あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« Many many thanks to you, the best friends of mine | トップページ | 「TOMMY」FC先行 »

2006年12月 9日 (土)

ヘナ・タトゥー

エジプト・アラブ・インド好き放浪癖のある同僚に、インドにもヘナによるボディペイント(ヘナタトゥー)があると教えてもらいました。メヘンディというそうです。旅行中にしてもらった写真を見せてもらったんですが、あまりにも細かすぎて、きれいというよりちょっと気持ち悪いかも~(ごめん)
夏にご紹介した福岡のインド雑貨屋スンダルさんのサイトを久しぶりにのぞいてみたら、前は気づかなかったのですが、ヘナタトゥーのページがちゃんとありました。
材料と道具そろえて自分でもできるんですね。ステンシルならさらにお手軽そうですね。転写式のインスタント・メヘンディというのもあるみたい。これは簡単!
でもお店でプロの方に描いてもらってもお手ごろ価格。こちらは福岡のお店みたいですが、東京にもあるかな。
ちょっと検索してみたらわらわらと出てきました。こことか。けっこうポピュラーなんだ?

« Many many thanks to you, the best friends of mine | トップページ | 「TOMMY」FC先行 »

コメント

それて、アッキーが、やってもらったの?あれって、結構いつまでも、残ってるよね。オレページのアッキーの腕に、茶色ぽっくあったもんね。あのお店だけかと思ったけど、結構あるんだ。やってくれるとこ。ちょっと、複雑な図柄だよね。見る人によっては、う~んかも…

アッキーが描いてもらったのは、ホルスの目っていうのでしたでしょうか。印象的でしたね。
もっと茶色がクッキリしていたら綺麗かも知れませんね。ボヤッとしていて打ち身かあざに見えちゃうかも・・・折角だからはっきり表れた頃の様子が知りたかったです。

スンダルさんのサイトにも書いてありますが、これって翌日くらいが一番濃く表れて、それからだんだん薄くなっていくみたいですね。

>JTさん
ホルスはエジプトの神様ですよね。
打ち身かあざ…確かに(笑)

>テイアさん
エジプト流とインド流、どこが違うのか、図柄の傾向だけなのか、わかりませんが、都内にもけっこうお店はあるみたいですね。

ヘナタトゥは大体が一週間から10日ぐらいは残ってますよん。
ただ、その部分だけは絶対に石鹸でゴシゴシ洗ってはいけないんですけどね(笑)
皮膚染めなので、ボディソープではいちころに消えてしまいますから。
ヘナの種類によって色が濃くなったりしますけど・・・。
あとは染める場所。手の甲や足の甲は皮膚が薄いので染まりやすいです。
もともとは儀式の際の女性のお洒落の一部だったような・・・(インドね)
実は自分はヘナタトゥやったことあるので(笑)
でも最新のスーパーヘナを使っても綺麗に染まってくれなかったので(色が黒いから・爆)今年はハーブタトゥに変更。
これはヘナが茶色ならハーブは青。
安いタトゥを入れたみたいなカンジかな。
これも10日もったかな・・・。
ちなみに、ヘナタトゥをした場所だけは紫外線を通さないのでその部分だけ日焼けしないんですよ(笑)
日焼けしたくないなら全身やるといいらしい・・・って、ヘナタトゥをやってくれたおじちゃんは言ってたけど(爆)
誰もいないって・・・そんなのする人(笑)

ってことでヘナタトゥに釣られてきました(爆)

ヘナってインドだけのものだと思い込んでました。
昔、インド人のクラスメイトが、手と足に一面唐草模様?みたいなのをつけていて、思わずまじまじ見ていたら、「結婚が近いので、一族の女の人たちが集まって、この模様を描いてくれたの」と教えてくれました。
でも私には鱗?みたいに見えてとにかくびっくりでした。
でも、もっとびっくりしたのは、「結婚相手とはどこで知り合ったの?」と尋ねたら「親が決めたのよ」と真顔で言われたこと。
それこそサタジット・レイの映画とかが頭の中で渦巻いちゃいました。
ということで…ヘナから連想したこと。

明日のために早く寝なきゃ。

おぉ、梅さんいらっしゃい ^^
ヘナタトゥーのこと詳しくありがとう。
やってみたことあるんだ?
青いのもあるの。へぇ~。
あっきー、お気に入りのボディブラシでごしごしなんて、まさかね?(笑)
ちゃんと説明くらい聞いてるだろうし。
インドではお嫁さんが大切にされてる証拠としてチェックされたりするみたいですね。(水仕事したら落ちる)
日焼けしないように全身タトゥーって、単に全身にヘナパウダー塗りつけるってことか?(爆)

>petraさん
明日名古屋ですか~?早く寝なきゃ!
がんばって風邪治して(笑)
インドの本格的なやつって、確かにちょっと不気○ですよね。(なぜ伏字)そういえばインド映画って結婚が題材になってることが多いような気がするけど、このタトゥーはあんまり印象に残ってないなぁ。そんな場面なかったのか?サタジット・レイでも「踊るマハラジャ」でも ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/4486171

この記事へのトラックバック一覧です: ヘナ・タトゥー:

« Many many thanks to you, the best friends of mine | トップページ | 「TOMMY」FC先行 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ