あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« たまには頬杖ついて、クールな愛の夜を | トップページ | 小西さんのライブ »

2006年9月 4日 (月)

プチキレていいですか

今朝届いたN.A NETWORKからのお知らせメール。
週末、手続きが間に合わないとか、どうしたらいいかわからないとか、って苦情が殺到したんでしょうか。

年会費振り込んで、入金確認してから発行される会員番号(会員限定ページへのログインIDとは別だそうです)を送金手続きが済んだら自己申告してくれたらすぐに発行してくれるって。

できる範囲内で、がんばって対応してくれようとしてるのはわかります。
ファンからの要望に応えようとする誠意も。

でも。。。

わたしはこれで、逆に抑えかけてた怒りに火を点けられました。
夕べのサンデーメール、やっとの思いで爆発抑えたのに。

こんな短期間の日程で、「入会手続き→ID発行→イベント申し込み」させようってこと自体無理があることに、人に指摘されるまでなんで気づかないのか。

来月のイベント、いろいろな準備の都合、タイムリミットがあるでしょう。それはわかります。
急ぐ&どうしても有料会員だけの特典イベントにしたいのなら、イベントの申し込みと会費の振込を一緒にさせればいいだけのこと。
そしたら振替手続きも一回(たとえ振替用紙は別々でも)で済むし、会員番号だのID、パスワードの通知も1回で済むじゃありませんか。
イベントに参加しない方には会費だけ払い込んでもらえばいいし。

その前にDM会員が仮登録だっていうんなら、あらかじめ仮番号くらいふっておけば?それでまとめて手続きさせて、本会員番号はライブアクトの受付までに間に合えばいいし、ログインIDはもっと後でもいい。

少しでもお金に関わる事務処理したことある人なら、素人でも思いつきそうなこと。まさかと思うけど、郵便振替の入金通知って郵送で届くから2~3日かかるって知らなかったってことないよね。

あっきー自身にもスタッフにも「プロ」であってほしいんですけど。
っていうか、プロを雇えよ。

【追記】
わたしは結局、冷静に疑問点をまとめて質問することができなかったんですが、きっとたくさんのまじめなファンが問い合わせしてくださったのでしょう。INFO詳細やFAQ、入会手続きの表現がだいぶ改善されました。ありがとうございます。>問い合わせてくださった方々

でもまだわかりにくい。まずどこが更新されたのかはっきりしない。
更新ページをトップページで知らせるのは常識だと思うんですけど。
そして変更、追加箇所を明示してほしい。
これはわたしもメールでお願いしました。お返事なかったけど。

いつの間にか変わってるのは困ります。
披露宴の席順が先着じゃなくて抽選なのはいいとして、ライブアクトの優先予約日程(10日→11日から)とか、入会手続きで入金と会員番号発行の順番が逆になったこととか、会員どうし連番で席取りたいときの申し込み方とか。気づかない方もおられたのでは?

連番のことも「披露宴」なら会員限定だからわかるけど、ライブアクトの方は枚数制限ないのなら、会員同士も何も普通に複数枚取ればいいだけじゃないのかな?とか。
確かに枚数制限のことはわたしも質問したけど、そして必要ならFAQへの記載をお願いしますとは書いたけど、なんとなく消化不良な感じ。

とにかくすべてが後手後手で、人に言われたから慌てて修正。その繰り返しです。間違いを認識してすぐ対応してくれるのはよいことなんですけどね。

ウェブサイトの構造的にも、どこからでもホームに戻れるようになってないとか、細かいこと言い出したらほんとにキリがない。

しつこく辛抱強く、指摘して改善を要求していくしかないのでしょうか。
でもこんなこと、ファンが「手助け」しなくちゃいけないことなのか?

先が思いやられるというか。

【追記2】
更新がわかりにくいことについて、再度「トップページでの告知」と「更新箇所の明示」をお願いしたところ、このようなお返事をいただきました。

「現在はそのようになっておりませんが、対応をお待ちください。」

なるべく早めにお願いしますね~。

« たまには頬杖ついて、クールな愛の夜を | トップページ | 小西さんのライブ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/3323567

この記事へのトラックバック一覧です: プチキレていいですか:

« たまには頬杖ついて、クールな愛の夜を | トップページ | 小西さんのライブ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ