あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ゲキ×シネ「SHIROH」鹿児島上映終了 | トップページ | わたしの心にも雨が降っています »

2006年11月25日 (土)

言葉にできない

とても気だるく億劫で。何も語りたくない気分です。
あっきーの歌声に溺れる日々。この至福の時も明日で終り。
初日には、苦しくて耐え切れずいつどこで席けって立ち去ろうか、そればっかり考えてたのに、ここまで骨抜きにされるとは、畏るべし。魔性の歌声(笑)

今日のライブアクト「BLUE DREAM」会場には、昼も夜もシアターテレビジョンのカメラクルーが入っていました。カメラは10台以上(あっきー曰)、普通にカメラマンが付いているカメラの他に、会場内あちこちに隠しカメラ?が設置されてたそうです。説明してるとき、ギターの榊原さんの足元のカメラ(ギタリストの手元を映す用だそうです)がリモコンなのかな?勝手にくるくる動いていました。

DVDになるそうです。
発売日やテレビ放映の予定などは発表ありませんでした。

今夜のあっきー、夕べのようなハイテンションではないけど、むしろ落ち着いて、安定した歌声をじっくり聞かせてくれたので、これが映像として残るのはほんとにうれしい。この至福の時間を何度でも反芻できる。

もう何も文句はありません。これだけ歌ってもらえれば。
この幸せを言葉にする必要があるでしょうか?

ごめん。今日はとても無理。ぼ~っとしちゃって。

ダメでも書けない、よくても書けない。これじゃブログやってる意味ないですね ^^;;;

今日はじめて気がついた。客席に向けた照明。ピラミッド?の三角がくるくる回ったり、客席の壁や天井まで劇場全体がエジプト風の肌合いを出すようになってたんですね。これはきっとこれから他の劇場に移動したらまた変化していくのかもしれないので、名古屋、神戸のみなさんは、ぜひ舞台の方だけじゃなく、頭を回して天井や壁の見え方もチェックしてみてください。

あ、その前にまだ明日東京ありましたね(笑)→先頭に戻って無限ループ

【追記】
いつの間にか@ニフティのシアターフォーラム舞台稽古の記事がアップされていました。このトレンチは映像の中の衣装かな?本番の舞台ではレザーでしたよ。2,3,4枚目の写真は舞台衣装と同じです。でもベリーダンスのお姉さんはこんなハーレムパンツじゃなくて、もっと露出度の高い衣装でした。

« ゲキ×シネ「SHIROH」鹿児島上映終了 | トップページ | わたしの心にも雨が降っています »

コメント

わかります>「言葉にならない」
私は一回しか行けなかったからもう少し軽傷だけど。毎日なんて羨ましい!けどそんなに浸ってしまったら私抜け出せなくなると思って自粛したのも少しありました。なんていうか、片想い、しかも違う世界の人、違う年代の人、手の届かない人・・・少女の頃、漫画の中の人物に恋して「どうして私はこの人と同じ世界にいないんだろう」とマジで苦しんだあの感覚のような(恥)あっきーにはそんな危険を感じて距離置いてるんです私(勝手にしろって?)
今回も確信しました。歌がうまいだけじゃ、容姿が好みなだけじゃ、かわいいだけじゃここまで感じない。歌声から感じる魂に私の魂も響いて、泣いてしまいそうに・・・変な意味じゃなくて「ひとつになりたい」って求めてしまう感覚に支配されそうになってしまい、慌てて距離を置く・・・そんな感じです。苦悩と同じくらい感動をくれるあっきーとの時間を最大限大事にしているhildaさんの勇気に感服!言葉にした方が楽になる時もあるかな
「あっきー大好き!愛してる!」
恋患いを癒してくれるのは時間・・かな

>もう何も文句はありません。これだけ歌ってもらえれば。
この幸せを言葉にする必要があるでしょうか?

全く持って同じ気持ちです!
今幸せに包まれた気持ちです・・・。
アッキーからの感謝の言葉があったけど、私達もアッキーに心からありがとうって思っていること少しでも届いれば嬉しいですね。

>ペコさん
おっと~、地雷踏んでますってば(爆)
これでも相当控え目にしてるつもりなんだけどな~。アレ?
最近ルドルフの視線が冷たいです ^^;;
…それはともかく(をい?)、今回あらためてわたしはやっぱり何よりこの声が好きなんだ!と実感しました。♪どんなに強がっても~、あなたが必要(笑)
このビョーキは治癒する気配どころかますます重症。

>かつみさん
東京全公演制覇、お疲れ様でした~。ご一緒できてうれしかったです。1公演1公演の出来や仕上がりもですが、5日間の進化の過程を目撃できたことを何より幸せに感じます。やっぱりあっきーの歌声は地上最強。時々ハラハラもさせるけど(笑)その歌力さえあれば、どこへでも進んでいける。そんな風に確信できたライブシリーズでした。これから先もどこまでも見届けたいです。

必要不可欠な物、僕とか!
そうです。あなたです!!

今日名古屋のチケットを取ってしまいました。いつも一緒に行く友人はどうしても仕事でいけないので、初めての一人遠征です!
いけない友人には悪いと思ったのですが、どーしても止められない衝動が…。(ごめんよ~!)

いつも思うのですがこの歌声を守ることができれば、大抵のことはしてあげたい。

「母のような、祖母のような、兄のような、
父のような…。もー、家族ですよね!」

はっきりDVDって言ってなかったけど「いつでも観られるように映像を残す」って事はDVDってことでいいんですよね?!

>tabibitoさん
おぉ、名古屋にいらっしゃるんですね!楽しんでらしてください。
あっきー、はっきり「DVDになる」って言ってましたよ。楽しみですね。
しかしなー、「母のように、祖母のように」のあと、なんで「姉のように」が出なかったでしょうね(爆)

すみません・・・皆様の深い想いをかんがみもせず我慢が効かずにお恥ずかしいm(__)m

>必要不可欠な物、僕とか!

もう!これ私、かなりまいりました
天然でやってるんだろうけど、かなり罪なお方です>あっくん

>「母のように、祖母のように」

抵抗できずに笑ってしまった私ですが、そんなに?とも思いました。
この現象はご本人にも理由はわからないのでしょうかねぇ 自分も含めて年上キラーな理由ってなんなんだろう?素朴な疑問です

>ペコさん
あ、ごめんね。
皆さんじゃなくて、わたしだけよ(笑)

そりゃやっぱりカワイイのとほっとけない危なっかしさがあるからでしょ。<年上キラー

しかし後半に付いた「BLUE DREAM」の振付はやりすぎですから。70年代のアイドル歌手じゃないんだからさ。(城みちるか?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/4315729

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉にできない:

« ゲキ×シネ「SHIROH」鹿児島上映終了 | トップページ | わたしの心にも雨が降っています »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ