あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「TOMMY」プレリザーブ受付中 | トップページ | ヘナ・タトゥー »

2006年12月 8日 (金)

Many many thanks to you, the best friends of mine

この記事、書きかけのままアップできないでいました。遅くなってごめんなさい。

折にふれ、お友だちってほんとにありがたいなーと思いますが、またまた。先日の訳詞、著作権と翻訳権について複数の方からご連絡、ご教示いただきました。ありがとうございます~。
手っ取り早く言うと、たとえ素人だろうと非営利だろうと、翻訳を公開するには原則として原著作権者の許可が必要なんだそうです。でもその著作権者からの訴えがなければ罪には問われないのだそうで。
ってことはあっきー自身からクレームがつかなければ大丈夫ってことよね。
一応御本人にも送ってみましたが、今のところ苦情のお返事は来てませんのでたぶん黙認してくれたか、無視されたか(笑)

というわけで、ご心配おかけしました~。お気遣いくださってありがとうございます。

もうひとつは、ブルドリのトークであっきーが言ってたいのうえひでのりさんとの対談記事が掲載されたぴあプレミアムメンバーズ会誌「アワビ」のこと。わたしぴあカード持ってないんだけど、、これまた複数のお友だちから「持ってなかったら送るよ~」って言ってもらえて無事ゲットすることができました。感謝!

ひとりなんかあっきーファンですらないんですが、わたしが中川晃教好きって知ってて、知らせてくれたんです。
わたしの好きなもの(こと)、それぞれ別々の友だち、クロスする友だちいろいろですが、畑違いの友だちが気配りしてくれるのってすごくうれしい!
スケートファンの友だちがあっきーに興味を持ってくれたり、あっきー友がバレエに興味を持ってくれたりすると、なんだかご縁結びができたみたいで、ものすごくうれしいんです。もっとも「ダーリン」のファン仲間からはあっきーのことは(どこがいいのか)なかなか理解してもらえないんですけどね(笑)

それはそうとこのぴあ「アワビ」ですが。

なんでそんなに無防備な笑顔をさらすかね?しかも表紙で。口開きすぎですから(笑)隣のいのうえさんが少し苦笑してるっぽく見えるのはわたしの気のせい?よっぽどうれしかったのかな ^^
あっきーは黒ジャケ、黒シャツ、黒パンツ(ジーンズみたい)、右手にブレスレット、左手にペイントなし(笑)こっちの取材の方が後だったのね。いのうえさんはアイアンメイデンのプリントTシャツ。髑髏模様のキャップ。ベタやな~。

中の記事は3ページで、扉写真がまた妙にうれしそうで(笑)
対談の内容は、具体的に書いちゃうとまたいろいろ問題あるかもしれないけど、印象に残った言葉はこれ。

いのうえさん「『SHIROH』は物語の力を軸にして劇世界がうねっていったけど、『TOMMY』に関してはもっとこう、ぐちゃっとしてたほうがいいんだろうなとは思うね。この作品はたぶん、普通に整えてしまったら面白くない。もっと圧倒的な、イメージの奔流っていうのかな。いろんなテイストのビデオクリップを一気につなげたような感じにしたいなと。」

いのうえさんの映像センスは信用していいと思うので、これは期待できそう。(いや別に誰かと比べてるわけでわ;)

あと最後の方でいのうえさんが、70年代にあふれていた(寺山修司に代表される)アングラ文化の濃密な空気感を舞台とリンクさせたい、って話のとき、あっきーが「いいなあ。僕その頃まだ生まれていないんですよ」って皮肉でも嫌味でもなくすっと言えたのが笑えた。

2006年に生きる僕らが未来の人たちに何を残せるだろう(…中略…)今の時代を生きる、僕らにしかできない『TOMMY』…過去ではなく、遠い未来を見据えるための舞台になりそうな予感」これあっきーです。

70年代、当時の若者たちがまだ「僕らの力で世界は変えられる」と信じられた時代にいのうえさんが出会った「TOMMY」。この閉塞感に満ちた現代でどのように見せてくれますか。楽しみにしています。

ところでタイトルに使ったのは、この歌のもじり。

♪…Everybody needs to be needed
 Everybody wants to be wanted…

いまこの歌がお気に入りなんです。竹内まりや+松たか子=「みんなひとり」テレビドラマ「役者魂!」の主題歌。
歌詞はこちらからどうぞ。こんなサイトがあるんですね~。便利だわ。
しかしはっきり言ってこのドラマ、これだけ役者そろえておいてどうしてここまで?っていうくらい目も当てられないほどつまらないですが、最後にこの歌聞くために見てます。竹内まりや自身による挿入歌「スローラブ」もけっこう好き。

« 「TOMMY」プレリザーブ受付中 | トップページ | ヘナ・タトゥー »

コメント

素敵な訳詩でした。
どちらも良かったです。
永遠は少し発音しにくいですが私は どちらを選ぶと聞かれたら「永遠」かな(笑)

「アワビ」は表紙だけ見ましたが思いっきり笑顔ですね。tommyを演ずる喜びでしょうか?いのうえさんとの再会の喜びでしょうか。かわいかったです。

こうしてhildaさんとネットの中であれ、リアルであれ、お話出来る機会に巡り会えた事、本当に嬉しいです。アッキーにも感謝!

遅くなってすみません~。
あっきーには「永遠」が似合う(爆)、とわたしも思います。
わたしもJTさんと知り合えてうれしいですよ!あっきーが結んでくれた人の縁、大切にしたいと思います。
アワビの笑顔、屈託のないとはこういうことか、ってほんと子どもみたいに笑いますよね。だから好きでもあり心配にもなるという、このビミョーなファン心理(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/4452425

この記事へのトラックバック一覧です: Many many thanks to you, the best friends of mine:

« 「TOMMY」プレリザーブ受付中 | トップページ | ヘナ・タトゥー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ