あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« It's a Beautiful Day | トップページ | ♪もぎたての青い風切って走れ »

2006年10月15日 (日)

Show Must Go On

披露宴続き。

●サプライズ発表。
またあっきー移動して、今度はいよいよ新郎席へ。何を言い出すかとドキドキハラハラしながら注目してたら。
「実はこの中にぼくの花嫁さんがいます」
一瞬会場沈黙。
もちろん冗談だったんですが、あっきーのことだけにありえるので、かなり緊張(爆)
客席に白いドレスのかわいいお嬢さん(推定8歳~10歳)がいらしてて、あっきーさかんに「かわいいですね」連発。「こういうかわいいお嫁さんを早くみつけなきゃ」とか。考えようによってはかなり問題発言(笑)

でもほんとのサプライズもやっぱり花嫁さんでした~(爆)
会場の椅子の裏にサイン入り色紙が10枚はってあって、「当たり」の10人の中からあっきーとジャンケンで最後まで勝った人が、ウェディングドレス(椿山荘提供)であっきーと二人金屏風の前に座れるという、「発表」というよりゲームみたいな感じでした。
可笑しかったのは、 お一人男性がいらして、参加権を同じテーブルの女性に譲ろうとしたら、お二人いらして遠慮しあってるものだから、あっきー「こういうときは強気に出た方が」とアドバイスしてました(笑)

次のキャンドルサービスの間にドレスのお支度ということで、選ばれた方は退場。がんばって~。

●キャンドルサービス。
列席者500余名のテーブル50卓以上を順番に回って、細くて長いチャッカマンで1本1本ロウソクに火をともしていくんだけど、途中から乾杯につきあわされて一口ずつ飲んでたら、だいぶ酔いが回ったみたいで(笑)最後のテーブルのときは、かなりふらふらしてた様子。

また縦に真ん中突っ切って新郎新婦のひな壇席に戻ったんだけど、ちょうど近くのテーブルの皆さんはハイタッチできたみたい。でもわたしんとこは壁際だったから、うらやましく眺めるだけ。

さてここで花嫁の支度が整ったということで、ラッキーなお嫁様、あっきーにエスコートされて再入場です。
スクリーンにも映ってました(でも見づらいの~)が、なんとか言う方(ごめん、忘れた)のデザインだそうで、椿山荘さんからの特別提供のウェディングドレス、と~ってもきれいでした。もちろんお嫁さんも。お化粧もしていただいたみたい?
なんだか恥らい方が初々しくてね~、素直でかわいいの(笑)
しかもあっきーったら「美しいですね」を連発した後で「ウェディングドレスって」、ハっと失言に気がついてフォローするより早く会場は大爆笑。すてきな天然炸裂でした(笑)
あっきーが客席で3人の方に感想を聞いたら、三人目の方が一言「ジェラシー」って答えたのも可笑しかった~。

わたしは羨ましいというか、こんな風に晒されて半分気の毒なような、でもこんなこと一生に何度もあるチャンスじゃないし、やっぱり羨ましかったかな。別の意味で。

わたしも一回だけ結婚式ってしたことあるんだけどさ(笑)たったひとつ心残りは白い衣装が着れなかったことなんです。色内掛けとドレス、好きなの選ばせてもらったから今さら文句言えないんだけど。ウェディングドレスでも白無垢でもいいから、お嫁さんしか着れない白いの着てみたかったな。
いや~、そんなこともうず~っと忘れてたのに思い出しちゃったよ ^^;;
まあ、また次の機会にはきっと、ね(笑)

●質問コーナー
えーと、お嫁さんの前だっけ?後だっけ?
司会のchabbyさんが選んだ質問を読み上げるんだけど、名前も読むのよ。そ、それってどうなの??匿名希望かどうかは聞かれてないんですけど~。

順番ちょっとあやしい。

Q1. 去年のゲリラライブのとき、たまたまそばにいていい匂いがしたんだけど、どんな香水使ってますか?
A1. (なぜか照れながら)そのときはたぶんシャネル。香水をよく買うのは空港で。グッチの甘~い香りのも好き。これは「勝負」っていうとき使います。(ちょっと待った!男の子の勝負に甘い香り?って、いいのか??)

Q2. エジプトへ行っていろんな刺激を受けてきたと思いますが、もしも(タイムマシンで?)行けるとしたら、どの時代に行ってみたい?
A. 過去の歴史もいいけど、ぼくは未来に行ってみたい。それも自分の寿命では見ることのできない先の未来。何がどんな風に進化してるか見届けたい。(という感じのことを言ってたと思うけどちょっと妄想入ってるかも)

この話のときじゃなかったかな?「(美しく?)年を重ねて、みなさんみたいに」と思わずファンの平均年齢を意識したような発言が出て、またまた爆笑取ってたのは。

Q3. 得意な料理は何?
A3. (鶏のから揚げがどうとか、お料理のレシピを細かくしゃべってるうちに)あれ?から揚げじゃないじゃん?って、自分で気がついて(笑)得意な料理っていうか、最近よく作る。来月のオレンジページで紹介するからチェックして。(つい最近撮影終了したそうです)

最後のプログラムは「御礼の言葉」あっきーから、ファンのみなさんへ。
ここで、大切なお話がある、それは前事務所からの独立に至る経緯です、間違いがあってはいけないので、書いたものを用意してきました、と言うあっきーの表情が心なしか緊張している。

今度はひな壇を降りて、巨大スクリーンの下へ移動。つまりわたしたちのテーブルの斜め前だ。お隣さんが「やっと来てくれた」と喜ぶ。

あ!そうか、こうやって4ヶ所回って会場のどのファンともまんべんなく近づけるようにしたんだ。考えたね。って今ごろ気づいた。

最初に「Club Akinoriの頃から応援してくださってた方はどのくらいいらっしゃいますか?」という問いかけがあり、多くの方が手を挙げるのを見て感銘を受けたように「わ~、ほとんどの方ですね…」と。

あっきーは感情を排して、ごく淡々とお手紙を読み上げていました。
その内容は、もし本人が公式サイトやDMを通じてすべてのファンのもとに届けようとしないのなら、きっとその場にいたファンだけに肉声を通じてだけ伝えたいという思いからのものでしょうから、わたしもここでは書きません。第一、正確に事態を把握しているとは言いがたいので。

ただ…。
あっきーってほんとに誠実で真摯で素直で、ものすごくいい子だってこと、そして、彼がファンのことをどれだけ大切に思ってくれているかだけは、よ~くよ~くわかりました。そのために払った犠牲の大きさを思うと、今ごろ涙出てくる。この1年あまりのあっきーの心中を思うと、よくがんばったね、ってぎゅっとしたくなる。

自分を見出し、親のようにめんどうみてくれた前事務所の社長のご恩はけして忘れないという言葉、自分にとってこの5年間支えてくれたClubAkinoriを継承できなかった苦渋の決断、文字通りゼロからの再出発(いや、マイナスか)…いろんな思いが駆け巡っただろうに、最後まで感情的にならず、今度のファンクラブは「FUN」とにかく楽しんでほしいって、明るく締めくくって、「これからも応援よろしくお願いします」と深々と下げた頭を上げたとき、思わずこみ上げたか目と鼻の周りが真っ赤に。でも泣くのはこらえたね。エライ!笑顔☆笑顔☆

この健気さにまたころっとやられてしまう自分が情けないのだけど。
またあらためて、この子の才能と歌声を大切にしたい、守りたいという思いを強くしたりして。

ああ、でもなんかもどかしい。ただ祈ることしかできないなんて。何もかもうまくいきますようにと。1ファンなんて、無力な存在。

あとちょっと気になったのは、これから先の話が全然なかったこと。TOMMYのTの字も出なかった。エレンディラもちろん。
独立したことで少しでも良い方向にいってくれたらいいんだけど。

終宴後はひとりひとりに真紅の薔薇を1本ずつ渡してお見送り。 最後にこういうふれあいの時間を作ってくださってありがとうございます。>企画されたスタッフさん
あっきー自身も相当関わってそうだけど。

終わってみれば、単純に何もかもよかった!とは言えないけれど、あっきーと集まったファンの胸には思い出深いイベントとしてきっと残るでしょう。
いつか笑って話せるようになるといいね。このイベントのこと、新公式サイトのこと、DMのこと。

前にも書いたけどまた書いておこう。わたしの座右の銘(笑)

希望をもつこと、そして待つこと。

きみのステージならどこにでもある。
きみの歌声を聞くためならどこにでも行く。
明日はきっといいことあるから!がんばって!

« It's a Beautiful Day | トップページ | ♪もぎたての青い風切って走れ »

コメント

ありがとう!hildaさんのおかげで、薄れて行く記憶を補強できます。

今日はいいお天気。襦袢の衿を外して、洗って、アイロンかけて、そして次回のためにまた縫い付けて。掛けてあった着物共々畳んで仕舞いました。何しろあっきーに「カワイイ」と言われた(笑)着物なので、大事にしてあげましょう。
着物は手間がかかるけれど、ほどいたり縫ったりのゆったりした時間の中で、1人の若者の来し方行く末などをつらつら考えたりしちゃいました。同じく「その歌声のためにはどこまでも行くよ」になるんだけどね。

あっきーにはhildaさんの座右の銘とエールが、しっかりと届いたことでしょう。1ファンは無力じゃないよね。

かなりフィルターかかってるけどね(笑)
届いたかな~。届くといいけど。
petraさんのお着物、素敵でしたよね。半襟のブルーも。
着物好きなんだけど、自分で着れないから。昔着付け習ったとき、半襟の付け方から始まっていきなり挫折した人(爆)

いつもながらの完璧なルポ!
しかもメモ無し!なんて素晴しい~!!(尊敬)

読んでるうちに、また涙が…。
いかん。いかん。ここは会社のデスク(焦)

私と友人は最後の方に退場したので握手とかはできなかったけど、それでも最後の方まで待っていてくれたのはうれしかったです。(確か4時までって言ってた。)

テーブルお花(キャンドルごと)もらってきちゃいました。

>tabibitoさん
お花もらえたんですね~。キャンドルも?!すてき。
あっきー最後まで丁寧にお相手してくれたみたいですね。
あっきーにとっても一生の思い出とまで言ってもらえて、ファンとしても本望でしたね。思い出すと、わたしも泣けてきたり、思い出し笑いも(笑)
良いイベントでした。

ホント 帰ってからも何度涙ぐむことか。
素敵な言葉を掛ける事が出来て良かったですね。hildaさんがおっしゃるように こんな事あったね、っていつか笑って話せる日が来るでしょう。
さぁ、私も元気出して信じて待つ事とします。彼の次のお仕事を・・・

>JTさん
うっ、わたしがかけた言葉は、受け取りようによってはちょっと気を悪くさせかねないものだったんですけど ^^;;
自分で選んだイバラの道だから、弱音を吐かずに前に進んでほしいという願いをこめて。
きっと期待にこたえてくれると信じて待つしかないですから。ファンなんて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« It's a Beautiful Day | トップページ | ♪もぎたての青い風切って走れ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ