かけ(笑)お疲れさま。
夕べは気持ち良く眠れたんじゃない?
トークーショーの内容のUPありがとね。
それから、お誕生日おめでとう♪
って、全部ココにまとめて書いてごめんm(__)m

お友達の感想、読ませていただきました。
目から鱗です。
ずっと、何でアキノリトミーの「I'm Free」が私の心に伝わってこないのか考えていました。
最初は、映画版と違い早い段階からチビトミーくんとの絡みでアキノリくんの歌声を聞いていたからかな?と思っていたんだけど(それもあるとは思うけど)。
そっか!アキノリくん自身の育ちが良すぎるからだったんだ!
彼は暖かい家庭に生まれ、ご両親からとっても愛されて育ってきた人。
ロックを理解していない以前にトミーの苦痛を理解できていなかったんだぁ。納得です。

でも、私、この舞台好きですよ。
楽しいもん(笑)
時々、全員ロックシンガーでやった方が良かったんじゃないかという意見も目にするけど、今度は演技力の問題等でクレームがつくと思うしね。
それこそ、学芸会にもならないような舞台も過去に観てきていますから(^^;
十人十色。いろんな意見があって当然。

アト、二回の観劇、思い切り楽しみます。
楽でお会いしましょうね!

初めてコメントします。
私も映画版「TOMMY」フリークで、主演が誰なのかも知らないまま「面白くなかったら帰ろう」ぐらいの体制で臨みましたが、個人的には全然オッケーでした…ていうかあっきーの歌にぶっ飛んじゃったので。
結局「この舞台に何を期待しているか」が余りにもバラバラな客層なので、観る側も許容範囲が試されているのかな~なんて考えてました。24日ソワレに行ったときはいのうえさんが最後列でお客の顔をチェックしてましたから、これから何か変わるんじゃないかな?

ともあれ、あっきーに引き合わせてくれたことを感謝したいと思います。

(hildaさんへ>空気読めてなかったらテキトーに処分くださいね。なんせファンになって1週間なので。あ、メールも出してます)

お邪魔いたします〜(おそるおそる^ ^;)
日記のカウンターがいつもの倍以上あがっていて、びっくりしたので覗きにまいりました(笑)。hildaさん、お世話さまです〜

ええーと、私はロックには思い入れはありますが、今はクラシックもポップスも聴く普通の音楽ファンなので、必ずしも「ロックファン的視点」とは限らないと思います。なので、あの感想は、あくまでも「個人的な」ものとして読んでいただきたく‥‥。(笑)

と、いうか、こちらのコメントにもあるように、

>舞台観るのは自分。楽しむのも自分。
>他人の評価は関係ない!

だと思いますよ〜。うん。(tabibitoさん(はじめまして)、全くもって同意いたします。)

そしてTOMOさん(はじめまして!)、
「育ちがイイ」と書いたのは、ただ単にニュアンスとしてかいだだけで、愛情を受けて育った人間にも心の闇を表現することは普通に出来ると私は思います。中川くんの中にもtommyの苦痛への共感はきっとあるはず。
ロックは歌唱スタイルじゃないんです、スピリットなんです。大切なのは歌う姿勢だと私は思います。
彼なりのロックスピリットで、彼のtommyを演じてほしいと私も願っています。

と、言うことで、こちらの皆さんに読んでいただくには中川くんに関して言葉不足な気がしたので、hildaさん(=Mickeyさん)へのコメント返信としてもう少し補足しています。
よろしければ合わせて読んでくださいませ。

そして‥‥おまけライブ、羨ましーーーっ!

hildaさんそして皆さん☆こんばんは。いやぁ~、熱いトーク(コメント)が
続いていて思わず参加させて頂きました。RIEさんの日記も読ませて頂きました。中川晃教ファン歴6年ですが、私もRIEさんが書かれているように、
今回はロックスピリットもとより三重苦のTOMMYの心情がアッキーの歌から
伝わってこなくて初見で「エーッ?君ならもっと凄い歌、歌える筈でしょ、
アッキー!」と納得がいかず逆にリピートの嵐状態になっています。
23日ソワレでは大分良くなってましたが″もっといける!こんな
もんじゃない筈、自分を追い込み凄い歌を聴かせて!!″と思っています。

万人に受ける舞台など望んでいませんが、日本語版TOMMYにアッキーを
指名してくれた、いのうえさんの心意気にアッキーのソウル(魂)で
応えてほしい。いろいろな感想があるでしょうが、ROLLYさんが
書いているように″贅の限りを尽くしたロックショウ!″-私はこの舞台に出会えてホントに嬉しいし楽しい。そして美味しい!

話の重さを受け止めつつ、あと1週間の舞台を楽しみたいとチケット
また追加してしまいました。チケットより遠征費高いんだよねぇ。。
(地方はつらいよ)(/_;)またするぞ、マチソワ!hildaさん、遅くなりましたが
"Happy Birthday To You!"

わ~、RIEさん、お騒がせしてすみません!
こっちも1日のアクセス数記録更新です。軽く2000越しちゃいました~ ^^;;
こちらにまで丁寧なレスありがとうございます☆

わたし、自分がロックな人じゃないから、ついロックな方やThe Whoのファンの方はどう思うんだろう?って過剰に気になってしまってるのかもしれません。
はい、もちろん感想は極めて個人的なものですよね。だから一人一人違う。
誰がどう言おうと自分の心が感じたことを信じる。ということで基本的にはOKと思ってます。

だけど自分的にもやもや~っとしたものをRIEさんに整理して言葉にしていただいたような気がして(これバレエ感想もそうなんですが)、わたしの紹介のしかたもちょっとずるくなっちゃいました。ごめんなさい。

RIEさん日記のコメントレスも読ませていただきました。「ロックな魂を持ったミュージカル」にまで進化するのに東京公演間に合うだろうか。ちょっと心配ですが、今日のカテコのような盛り上がりのエネルギーを観客も持ってることがわかったんだから、あとはそれをいつどうやって解放するか。だと思います。がんばれ、いのうえさん、がんばれお客!

他の方へのレスはまたのちほど。
ごめんなさい~。

RIEさん、はじめまして。
アキノリくんのファン以外の方の率直な感想、たいへん新鮮でした。
どうもありがとうございました。

今ごろすみません~。
お誕生日のお祝いのお言葉いただいた方、ありがとうございます。(ってまとめちゃってゴメン)

その他いろいろなご意見ご感想ありがとうございました。
こんな風に喧々囂々、見た方のバックグラウンドによって意見が分かれたり議論?を呼ぶというのは、逆にこの作品が極めて高い独自性を持っている証拠なのかもしれません。

わたしの悪いクセなんですが、自分がよかったと思う舞台について、できれば客観評価も高いとうれしいという気持ちがあります。誰が何と言おうと自分の心が感じたことが真実なのにね。
RIEさんには迷惑かけちゃったけど、わたしが「舞台を見る目」として信頼してる方の率直なご意見を紹介したかったんです。

というわけで全然個別のレスになってなくてすみません ^^;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/5807981

この記事へのトラックバック一覧です: ロック・ファン的視点で見たらやっぱり:

« 秘密のお稽古? | トップページ | おまけライブ! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ