あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« またスケートなんです。 | トップページ | 20万アクセス御礼 »

2007年1月26日 (金)

ベッドで寝るとき靴は脱ごう、靴は

無理してよかったところから書こうとするから行き詰まる。

テクニカルコミュニケーション講座で「大事なことから先に書く」って習ったじゃん。いまさら躊躇ってる場合じゃない。これ決着つけないと、安心してTOMMYモードに飛び込めないってば。

細かいことは置いといて。だいたい20%しか残ってないんだし。

参考までに、全体の構成についてはここに書きました。
BLUE DREAM メモ

だいじなこと。
一番ショックだったのは、やっぱりあっきーの声。

マイクが壊れてるかと思った。最初の歌が始まったとき。
でもそうじゃなかった。ちゃんときれいに歌えてるところはきれいに声が出てたもん。
低音苦手?だけど出ないはずないよね?
あのお経みたいなウリセス・ソングをあれだけみごとに歌えたんだから。

新曲はよかった、って書いたけど、それはつまり逆に言うと過去の持ち歌はあんまり冴えなかったってこと。
新しい歌は今の自分が歌いやすいように作ってあるからなのか、単に調整不足なのか練習不足なのか、わからない。でもそういう状態で舞台に立つ、ということに対しても受け入れがたく、頭の中が疑問符ぐるぐる。信じられないっていうか、そんなはずないっていうか、ACT1の終わりくらいでもう頭ぐちゃぐちゃ。

2曲目以降は(たぶん)それほど悪くなかったのに、つい不安定なところや艶のなさばかり気になって、ちっとも集中できず。映像のかったるさを引きずったわけじゃないだろうけど、実際の舞台の進行でもところどころやや間延びしてると感じられる場面があったことも辛さにさらに拍車かける。

最初の映像はまだ微笑んで見ていられた。
コートのどこにマイク仕込んであるんだ?と思うほどガサガサと大きな衣擦れの音響かせてあっきーが登場する場面も。
チリひとつ落ちてなさそうな、消毒され去勢されたような無機質で生活感のない部屋。独りでつっつくパスタの皿。ここでチラッと2001年のイメージが浮かんだのは、後で考えるとあながち間違いじゃなかったかも。
丸っこいデザインのワンボックス冷蔵庫。中身はペットボトルのミネラルウォーターのみ。机の上には、シンプルなデザインのタイプライター。いまどきパソコンじゃなくてタイプライター?
床にじかに置かれた、これまたレトロなタイプのテレビ。チャンネル回す式だったよね?
おっと、気をつけて!低いところのものに手をのばすときは、しゃがまないと腰痛めるよ。身体硬そうだからね。

全体的に古いものへのこだわりが感じられる小道具は、「過去への恋しさ」の象徴なのか?

空ろな表情、気だるそうな動き。電話のコールは聞こえてるけど出る気なし。テレビを見つめるまなざしは、何も見てはいない。画面が砂嵐になっても気がつかないかのようにそのまま動かない。浮かび上がる海の幻。蜃気楼のように。

ここで妄想モードに入るんだっけ。忘れた。

服を着たままベッドへ。でもちょっと待った!靴は脱ごうよ、靴は。

うん、でも眠ってる顔と目ざめるときのまぶたはきれいね。

はっ、いかん。見とれてる場合では。

着たままで毛布もかけないんだもん。しかも靴はいてさ。それじゃ熟睡できないって。悪夢も見るでしょ。森で迷子になる夢?

突然現れる第二のあっきー。ナレーター?本をパラパラして、ある文をみつけたように読み始めるんだけど、その本が見るからに真っ白なの。字を読んでる感じでもない。

雲があふれて自分を捨てる
なぜそれが雨なのか
人があふれて心を捨てる
なぜそれが歌なのか

魂はどこへいってしまったのだろう
心をどこに捨てたのだろう。
暗い眠りに入る前に歩き出さなければ

男は自らの記憶をたどり始める。

ごめん、意味わかんなかった。
これと、映像の合間に入るエジプト映像+字幕(永遠がどうとか再生がどうとか、空に太陽があるかぎりとか←それは言ってない)のつながりが見えてこない。

目がさめたら朝なのに、何か(眠る前に見た海の幻?)に追い立てられるようにして荷造りして部屋を出るときはもう夜なの。その青い照明は美しかったけどね。

そうだ!海へ行こう!(なのか?)

着替えのシャツはちゃんとたたんで入れないと皺になるよ。LPレコード(レトロシリーズ?)何枚か放り込んでたけど、プレイヤーがないと聞けないのに。(と思ったら後で浜辺に忽然と姿を現していた)
部屋の窓から南新宿のNTTドコモのビルが一瞬見えたような気がしたけど、周りの景色が微妙に実際の景観と違うような気がするので気のせいかも。

色彩のイメージ、昼間はモノクロに近いセピア、夜になるとカラー?

あかんです。どんどん長くなるです。

次はいよいよ問題のACT2。

« またスケートなんです。 | トップページ | 20万アクセス御礼 »

コメント

涙があふれて心を捨てる、にするところをひねったんでないの?
深い眠りという言葉が適当じゃない。きっとここを違う言葉にすればいいんだろうね。
かたくなになった心や、うつろになった心をいいたんだろうな。作者に一任。途中で諦めないで最後まで探せばいいのに。

hildaさんは、夜更かしをほどほどに。
睡眠不足はお肌の大敵よ。

は~い ^^;
いちおう夕べの特番の前後は寝てたんだけどね。

日本語だと主語が曖昧なんだけど、あふれて出てくるのは、雲でも人でも内側に抱えた何かなのかな、と。それが自分で持ちこたえられないほど重くなってあふれてくるんじゃないかな。と今は勝手に解釈。だから歌わずにいられない、とか。ね。

無理やりエジプトのイメージと結び付けようとするからわかんなくなっちゃうのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/5089478

この記事へのトラックバック一覧です: ベッドで寝るとき靴は脱ごう、靴は:

« またスケートなんです。 | トップページ | 20万アクセス御礼 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ