あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 続・ネスカフェプレジデントクラブ | トップページ | 明日から仙台 »

2006年9月14日 (木)

名古屋でゲキ×シネ「SHIROH」開幕

今日は午前と夕方の2回上映でした。
ご覧になった方、いかがでしたでしょうか?
ぜひご感想お寄せいただけるとうれしいです。

ゲキ×シネ「SHIROH」公式サイト
名古屋上映情報
会場:東建ホール・丸の内
上映期間:2006年9月14日(木)~2006年9月19日(火)
上映時間:210分

休憩10分入りますので、4時間近くの長丁場です。でも長さは感じさせません。
この舞台作品については、思いがあふれすぎて1年たってもまだ言葉にできないくらいなんですが、とにかく見ていただきたい。圧倒的なパワー、ほとばしるエネルギー(ん?同じか)、暴力的な照明と音楽、そして二人のSHIROHの歌!
わたし自身は、登場するなりいきなりあっきーの歌声に捉まってしまいましたが、今思うと、四郎の誠実な苦悩とシローの真っ直ぐな情熱がそれぞれの歌にこめられて、時に補い合い、時に傷つけ合うその絶妙のバランスが素晴らしかったなと思います。

残念ながら生舞台を見ることはかないませんでしたが(これもまたタイミングが…;またいずれお話します)、生舞台と同じかある部分では生舞台以上の迫力とクオリティを再現してくれたこの映画版に出会えて、本当に幸せでした。この舞台と映像製作に関わったすべての方々に心から感謝します。

今回の上映に駆けつけることはできそうにありませんが、また機会があったら何度でも見たい。
そしていつかオリジナルキャストで再演してくれたら、これ以上ないくらいうれしいんですけど。

名古屋のみなさん、楽しんでくださいね。

« 続・ネスカフェプレジデントクラブ | トップページ | 明日から仙台 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/3447824

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋でゲキ×シネ「SHIROH」開幕:

« 続・ネスカフェプレジデントクラブ | トップページ | 明日から仙台 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ