あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 申し訳ない | トップページ | アフタートーク2 »

2006年11月24日 (金)

FC会員限定アフタートーク

2006年11月23日(木)
ライブアクト「ブルードリーム」終演後
アフタートーク
対談:中川晃教×酒井智(映像・美術)

終演予定16:15のはずが、少し押して16:30くらいかな?
それからいったんホールの外に出て、再入場までけっこう時間がかかって結局始まったのって5時過ぎてたような気がする。終わったら6時!
もう段取り悪いのにも慣れたので、別に文句は言いませんが(書いてるけど)、遠方から来られてお帰りのご都合のある方などは気が気じゃなかったのでは。
実際途中で何人か退出されて、それ見たあっきー、「帰っちゃうの?」って背中に声かけてましたが、それってある意味役得?(笑)

あとね、再入場してみてわかったんだけど、ほとんどの席が埋まってるの。ってことは今日の客はほとんどFC会員だったってことね。だったら一度出す必要もなかったような。っていうか、別に会員限定にする必要あったのかな?って。普通アフタートークって、その日のチケットあれば、誰でも参加できることが多くない?そうすりゃ時間もムダにしなくてよかったのに。また次の機会にご検討いただきましょう。

舞台の真中に背の高いカウンターチェアが2脚置かれ、出てきたあっきーは茶色のすそが袋折みたいになってるたっぷりした長い上着。ふくらんだ袖口がリブ編みですぼむようなデザイン。前をブローチかピンで留めてましたが遠くでよく見えなかった。インナーは黒い(たぶん)タンクトップ。パンツは黒で、すそがジッパーになってる、どっかで見た。ベイサイド・カフェかな。足元にスタバのハロウィン限定タンブラー。(これかわいくて安かったから買おう買おうと思ってるうちに販売期間が終了しちゃったんですよ~)

一人では寂しいからと映像と舞台美術担当、酒井智(あきら)さんをお呼びして対談開始。
と、思いきや、元々シャイなのか、それともあっきートークの勢いにレスポンスのタイミング計りかねたか、思いっきり寡黙な酒井さん(笑)

(映像系の方ってシャイな方が多いんでしょうかね。去年のスタパのときご一緒したアニメーターの方もすごくシャイで思わず「がんばれ!」って言いたくなりましたが)

以下ほとんどあっきーが一人でしゃべってましたね。聞き違い、勘違いあるかと思いますが、ご容赦ください。(かなり長いのでご注意!)

酒井さんとは、サンデージャポンのエンディングテーマにマタドールが採用されたときにPVを作っていただいたご縁があり、その後2年ほど音信不通だったのを今回のライブアクトで映像を使いたいと思ったときふと思い出したとか?前回のライブアクト「himself」のときも一緒にお仕事したって突っ込まれてました(笑)

思いついたが吉日とばかり、酒井さんの連絡先を知ってそうな方に連絡し、映像プロデューサーの清水さんをはじめ、何人かの関係者をへて御本人とコンタクト取れてお会いしたのが9月。「まだ夏だった」って。蚊がぶ~んと飛んできた話。遅刻してきた酒井さんが「取り繕った」話(笑)

その打ち合わせ場所にたまたま別の用事で訪れていた橋本桂二さん(撮影監督)との出会い。ステディカムという、動きながら撮影してもぶれない特殊なカメラを扱える数少ない技術者だそうです。お仕事お願いしたいけど問題は「これ」って指をOKマークに(爆)

(また~、お金の話 ^^;;;;;)

でもお金じゃない、撮りたい気持ちがあれば撮る、とおっしゃってくださったそうで、ありがたいことです。ここであっきー「目からウロコ」と言って会場から失笑を買い「なんか日本語間違ってる??」と気づいたところまではよかったけど「棚からぼたもち」とさらに墓穴(笑)この前披露宴のときも「本読まなきゃ」と言っていましたが、読んでもさらに迷言が増えるだけでは(酷)

肝心の酒井さん、あっきーのプレゼンが終わってもじ~っと下向いて会議テーブルみつめてる。あっきーは、終わった、これはダメだな、と思ったそうです。「わっかんないよな、オレの言葉」すみません、ここで受けすぎて爆笑してしまいました~。苦しい。
「ああ、ダメだ、オレ肝心のときに人を説得させられる言葉がないなんて」と落ち込んでたら、固まってた酒井さんが、、、
「なんて言ったんでしたっけ」と水を向けるあっきーと酒井さん「…」の応酬があって、やっと、、
「いますごい感動してます」って、実はすっかりやる気になってたという(笑)しかも映像だけでなく、舞台美術も引き受けてくださると。学生時代に舞台美術にも興味あった話。(ってことは、今回は、は、初めてですか…)

さて、これで映像スタッフがそろいました。
でも撮影の前日まで(具体的なイメージが)わからなかった話。
酒井さんが慌てて「いや、もうわかりあってたから」もうあっきーには伝わってるはずと思ってたと。

何だっけ、ここでメモに「思いのハケ」って書いてあるんだけど。あっきー?から構成作家さんに思いのハケ、じゃなくてタケを伝え、レスポンスがあり、そこからまた酒井さんとのやりとりがあり、、、といった流れで台本が完成。あっきーの手元に大判の台本。
会場にはDIVINA BONITAの香りが満ち、、、と最初のところを読むあっきー。わたしには全然匂わなかったんですけど、DIVINA BONITA。

撮影開始日。5時間寝た?オーストラリアでロケしたんだって(笑)(笑)梨園のある(爆)ああいう場所はどうやってみつけるのか?と質問するあっきー。不意をつかれて酒井さんも戸惑ったように「いろいろ歩いて」それはそうでしょうねぇ。3日で撮影した、と言った後で「反応の薄さがムカつく」何だそりゃ。どうやら会場から驚きのリアクションを期待してたらしい。そんなこと言われてもね。

海の撮影は、あっきー曰く「あの悲しい出来事、北海道で竜巻が起きて人が亡くなったその日」だったそうです。その日のオーストラリア(笑)、○十○里浜は風が強かったらしく、何か手から離すとあっという間に500m飛ばされる(酒井さん談)ほどだったとか。(ああ、あの手紙…)満潮で波から脚立を救った話とか。

そして編集作業。どうなんですか?と振られてまた酒井さん「え゛??」と焦りまくり(笑)家で1週間ほどの作業だったそうです。あっきーは「フィルム切ったりとか?」って、いまどきの撮影、デジタルですから(笑)酒井さんはHDカムでハイビジョン撮影、パソコン(Mac)でカチャカチャ編集。だいたいイメージができていたので、そんなに大変じゃなかったとか。

幸運にも世田谷パブリックシアターを1週間リハのため借りられたこと。初めて(オフラインで)スクリーン映写してみたのが11/17。
スタッフみんな引き込まれて、終わったときには、アキラさん、やったーっ!て。普段は気難しい?照明の成瀬さんという方が、気に食わないときははっきり言う方なんだけれども、酒井さんのことを
「なんて言ったんでしたっけ?」とまたまたあっきーが酒井さんにふると、
「え゛、自分で言うんですか^^;;」(笑)
きみは日本のゴダールだって。結局あっきーから。そりゃ、自分じゃ言えないよな。

えーと、メモのここに「まっしぐらに進めばいい。壁にぶつかるまで」って書いてあるんですが、誰が誰のこと言ったのか忘れました~。すみません。

あっきー、さかんに酒井さんのことを「大丈夫かな?大丈夫かな?」って思ったって言ってましたが、プロデューサーの清水さんに守られて?最後まで(舞台づくり?)やってこれた、といったようにまとめてたと思います。

長すぎるので、会場からの質問は別記事へ。続く~。

« 申し訳ない | トップページ | アフタートーク2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/4298634

この記事へのトラックバック一覧です: FC会員限定アフタートーク:

« 申し訳ない | トップページ | アフタートーク2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ