あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« リンク追加しました | トップページ | いのうえひでのりさん、お誕生日おめでとうございます☆ »

2007年1月24日 (水)

DIVINA BONITA の残り香がすっかり消えてしまう前に

とにかく書き始めてみる。

20%の記憶をたどって。

どこから始めようか?

あの日、打ちひしがれて帰宅する途中の電車の中でケータイメールが届いた。今日は来られなかったあっきー友からの「今日はどうでしたか?」
もちろん悪意などない。でも当然のごとく絶賛の言葉を期待されてるのがわかるだけにつらかった。「もう最高!」とか、「素晴らしかった~!!!」とか、「胸がいっぱいで」とか、素直に返せたらどんなにうれしかったか。このとき頭の中は「どうしよう、あたし、これをもう6回見なきゃいけないんだよね。しかも1回は遠征だし」って思いがグルグル。

わたしは深いため息をついてから、こう返信した。
「聞かないでください。いま一生懸命よかったところを思い出そうとしてるところ」

2006年11月22日(水) LIVE ACT「ブルードリーム」初日

よかったところ。

そうね。ACT3の新曲はどれも予想以上によかったかな。初めてじゃない曲もアレンジが変わってて印象違ったし。ACT1やACT2に比べれば声もずっとよく出ていた。
あれ?あんまり褒めないんじゃなかったけ?
うん、まあね。「好き」ってことと、楽曲として優れていると評価するってことは別だから。

あ、その前に、どうせ逆さレポなんだからACT4(笑)のこと書いておこう。
カーテンコールというより、初めから予定されてたみたいなあっきーのご挨拶と、アンコールというよりはおまけみたいな「I WILL GET YOUR KISS」。このパートが一番ほっとした。いつものあっきーらしくて。
初日はともかく結局最後までメモを手放さなかったのはご愛嬌というべき?「こんにちは…、今年ももう11月。お正月、お餅を食べたと思ったらもうクリスマス。早すぎますね…」ほら~、もうこっちの方が憶えちゃったよ。7回も聞いたら。
今年の予定、3月に「TOMMY」、「地方公演は調整中。大阪は決まったみたいです」8月に「エレンディラ」「ついにやります。なんとさいたま芸術劇場で」何が「なんと」なのかよくわかんなかったけど。こっちも最初は地方公演をほのめかすようなこと言ってたけど、いつからか言わなくなっちゃった。海外公演どうなったのかな。

このご挨拶は基本パターンに則って、毎日少しずつ違ったわけだけど、だんだん長くなって脱線してってなかなかバンドメンバー紹介までたどりつかなくて、ちょっとハラハラしたな。これもいつものことだから笑って見てられたけどね。

いかん、初日レポからわたしが脱線してる。

初日の「I WILL GET YOUR KISS」は、アドリブはなかった。と思う。でもよかった。安心して聞いてられた。
でも本編じゃないところが一番よかったって、どうなのよ?

そろそろACT3に戻って。

衣装はACT1と同じ黒レザーコート。ただしベルトは後ろ。
下に白いVネックのセーター。パンツも白。スニーカーも白。

■情熱と真実の間

あ、これがうわさの「♪情熱と~」ね。悪くないじゃん?ちょっと歌謡曲っぽくなくもないけど、すぎやまこういちとか宮川泰とか嫌いじゃないので。

どこからか鳥の声、虫の声、カエル?の声。あっきーもバードコールを使って小鳥の声を出そうとするんだけど、かなり苦戦(笑)
ここは森の中をイメージさせようとしたのかもしれないけど、どうかな?あまり成功してなかったかも。それで何をしたいのかも不明。

■Sadness
■ブルースカイ

この2曲はわたしの中では双子なんです。繰り返される日々のささやかな喜びと悲しみ、誰にも言えない心の痛み。そんな誰にでもある普通の気持ち、当たり前だけどあっきーだって知ってる。それが素直に伝わってくる。その不器用さが愛しい。

■Lonely Man

披露宴で初披露した歌。あのときはなんだか独りの部屋で壁に向かってつぶやいてるみたいな寒々とした印象だったんだけど、今日は…、
え、そんなに寂しい?ああ、もういいのよ、そんなに苦しまなくて。わたしが抱きしめてあげるから~<ボカ☆
って思わず歌の世界と本人とを混同してしまいそうになるくらい慟哭しちゃってる。舞台でのシャーマン系演技を彷彿とさせて、物語の一部のように感じさせる力はさすが。

■FOREVER AND MORE

タワレコでちょこっと弾いて歌ってくれた歌。実はこの歌が一番好き。英語の歌詞も(珍しく)一発で胸に落ちた。何かすっと心の隙間に暖かい風を吹き入れてもらったような気分。
正直いって、この歌の中の「永遠の愛」なんてもう信じられないくらいには世間擦れしてるけど、あっきーなら、こういう愛し方もありかな?なんて。
でも幻なのよ。たいていの恋愛って単なる勘違い(笑)だから、気をつけてね。
ほんとに一番好きなのか?>自分

一度奥からはけるときすごい音がしてたので、ひょっとして何かにつまずいた?と思ったら手を切るくらい激しく転んだらしく、カーテンコールで痛そうにしてました。(でも翌日からも絆創膏もせず生傷見えたのがちょっと痛々しかった)
次に下手から現れたと思ったら、白いアンゴラ風セーター、白いパンツ、白スニーカー、白いモヘアのマフラー。全部真っ白って、何?全身白で許されるのは新郎と西条秀樹だけ、って昔友だちと笑ったことを思い出してしまった。

■BLUE DREAM

この歌も変わった。福岡ではクラシック系のストリングスと浅野さんたちのバックがあって、キラキラした派手目の曲かと思ってたけど、今回のアレンジは、あっきーの歌を最大限聞かせるように工夫されてる感じ。そしてこれは逆に、最初に思ったエジプトが舞台の物語ではなく、あっきーの心の旅物語になってた。というようなことは、またさらに後になって、いろいろな言葉を考え合わせてやっと気がついたんだけどね。

う~ん、ダメだな。これじゃ終わらないよ。それにこういうことが書きたいんじゃないし。

やっぱり最初から映像こみで語らないとダメかも。
長々とここまで読んでくださった方、ごめんなさい。ちょっと仕切りなおし。

でももったいないから残しとく。

« リンク追加しました | トップページ | いのうえひでのりさん、お誕生日おめでとうございます☆ »

コメント

まだ~?
もう寝ちゃうよ。

あ、ごめん。お風呂入って、いま下書き広げたところ ^^;
明日読んで~。おやすみなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/5053784

この記事へのトラックバック一覧です: DIVINA BONITA の残り香がすっかり消えてしまう前に:

« リンク追加しました | トップページ | いのうえひでのりさん、お誕生日おめでとうございます☆ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ