あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「TOMMY」ぴあインタビュー | トップページ | ROLLYさんからメッセージ動画 »

2006年12月20日 (水)

変化?進化?心の旅の果てに

2週間(とちょっと)ぶりのライブアクト「ブルードリーム」神戸最終日で気がついた変化を中心に感じたことをつらつら書き出してみました。わたしの「感じ」ですから印象だけで間違ってるところもあると思いますが。

まず映像が全般に暗くなったような気がします。モノクロ画面がコントラストそのまま明度だけ落とした感じで薄暗がりで見てるような。カラー場面では彩度が落ちて赤いコートの女のコートがセピアがかって見えた。わざとなのか、会場の映写機の調整具合なのか。あとどこがどうってはっきり識別できないんですが、少し編集されてるような気もしました。

ACT1の映像最後で男がいなくなって空っぽの部屋、重ねてちり~ん、と鈴の音がしてたのが波の音になった。ざざ~っという音が最初テレビ画面の砂嵐かと思ったけど、引いて返す音で潮騒だとわかった。映像の中のトランク、舞台上にあったみたいですが、ここからもう見えてましたか?このときはまだ気づきませんでした。

「COUNT UP MY LOVE」の前の電話コールが短くなった。東京では、全部数えたわけじゃないけど、19~23回でした。今回は11回。半分くらい?イライラ感を出すためとはいえ20回はちょっと長いからこのくらいでちょうどよかった。(ちなみに我が家は7回で留守電に切り替わります)

たぶん「Without You Girl」だったと思うんですが、ため息や口笛をまじえてて、これまで聞いた中で一番つらくて懇願調の歌い方とも相まって、ゾクゾクするくらい色っぽかったです。こういう無意識のときの方がフェロモン発生してるって、本人は気づいてないだろうな。

「LISTEN」の前に黒いジップアップジャンパー着るところはトランクから出してました。他に何が入っていたかまではチェックできませんでした。

ACT2、ベリーダンスの衣装からリブ(っていうのか知らないけど骨)付きの白いショールが消えました。ジュディ・オング「魅せられて」じゃなくなった。代わりにっていうか、前は途中でからめてた白いジョーゼットみたいな布を初めから衣装に着けてた、と思う。このへんの段取り?はあまり記憶にないので。下に着てた露出度の高い衣装は、東京での2着目かと。

カーニバル~マタドールのあっきー衣装も変わりました。黒丸首フリルカラーシャツ+茶系ベルベットのテーラーカラージャケ+フレアカラーレザーベストだったのが、下のシャツが白地に淡い水色のピンストライプに、赤いタイを前立てからのぞかせて。パンツは金茶のベルベット風光沢のあるニッカーボッカーみたいのから脚にぴったりした、赤と白と黒?細かい幾何学模様のパンツに。ブーツも黒の編み上げからキャメルのオーバーニー。色とかデザインとか素材とか、パッと見た目で書いてます。こんなんで伝わるかしら。そのうちきっと梅さんが描いてくれることを期待しつつ。
前の衣装はセドリック風といいますか、上は二重のヒラヒラに下はおぼっちゃまパンツで、スパニッシュ踊るにはかわいすぎると思いましたが、今度のがいくらかましかと言われればやっぱりまだビミョー(笑)
あと、東京では黒いチュールの布をムレタ(闘牛士の赤い布ね)風に扱っていましたが、なぜか黒地に金ラメのロングマフラーになってて、それを歌うときマイクに引っ掛けて垂らしてました。

この場面、衣装だけじゃなくダンスも変わりました。あっきーが歌ってる間にフィリスさんがそばに寄って関係なく(笑)踊ってたのが、ちゃんとあっきーの方から手をとって引き寄せたりくるっと回してみたり。ま、ほんの一振りなんですが、だいぶ自然にはなりました。でもどうせならあともう一歩踏み込んで、足をからめるくらいせんかい!と心でツッコミ入れてました(笑)
進化はその前、ん?後かな?フィリスさんが一人で踊る姿をながめてるあっきー、東京では舞台下手袖のあたりから好奇心丸出しの小学生みたいな表情だったのが、フィリスさんの後ろに回って客席に向かい少し挑発的な眼差しを向けてたこと。いくらかでも「男の欲望」(爆)を表現しようと努力してたことだけは認めてあげましょう。

途中で上着を脱ぐと、下の白ピンストシャツは、肩と衿と袖口(ポケットもだったかな?)がウェスタン風の切り替えになってました。このときかな、髪をかきあげてうなじを見せるような仕草。ドキ☆ ほらまた~。自覚してないんだから。「灰色の雨」の後で髪を下ろすところも実はかなりツボ。

「Don't Change My Soul」の「夜鳴きウグイス」のところで小さく口笛。気のせい?

ACT3については演出上の大きな変化はなかったと思います。っていうか、この頃にはシャレにならないくらい具合悪くなってまして ^^;; 吐き気と胃痛を耐えるのに精一杯で半分以上記憶にない。
「Sadness」のところで手拍子を誘うような、耳をすますような仕草。マタドールのところでも手拍子起きてましたが、ここでもなんだかライブのノリ。(ライブですから~)
バードコール入るところの照明が激しく眩しくて、死にそうに。具合悪いとき目を直撃されるとつらい。なんとか最後まで座っていようと思ったのですが、ついに「Lonely Man」のあと退席してトイレに駆け込みました。そういうわけで「FOREVER AND MORE」は壁越しにかすかに聞く羽目に(泣)
でも危なかったです。もうあと一分一秒の猶予もならないところまで来てましたから。
「BLUE DREAM」のときにはまたホールに戻ってましたが、悪いので自分の席ではなく一番後ろの席に座ってました。
あ、そうか、「I WILL GET YOUR KISS」のときやけに遠かった気がしたのは一番後ろの席だったからね。ラブラブビームははるかに届きません(笑)

そうだ、最初に書くべきでした。世田谷パブリックシアターのような剥き出しのセットはなくて、ただの黒い背景になってましたね。

この日のあっきーの歌声。一言で言うと「重かった」。
たくさんの方がこの日が最高っておっしゃってるので気が引けるんですが、わたしには伸びも艶も透明感もなくて、ただ疲れた声に聞こえました。…ぎゃー、ごめんなさい、ごめんなさい。違うよね。疲れてたのはわたしの方。だからよく聞こえなかったかもしれないです。
でもこれだけは言える。音悪。なんか変な響き方してあっきーの声を殺してた。わたしの席はちょうど客席の真中へんのセンターブロックだったから、音響的に聞こえが悪い位置ではなかったと思うんですが。う~ん、それも気のせいかな。ごめん、だんだん自信なくなってきた。及び腰ならわざわざ書くなよって?すみません、でもこれが正直な感想。
とにかくですね、わたしの耳には全体的に初日とどっちかっていうくらい声出てないように聞こえたし、音も調整不足に聞こえたんです。こういう人もいたってことでどうぞご勘弁を。

その代わり、気合は入ってました。声に力がかかって苦しそうなんだけど、それが今回のライブアクトのテーマ、「虚しさ~恋しさ~革命~自戒~愛しさ」というキーワードとリンクして妙な迫力を生んでいたことは確か。それをいい方にとらえれば感動できたのかもしれないんだけど。
なんだか痛々しくて、見てても聞いててもつらかった。

たぶん、わたしが求めるあっきーの歌声のレベルが高すぎるのかもしれない。だけど、今まで何見ても聞いても期待が裏切られたことなかったんだよね。去年の渋谷クワトロライブだって。(あ!ちょうど1年?!)
だからちょっとだけショックだった。
失望したわけじゃなく、もちろん嫌いになったわけでもなくて。ただ、「ああ、そうなのか」と。
ライブなんだからこういう日もあるんだなって。
あっきーだって人間なんだし。機械仕掛けのナイチンゲールじゃないんだから。

個人的には東京公演11/24が一番よくて、もうそれだけでありがとう~~~!!って感じなんだけどね。
神戸で最後の「BLUE DREAM」歌い終わったあとの感極まったかのような表情。ほっとして、全部やり遂げたって顔してた。
大好きだけど、あ~、だけどほんとはプロなら見せちゃいけないんだと思う。その無防備な顔。
大好きだけど、でも違~う!最後に満足するのは客席のみんな。あなたじゃなくて。
大好きだけど、そこだけは譲れない。これがわたしのファンとしての距離の置き方なんです。
ごめんね、絶賛できなくて。

わたし立てなかった。スタオベ始まったとき。最後なんだから今日の出来に関わらずご祝儀代わりにでも立てばいいのに。できなかった。正直すぎ。

表現者としての中川晃教を愛してる。その歌声と物語の表現力を。わたしが見たいもの聞きたいものはやっぱり舞台の上にあるんだ、きっと。
シローじゃない中川くんには興味ないって、切り捨てた友だちはきっと正しい。わたしもそんな風に割り切れたらいいのに。でもダメ。だってその声聞きたいもん。何でもいいから歌ってる声聞きたいんだもん~~。(地団駄)<おもちゃ買ってほしい子どもかい?

だんだん訳わかんなくなってきたところで続く。(続くのか~??)
あ~、タイトルまでたどり着いてなかった、ごめん。

« 「TOMMY」ぴあインタビュー | トップページ | ROLLYさんからメッセージ動画 »

コメント

はじめまして。
はじめて書き込みします。
どうぞよろしくお願いします。
12月13日のライブアクトの時、わたしの前に座っておられた方がhildaさんだったんですね。
途中で急に退席されてそのまま戻って来られなかったので、「きっと新幹線の時間が迫っているのね。」なんて思っていました。
わたしは視界が開けて良く見えるようになったのですが、体調を崩されていたんですね。
もう回復されたようで良かったです。
わたしはぬる~いあっきーファンですが、hildaさんのブログからいろいろ情報をもらっています。
どうもありがとうございます!

hildaさんを擁護(なんのため?)するわけではないですが、名古屋以降声でてなかったですね。

ただそれをはねかえすというのがいいかわからんけど、気合いだけは大楽に向かってドンドン上がっていた感じがします。

それとワタシはそんなに気にならなかったんですが、神戸のあの会場は残響が多くてお芝居などでも聞きにくいことがあるそうです。

> yo-shoさん
初めまして、いらっしゃいませ!
まあ、なんと!お近くの席だったんですね。その節は演奏中に失礼いたしました。緊急事態(笑)ということでお許しください。
温かいお言葉ありがとうございます。こんな気分しだいのブログで、もし何かのお役に立ててるようでしたらうれしいです。またいつでも遊びにいらしてくださいね。

>い...さん
援護射撃?をどうもありがとうございます。
確かに楽はテンション高かった。体中からふりしぼるような絶唱はある意味感動的と言えなくもなかったです。
会場の残響のこともありがとうございます。自分の耳に自信かったんですが、少し気が楽になりました。

なんか呼ばれたみたいなんで足跡つけてみた(笑)
そうか。音響は悪かったのか(おいおい)
12日は2列目上手のスピーカーの前だったけど綺麗だったんですよぉ。あんなに近かったのに。
でも他人様の意見は全然違うみたいなんで、まだお酒残ってたのかな?(爆)

ってことで早く描かねば(爆)

梅さん

スピーカ直撃だったので、かえって他の音が入ってくる余裕がなかったのでは?

ま、私も気にならなかったので実際のところはよくわからないですけど。

>梅さん
お呼び立てしてすみません ^^;
イラスト期待してますから~。
音の聞こえ方って人それぞれなんでしょうか。位置だけじゃなくてやっぱり聞く人の状態が問題かも。何しろわたし、あの日はちょっと下見ただけでぐるぐるしちゃうくらい貧血気味だったので ^^;;; おまけに前日の寝不足。っていうより全然寝てないし(笑)
ええ、そうですね。だからきっとわたしが悪いんです。はぁ。>い...さん

13日公演後「スッゴク良かったですね~」って思いっきり笑顔で話しかけた時のhildaさんの何とも言えないがっかりした顔が思い出されます(笑)
私が東京公演で記憶にあるのはアッキーの声にかかるエコーが結構強くて「おっ!井上クンのコンサート並にエコー効かしてるやん」と思った事でした。そのエコーが神戸では控えめだったように思います。(詳しくはわからないですが)
私も12日は席が上手前方でアッキーの声そのもが大変クリアに聞こえました。でも下手前方に座っていた友人は「音割れが酷かった」とも。13日は下手のスピーカーがハウリングを起こしてたのでアッキーも気にしてましたよね。

帰りの飛行機の中でも気持ちがきっと曇りだったのでしょうね。そういう時って悲しいですもん。11/23の東京公演から帰る新幹線車中、とっても沈んでいた自分を思い出します(爆)

>JTさん
お気遣いありがとうございます ^^
でもわたし、そんなあからさまにがっかりした顔見せちゃったかしら。失礼しました~。
7回もリピートしておいて、文句言ってたら贅沢ですよね。あんなに浴びるようにあっきーの生歌聞ける機会なんて、これから先もそんなにしょっちゅうあるとも思えず。いまだにあっきーCD聞けずにいるくらい、圧倒されまくってる自分もまた事実。声が絶好調でなくてもあの表現力。まだまだ期待してますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/4628409

この記事へのトラックバック一覧です: 変化?進化?心の旅の果てに:

« 「TOMMY」ぴあインタビュー | トップページ | ROLLYさんからメッセージ動画 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ