あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« あっきーもこんな景色を | トップページ | 関西で「夢を掘る男」放映 »

2006年9月25日 (月)

あたしだって疲れる

さて締め切り過ぎましたが、みなさんはFC登録情報返信されましたか?
「重要なお知らせ」というわりには、わかりにくいご案内でしたね。
届いたのが一昨日のお昼で、締め切りが今日のお昼。丸二日しかないというのも慌しい。
理解できないのは「(返信先)宛にこのメールをそのまま返信」というところです。
「そのまま返信」と言われたら普通メールソフトの「返信」ボタンで送信するじゃありませんか。当然ですが、返信先はメールの発信元になります。
でも指定された(返信先)は別のアドレスなんです。
こういうの「そのまま返信」とは言いません。
どう理解していいのかわからなかったので、とりあえず「返信」にして、Cc:に(返信先)も追加しました。
こういうときのために「Reply-to」という機能があるのだから、使ってくださいと書きました。

なんか疲れる。

それにね。
せっかく宛先変えてもどうせ届く先は一緒だろう、と思うとさらに疲れる。

登録内容の変更や追加についてもどう書いたらいいかよくわからなくて、ブランクになったところを埋めたらいいのかと思ったらそうじゃなくて、元情報は書き変えずに、「訂正依頼」のところに書けという。
一読しただけで理解できる日本語にしていただきたい。
それにわたし確か最初に登録したとき生年月日記入した憶えがあるんですけど、気のせいでしょうか?無選択ってできたんでしたっけ?必須項目だったような。
でもなぜかブランクになってました。
いいんですけど、1970年1月1日生まれでも。

そして昨日のあっきーメールです。
後半文字化けして読めませんでした。
友だちが転送してくれましたが、それも別の箇所が文字化けして読めませんでした。
つまり原文に何か問題があることは明らかで。
ヘッダーをチェックしたらOSの違いによるエンコードの設定があやしい。
再送をお願いして、文字化けの原因についても考えつくだけのことをお知らせしました。どんな環境の方にもストレスなく読めるメール配信に努めてくださいと。
そっこーで丁寧なお詫びとお礼のメール届きました。
何だ、ちゃんとまともな日本語も書けるじゃありませんか。これまでで初めてかも。

誠意は感じるんです。いつも。でも疲れる。

こういう技術的なトラブルで中身にたどりつくまでに疲れちゃうんじゃあ。

やっと読めたサンデー・メールがまたビミョーで(苦笑)
(適当に改行くらい入れようね>あっきー)

ちなみに UNITED BAMBOO公式サイトはこちら。
http://www.unitedbamboo.com/
2006秋冬コレクションが見られます。いかにもあっきー好みそうなカジュアルでかわいくてちょっとこだわりの入ったデザイン。若者向けだけあって、そこそこ手が届きそうなお値段。でも1枚7200円のTシャツわたしなら買わないけど。<だいじょうぶ、ターゲットになってませんから

9月8日YOMIURIONLINEのニュースには、NYコレクション(2007春夏)の記事。
http://www.yomiuri.co.jp/collection/ny/unitedbamboo/index.htm
正式なプレスリリースがみつかりませんでしたが、今月末表参道にメンズショップがオープンするみたいですね。

昨日たまたまテレビで見たNHKスペシャル「東京カワイイ★ウォーズ」の路線に近い感じがします。これがファッション最先端なの?やっぱりエビちゃん。

先週書いてた無声映画生演奏付きはこれかな?
http://www.uplink.co.jp/factory/log/001427.php
この映画館の企画っていつも超マニアックで、昔一度だけ、ヨーヨーマのコラボシリーズ見に行って寝てきたという思い出しかありません(笑)

こんなこと調べてる自分にも疲れる(爆)

願いはひとつ。ただ心静かにあっきーの歌が聞きたい。

« あっきーもこんな景色を | トップページ | 関西で「夢を掘る男」放映 »

コメント

げげ~。私、返信ボタンでそのまま送信しちゃった人だよ。
今更遅いからほっとくけど。いっぱいいるよ~きっと、こーゆー人。(言い訳ではない)
結果的によけい手間がかかると。向こうの人も大変さ~ね。

そうだよね、普通。
多いと思います、そういう人。
わたしも今朝いざ返信しようとして読み直して気づいた。
もっと早くここにも注意書き出せばよかったかもしれないけど、なんかもうそこまでめんどう見切れません!って感じ(笑)
たぶん送信先で振り分けしようと思ったのかもしれないけど、だったらもうちょっとわかるように書いてほしいよね。。。
後はサブジェクトで仕分けるくらいの知恵とテクのあるスタッフがいることを願う。

お疲れさまです。
きもちわかります。
静かに歌を聴きたい。
でもそうできない状況。
ああ~疲れる。

この、これくしょん、まだまだ、ですね。
ボリュームもカッティングも、大量生産。モデルさんと布地のこのボリュームはほんとにねらっているのかしら。だとしたら、この無神経さにはちょっとついていけない。

ちなみにmojoの劇場版タンクトップ、ティシャツは、2~5万円はざらです。普段はユニクロ。でも、すぐずんだれて、こまります。効果が価格に比例しているのは、ご覧のとおりです。

自分ではあんまりというか全然ブランドものに興味がないんですが(^^;)、本当に良いものにはお金を惜しまないという意味では洋服も観劇も一緒かな。(違?)
NHKスペシャルで少し年配のデザイナーさんが嘆いていました。「昔は有名ブランドといえば仕立てがいい、そういうことで評価された。ところが今はパッと見てかわいい!きれい!そういう価値観」だって。そうしないと売れないから。たかびーに構えてたらせっかく購買能力のある若い子たちがついてこない。
あっきーもいまどきの若者なのね~、と思ったサンデーメールでした。

最近のお気に入りは「イッツマジカル」です。あっきーに聞かせたい(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/3572315

この記事へのトラックバック一覧です: あたしだって疲れる:

« あっきーもこんな景色を | トップページ | 関西で「夢を掘る男」放映 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ