あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ほしかったの、たったひとこと | トップページ | すでに日常に引き戻されてますが »

2006年7月 2日 (日)

ロンドンの石畳

P5030043昨日のマチネは2階席の最前列でした。初めて舞台床の照明を見たら、オープニングをはじめ、何箇所かで石畳の照明になってることに気づきました。
歩きにくいのよね、あれ。これはウェストエンドのはずれ、Donmar Warehouseという小さな劇場の前で。何でも旅の思い出に撮っとくもんだよね。

Donmar_1 Westend_1 P5030045_1 P5040116




舗装されてない狭い道に看板も小さく目立たない劇場です。キャパも250人。でもここの芸術監督Micael Grandageは、ただいま上演中の「GUYS AND DOLLS」をはじめヒット作、話題作をたくさん手がけています。オリヴィエ賞も取ってます。

ついでに何枚か近くで撮った写真を。最後のは中心部近くで普通の民家だと思いますが、建て直し中だったのでなんとなく。

昨日の話、続き。

生の舞台だから毎回少しずつ違う。
それをチェックするのもリピーターの楽しみですが、今回はほんとに見てる間にどんどん変化するだけじゃなくて進化してるな~というのを実感させてもらいました。

あっきーの良いジョーと悪いジョーの演じわけ、すごくいい感じに落ち着いてきました。

池田有希子さん、見る前はまったくお名前も存じ上げない方だったのですが(ごめんなさ~い)、素晴らしい女優さんですね。初見で16歳の女子高生がまったく違和感なかったのにも驚きでしたが(失礼)、見るたびに歌も演技にもうならされるばかり。
昨日の終盤、良いジョーとの結婚祝い写真撮影での「わたしたち結婚してるのか、してないのかっ!?」の迫力には笑いました。
またシャンパンのシーンで激昂した悪いジョーの勢い余ってグラスを何個か倒し、そのあと椅子を倒して去るところでついにグラスが1個テーブルから落ちてしまったのですが、歌いながらそれをそっと元に戻すことで、大切なものを失ってしまったジョーに対する心の痛みを表現していたのには感服してしまいました。

ゴルフ看板のジョーのところにやってくるビリーとアンジー、毎回何かしゃべってました?
わたしは昨日初めて気がついたんですが、マチネでは童顔巨乳好きの男たちについて、ソワレもなんか言ってましたが忘れました(笑)

おんぼろカーでドライブ、「山越えSelsey Bill」のところ、ほんとにヨーデルしてましたね。前回は気づきませんでした。でもだから~、山じゃなくてなんですけど~(笑)

昨日一番受けたのは、法律相談所のカラム、出ていくときジョーが「そのドア気をつけて」と言ったのにドアの向こうで派手にこけてたことです。カラム、小鈴まさきさん、ブラボー☆

あと細かいセリフが変わったりまた元にもどったりしてました。
「悲しいことだね」→「残念だったね」→「悲しいことだね」
「怒らないで」→「それ以上言わないで」

客席のノリはやっぱりソワレの方がよく、カーテンコールほぼ総立ち。
いつものフィナーレの他に3回?4回?最後は客電ついても拍手なりやまず、あっきーだけ2回出てきてご挨拶してくれました。うれしそうでした。

さあ、泣いても笑っても東京は今日が最後。
また盛り上げていきましょう。

« ほしかったの、たったひとこと | トップページ | すでに日常に引き戻されてますが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/2465261

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンの石畳:

« ほしかったの、たったひとこと | トップページ | すでに日常に引き戻されてますが »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ