あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 初詣+初笑い | トップページ | 神戸二度物語あるいは夢の名残 »

2007年1月 1日 (月)

「TOMMY」出演者決定ほか

劇団☆新感線FCからのお知らせによると、TOMMYの出演者が決まったようです。

【出演】中川晃教 高岡早紀 パク・トンハ / 右近健一 村木よし子 斉藤レイ / ソ・ムンタク / 青山航士 石橋裕輔 蝦名孝一 奥山寛 佐々木誠 千葉恵佑 HISATO 森内遼 安田栄徳 飯野めぐみ 一実 高塚恵理子 仲里安也美 中村紗耶 樋ノ内乙澄 望月秀美 山崎ちか 若山佐登子 塩野魁土 宮治舞 / ROLLY

キャスティングが気になりますね。

この情報を含め、公演情報をまとめました。これから随時更新します。サイドバーの公演情報「TOMMY」にリンクしておきます。

これはよそのサイトで教えていただいたのですが、明日の深夜、というか3日の早朝、NHK/BS2でザフーのライブがあります。ご興味のある方チェックしてみてください。

黄金の洋楽ライブ  - ザ・フー -
NHK/BS2
2007年 1月 2日(火)
翌日午前3:00~翌日午前4:30(90分)

あと、もう少し先ですが、こんなのもあります。

黄金の洋楽ライブ エルトン・ジョン
1月20日(土) 後11:00~前0:15

最後に、本日早朝にこのブログ18万アクセス突破したようです。ブログ開設ちょうど1周年でこれだけの方にご訪問いただけて、心から感謝します。あらためまして、これからもどうぞよろしくお願いします。

またたくさんのメールや電子カードでの年賀状いただいてありがとうございます。ごめんなさい、コメントのレス、メールの返信遅れちゃって。
また明日もお年賀のご挨拶で遠出するので、もう少しお待ちください~。

« 初詣+初笑い | トップページ | 神戸二度物語あるいは夢の名残 »

コメント

hildaさん、こちらに初めてお邪魔いたします、やよいの空と申します。
お名前、以前からあちこちで伺っております(笑)。もしかしたら、お顔もどこかで拝見させていただいているのかも。

バックナンバーを遡って拝見させていただいてたら、無性にコメントさせていただきたくなって・・・。

ここだけの話(あは、どこだけよ?って感じですが)、BLUE DREAMに対して、hildaさんの変遷していく気持ちにすごく共感いたしました。
正直、私も初回の時の感想は「・・・・。」でした。というか・・あの力入った公演パンフからして、これは・・・多分わかりにくそーと予感できましたが。(今頃、この話題を掘り返してすみません・汗)

アッキーの秀でた歌の力は多くのことも帳消しにしてしまうけれど、歌・映像・ステージ全てで一つの作品として評価するなら、やはりあれはまだ未完成形だったと思います。24歳のアッキーが創る、今の時点のDREAM だったんだと私は受け止めました、最終的には。
歌の力で物語りたい-だけど、安易なストーリー構成や仕立て方じゃ面白くない。そこんとこに立ち向かうのはアッキーの本領なんだけど、「見る人」が置いてかれてしまってたようで・・・。
恐らく、アッキー初体験の方には「なんだかよくわかんなかったけど、とにかく歌がうまかった・・・」なんだろな。

何度か見るうちに、これはアッキーの私的な世界観の表現であって、私達が理解しようとするのは無意味なんだと思い至りました。
ファンはそれでいいんです。でも、この先ファン層を広げていく為には、自分の主張だけしているのでは不十分だと思うんです。どんなアートだろうと、何らかの形で観客とのコラボの精神が必要なんじゃないか、と。それをアッキーも次第に了解したのか、東京<名古屋<神戸、と段々歌で観客と会話できていったように、私的には感じられました。

アッキー初体験の友人もこうコメントしてました。「10年後が楽しみだね」
彼女曰く「確かに歌はうまい、認める。ただ、一方的圧倒的に歌うだけでなく、ときには引いて歌える緩急も必要なのでは。そういう自由自在さを得た10年後が楽しみ」と。

何もかも絶賛、だけがファンではないですよね。hildaさんのもやもやした気持ち、すごくまっとうな感想だととても共感します。
今回のように、提供された舞台現場ではないアッキー自身がゼロから創り出した作品だからこそ、ファンは正直な感想を愛情もって伝えていかなくてはいけないんだと思います。どんな舞台も一部の批評家やメディアのものじゃなく、ほとんど素人の一般客が受け止めるものですものね。
お知り合いのフルーティスト・みつひろさん?・・・でしたっけ、この方のコメントにもすごくうなずけました。
持ってる力をもっともっと生かす為に、今以上に、器を広げる経験や視野の広さ、より強力な人脈・スタッフ・・・そういうのを得た時アッキーはスゴイ事になるだろう、その時まで、行きつ戻りつ進んでいくのも無駄じゃないんでしょう。
は~~~~新年いきなり前代未聞に長文でお邪魔し、相済みません・汗・汗・汗。どうかお許し下さい。勝手なこといっぱい書いてすみませんでした。

>やよいの空さん
いらっしゃいませ!初めまして~。っていうか、わたしもあちこちでお名前だけは拝見させていただいてます(笑)
ご丁寧なコメントありがとうございました。
誉めてるのか貶してるのか(自分でも)よくわからない感想に共感してくださってうれしいです。戸惑いと混乱で始ったBLUE DREAM、良くも悪しくも「いま現在」の中川晃教の足跡として、いつか感慨深く思い出すこともあるのかな、と思います。こんな若いアーティストに振り回されてる自分の滑稽さとともに。

どこかの記事にも書きましたが、アーティストとして、ただ自分の表現したいことを提示するだけではなく、より多くの相手(観客)に受け入れてもらえるような「見せ方」の工夫や柔軟性をこれから身につけていってくれたら?どれだけ大きく成長していってくれるか、その行末を見届けるのが今のわたしの最大の楽しみです。ほんと10年後が楽しみですね。

これから多くの他のアーティストとの出会いや刺激、新しい舞台での経験を通して、もっともっと大きくなっていくあっきーを見守っていけたらうれしいです。時には一般のファンの言葉にも耳を傾けてもらって(笑)

わたしも長くなっちゃいました ^^;
どうぞこれからも御遠慮なく、いつでも遊びにいらして、お気軽にコメント残していってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/4764145

この記事へのトラックバック一覧です: 「TOMMY」出演者決定ほか:

» 中川晃教 [= 音凾 =]
中川晃教のC [続きを読む]

« 初詣+初笑い | トップページ | 神戸二度物語あるいは夢の名残 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ