あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« Trick or Treat! | トップページ | また無口に »

2006年11月 1日 (水)

フラメンコとかゴスペルとか「試験」とか

あっきーが見学したアントニオ・ガデス舞踊団の公開レッスン これかな?
10月7日(土) NHK/BS2 週刊シティ情報内で映像流れたそうです。残念、この日はチェックしてなかった。
なんか不思議だなぁ。いつもマリインスキー(キーロフ)の来日公演のときだけだけどお世話になってるジャパンアーツのサイトであっきー関連の記事探してるって(笑)
新宿文化センター、10月は2回通ってるし。
またこっちのテリトリに入ってこないでよ~。(自己中?)
でもこの冬の公演は無理。11月の散財(あっきーだよ)で余裕ないもん。前回の来日公演のときも仕事でだったけどせっかく取った白鳥見れなかったし、わたしきっと一生ロパートキナの白鳥見られないんだ~(泣)せめてヴィシガラくらい見たかったよ~。

以下細かいネタいろいろ。

■カード会社の取り扱いチケットの中に「BLUE DREAM」ありました。アフタートークと楽日以外になりますが、わたしのところだと、Nカードで7500→6750円、Oカードでは、7500→6500円と割引になってます。もしチケットまだの方や追加しようかな?とお考えの方、ご利用のカード会社でお取り扱いないかどうか確認してみてください。これまでの経験だとカード会社の枠って、けっこういい席持ってること多いので。

■もうとっくに旧聞ですが、ビリー・エリオット(映画「リトルダンサー」のミュージカル版)のビリー・ファーストキャストの子がホームシックでミュージカルもバレエもやめて実家に帰るというニュース
この中にちょっと懐かしい言葉をみつけました。
「普通のスクールボーイになってGCSEを受けるために勉強する」
英ロイヤルバレエスクールで受けられる年間28000ポンド(約560万円)の奨学金を捨てても「普通の男の子」になりたかったんですね。この「試験(GCSE)」を受けられず「普通の男の子」になりそこねた少年の人生をふと思い浮かべました。あれはまだほんの3ヶ月とちょっと前だったんですよね。「OUR HOUSE」なんだかもうすでに何もかも懐かしい。

■これももう先月の中旬くらいのことですが、ブラックゴスペルのライブコンサートというものに行ってきました。たまたま通りすがりというか、その日発売のCD買いに池袋のHMV行ったらチラシ配ってて、時間的に都合よさそうだったので急遽参加。
某楽器屋さん主催の音楽教室のイベントで無料だったんですが、これがとっても楽しかったんですよ。やっぱり声出して歌うって気持ちいいですよね。
きっとプロの歌手の方なんだろうけど、このイベントでは教室の生徒さん募集という性格上、朗々と聞かせるというより「歌いたくなる」ようにのせるのがとっても上手でした。
それでね、何がびっくりしたって、歌い方があっきーそっくり!
語尾にウェーブ付けたり(なんていうの?)合間にホゥとかワォとか入れるところが。わたし音楽のジャンルにうとくて、あっきーみたいな歌い方する人他に知らなかったから、すごい新鮮でした。
資料によるとこの先生はゴスペルだけじゃなくてソウル、リズム&ブルース、ジャズ、ブルース、ヒップホップ、ラップその他何でも歌えてCMにも出てるし、杏里とかB'sとか上田正樹とかとお仕事もしてるんだって。
9曲歌ってくれて、ほとんど知らない曲だったんだけど「Dance With My Father」っていうのと「Open Arms」っていう歌が好きでした。
正直に言わせてもらうと、歌はあっきーの方がうまいかも?と思った不遜なわたしですが、何かあっきーとは違う心地よさがある、と思ったら英語が本物だった(爆)黒人のアメリカ人でしたよ。アフリカンアメリカンっていうの?ポリティカルライトネス的には?
あと、もしかしたらこの方、歌うより踊る方が得意かも?と思わせるような素晴らしく歯切れのよいリズム感。
それとなんていうんだろう?高音の伸びとかはあっきーの方がきれいなんだけど、止めどころを弁えてるっていうのかな。あっきーって時々、もういいよっていうくらい伸ばすでしょう?それはそれですごいことなんだけど、この先生の歌い方だと、ちょうどいい頃合?落ち着くところに落ち着くって感じ。

ごめん、うまく言えない;;

そしてわたしはゴスペル教室の生徒に?いや、それはちょっと保留 ^^;;
一緒に歌った「Oh Happy Day」「Sukiyaki」(上を向いて歩こう)は楽しかったし、綿花畑から始まったブラックミュージックの歴史とかお話も興味深かったけどね。

« Trick or Treat! | トップページ | また無口に »

コメント

Open arms って、まさか、ジャーニーの?
何でも歌うっていうから。
Oh,happy day はもちろん、ウーピーの天使にラブソングをで最高に気持ちのよかったあれですよね。だいすき。

わー、ロパートキナちゃんの話題だ。きゃー、嬉しい。
えっと、パレエは全然詳しくないんですけど・・・(汗)
前回のマリインスキー来日公演以来のファンなのです。
ギエムやニーナのようなこれでもか!というような
踊りも大好きですけど、ロパートキナのアダージォに
惚れ惚れ♪の私達なのです。ダーリンもぞっこん。(笑)
あっ、でも、せっかくなのに行けないんですね。
hildaさんならご存知とは思いますが、12月にBS2で
ロパートキナの「白鳥の湖」をするのも楽しみです。念のため。
 12月16日 (土)00:30~04:20 マリインスキー劇場バレエ団公演
私達は12月の「白鳥の湖」に行く予定です。
友達と「ロパートキナのすべて」も観る予定でしたが、
こちらはお仕事が入ってしまって泣く泣く諦めました。
その分で世田谷に行ける??かなと思案中のところです。
ミュージカル版のビリーも観たいんですよね~。
今年はUKに行けなかったけど、来年は観れるかな?
ゴスペルいいですよね。「Oh Happy Day」は歌ったら気持ちよさそう!
好きな話題ばかりで長々と書いてしまいました。(汗)すみません。

>mojoさん
わ~い、元気??
うーんと、ごめん、わかんない ^^;;
ジャーニーはエスケイプ?くらいしか知らない。と思ったら入ってるじゃない!Open Arms。でも曲忘れた(爆)バラード系だったような。メモの曲名のところに二重丸でぐるぐるしてあるので、よっぽど気に入ったらしい。
Oh,Happy Day は「天使にラブソングを」ですね。明るくて楽しくて元気になりますよね~。

>かのんさん
ロパートキナ、まだ映像でしか見たことないんですよ。実はマリインスキーはあんまりご縁がなくて、前々回の来日のときザハロワとルジマトフで「ラ・バヤデール」を見ただけです。今回はガラもあるし、ほんとに見たかったんですけどね。
バレエは10年以上見てますが、演劇系見るようになってからすっかり予算削減(笑)年内は吉田都ちゃんの二羽の鳩でおしまいです。
12月のテレビ、ロパートキナの白鳥、白夜祭の映像ですね!楽しみにしてます。

ビリー・エリオットいいですよ~。わたしは5月にこのニュースのリーアムくんのビリーを見ました。ほんとに才能ある子だからもったいないと思うけど、しばらく普通の男の子やったら、また舞台に帰ってきてくれないかな、なんて期待しています。
わたしも長い(笑)
いつでもご遠慮なくどうぞ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/4032083

この記事へのトラックバック一覧です: フラメンコとかゴスペルとか「試験」とか:

« Trick or Treat! | トップページ | また無口に »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ