あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 新感線クラブからまた優待販売 | トップページ | 甘えんぼさんなのね »

2007年2月10日 (土)

アクチュールNo.5 本日発売

キネマ旬報社
『アクチュール』NO.5
P.32~35
中川晃教インタビュー

あ、今回はゴルチェじゃない。

ミントグリーンの縄編み模様のセーターにジーンズ。この光沢感はブルドリのときのかな。腰に巻いてるのはスカーフ?

珍しく普通の、というよりむしろ地味目。わたしはこのくらいの方がいいけどね。(だからどのくらいだよ)

うふふ、自分が「変な人」だっていう自覚はあるんだ(笑)

いのうえさんとのお仕事ってことで、「SHIROH」の話も。いのうえさんとは再演より新しい作品を作りたかったから、今回のお仕事はうれしいって。
そうなんだ。そんな気がしてたけど。
先月のトップステージのインタビュー読んでも思ったこと。この人ほんとにはシローっていう役つかんでなかったんじゃないかな?って。でもそのわかってなさが、まんま劇中のシローのわかってなさにリアリティをもたせて悲劇性を高めてた気がする。(それって要するに演技がヘタってこと??)
でも今度はオリジナルじゃないから、いろんな期待感(プレッシャーともいう)があることを自覚せざるを得なくて、少しつらいところもあるかな、と勝手に推測。

でもだいじょうぶ。できるよ。きみなら。

シンガーソングライターであるあっきーにとって、ミュージカルの楽曲とはどんな存在なのか?という核心に迫る質問も。コンサートとは違う。という答え。そりゃそうだ。答える前にしばらく考えたっていうところがあっきーらしいというか。
演出家の話を聞いて、歌い方を変えようって思えるかどうか。ミュージカルと自分の表現としての「歌」とはまったく違う…。でもこの「TOMMY」はこれまでのミュージカルとも少し違う…それが何なのか稽古の中で探っていきたい、と。

ライブアクトの話になるとまだちょっと胸がチクっとする。

まだぐるぐるしてます。軟着陸できない。

最後の写真いいね。ちょっとカミソリ負けしてるけど。

サイン入りポラロイドのプレゼントもありますよ。2名さま。

小林十市さんのインタビューに印象的な言葉が。

ベジャールバレエの重鎮、ジル・ロマンとの会話。「役者っていうのは、セリフを必死に覚えて練習して、でも舞台に上がる時には全部忘れてください。って言われる職業なんだよ」て言ったら「それはダンサーも同じだよ」って言われてびっくりした話。ジルが言いたかったことは、

「お芝居で…今この瞬間に言葉が生まれてきたかのように演技をするのと同じことで、今まさにこの瞬間にステップが生まれてきたかのように無意識に振付を生きるってこと」

セリフを生きること、振付を生きること。舞台の上でまったく自然に見せるのって、意識してやろうとしたらすごく難しいこと。

あっきーもそのまんまで、役に入るだけじゃなくてどこかで客観的に自分を見て演技をコントロールできるようになれたらいいね。

って書きながら実はあんまりそういうことには期待してないんだけども(笑)
でもいのうえさんや蜷川さんが、あっきーの新しい力を引き出してくれることには期待。

« 新感線クラブからまた優待販売 | トップページ | 甘えんぼさんなのね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/5291706

この記事へのトラックバック一覧です: アクチュールNo.5 本日発売:

« 新感線クラブからまた優待販売 | トップページ | 甘えんぼさんなのね »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ