あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« エジプト展長崎へ | トップページ | 「SHIROH」DVD売上が年間1位 »

2006年12月24日 (日)

ブルドリ椅子物語

あっきーはもうすでに次の「出会いと別れ」に向って突っ走り始めたみたいですが、こっちはまだまだブルドリネタいきますよ。まだ解放してあげな~い(笑)

いや~、世の中には同じものを見てても目の付け所が人によって全然違うもんだな~という話。あっきー友のNちゃんから教えてもらいました。(ありがと~♪)

白ニット男のアンニュイな日常を映し出していた映像から突然切り替わって画面に現れる椅子。黒ジッパーあっきーが座るその椅子は、Herman Miller社ってところのCharles & Ray Eames(ご夫妻のようですね)というデザイナーによるアームシェルという椅子だそうです。
このデザインの椅子はすでに製造終了しててヴィンテージものとして、かなり高額で取引されてるようですね。ちょっと検索するとすぐにみつかるのですが、座面が白っぽいファブリックでベース(脚)がコントラクト・ベースという組み合わせはどうしてもみつかりませんでした。白いプラスティックのやつはいっぱい出てくるんだけどね。
ファブリックだけ張り替えることもできるみたいなので、もしかしたらオリジナルかも?
このダークブルーのファブリック、コントラクト・ベースが一番近いかな~。それともレザー&ファブリックのこっちかな。キャスター付きだったかもどうかよく憶えてないんですが。DVDでチェックしよう。
楽天サイトのこことかこことかでイームズについての簡単な説明がありますのでご興味おありの方はどうぞ~。

一方、白ニットのあっきーが最後にシャッターを切る場面の椅子は、フリッツハンセン社、アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)のThe Antシリーズ、通称アリンコチェア(Arinco Chair)のというらしいですね。
現行品4本脚、これはナチュラルですが、映像では白でしたよね。
これはオリジナルの3本脚
ただ、最初から座ってるからちょっとわかりにくくて、Nちゃんによるともしかしたら、セブンチェアかも?ということです(もうひとつ教えてもらったの何だっけ??)

いずれもミッドセンチュリーを代表するモダンファニチャーの有名なデザイナーさんだそうです。インテリアなんて普段あんまり興味ないから全然知らなかった。椅子のデザインだけじゃなくて、脚にもエッフェルとかキャットクラドル(猫のゆりかごってカート・ヴォネガットJr.だね)とか名前(種類)があるなんて。調べてたらかわいいデザインの椅子がいっぱい出てきて、思わずどっぷり(笑)
新しい世界が開けましたわ。Nちゃん、尊敬!ありがとね~。
DVD出たら、浜辺の椅子チェックもよろしく♪

というわけで、映像そのものの話に入る前にすごいディープな世界に連れてかれちゃいました~(爆)
つまり何が言いたいかって、あの生活感のないインテリアにも選んだ方のこだわりが反映されてたんだなってこと。う~む。

どうでもいいけど、ブルードリームならぬブルーオーシャンカレッタ汐留で明日まで。見に行きたいよ。

最後にあっきーに贈るブルークリスマス。幸せな朝を。みなさまも。

Bluechristmas

« エジプト展長崎へ | トップページ | 「SHIROH」DVD売上が年間1位 »

コメント

なんか私なんか、映像とアッキ-見るだけでせいっぱいで、椅子なんて、なんであんなにいっぱい海岸でならんでるの?くらいしか考えなかったよ(笑い)むしろ冷蔵庫レトロとか、トランクとか、レコード盤なつかしい。後照明。でも、メーカーまでわかりません(爆)お友達凄いね。でも、そいう面でも、楽しめるのね。早くDVDでないかなあ…

>テイアさん
冷蔵庫は確かに丸っこいデザインのワンボックスでかわいかったですね。あれもきっと名前があるんでしょう。レコードプレイヤーも旧型で、メーカー名確かめようと、10倍の双眼鏡(笑)でチェックしたけど読み取れませんでした。
わたしが他に目を引かれたのは、机の上のタイプライター。PCじゃなくて、電動ですらないタイプライター。わたしが学生時代に使ってたのにちょっと似てる。オリベッティじゃないかな~と思うんですが、残念ながらロングでしか映らないので不明。
わたしもどこ見てるんでしょうね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/4665747

この記事へのトラックバック一覧です: ブルドリ椅子物語:

« エジプト展長崎へ | トップページ | 「SHIROH」DVD売上が年間1位 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ