あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 風をみる人のチラシ | トップページ | 未練がましくMADNESS »

2006年7月26日 (水)

「OUR HOUSE」新潟公演大千秋楽その1

2006年7月22日(土) 14:00~17:00
新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ・劇場

さあ、いい加減書き始めないとほんとに忘れちゃうぞ~。というわけで大千秋楽でございます。
はぁ…。ってなんでいきなりここでため息つくかね(笑)
どうやら期待したような映像化の噂もないし(どこの劇場にもカメラ入ってたって話聞かなかったし、もし予定があればすでに宣伝してるだろうし)、ほんとにこれで最後の文字通り見納めと思ったら「青空は雲の上ぼくはブルー」な気分。
実際はこの日は前日までの雨模様がうそのように晴れ上がり、東京方面から駆けつけた仲間たちと合流して劇場6階にある展望レストランでランチしたんだけどね。
食後に屋上庭園?を一回りしたら、開演まであと15分くらい。でも劇場の中だから焦らずお手洗いもすませて、さあ、覚悟決めて見るか。

今日は実は最前列なのです。少し下手だけど一応センターブロック。
最後の最後にこんないい席をいただいて、チケット取ってくれたお友だちとMPと運命の神様に感謝!
昨日の分でも書いたけど、ここの舞台はとても低い。手をのばせば舞台の上の足にさわれそう。さわんないけど。こここんな至近距離にあっきーが現れると思っただけで心臓のどから飛び出しそうになる。落ち着け!>じぶん

オープニング。やだ、ほんとに近いよ。アンサンブルのみなさん、こんなに舞台の端っこまで使って踊ってる。
L字型のセットがくるくると現れ、キャストの皆さんが足でストッパー止めるのを初めて識別。あ、あっきーもやってる!知らなかった。
いつも見逃す男子高校生3人組の出、さすがに今日はチェックできました。あわわ、キターっ!ほんとに真正面に立たれてしまった。やっぱり近いよ。新国でも一度最前だったことあるけど、こんなに近くなかったもん。舞台の奥行きがあんまりないのかな?

「覚悟は」「できてる」~「何なんだよ、おまえらの大船って」「大きな船だ」(笑)
よかった、今日はちゃんと流れた。
う~ん、この心配のしかたは完全に保護者モードだな。

おぉ、今日は1曲目から手拍子が。さすが大楽。いい調子。
もちろん、OUR HOUSEも。

ちょっと飛ばして。
逃げた方のジョー、「やった、ぶっちぎった!上出来だ、金森譲!」(爆)
やられた...いきなりのご当地ネタ。
P1010455 金森譲、ダンサー、振付家、そしてこの劇場の芸術監督さんです。こんな方。これは4月に来たときの画像ですが。
今井さんが笑って芝居ができなくなったのを初めて見ました。

酔っぱらい3人組、ジョーの飛行機ブーンがかわいい。これは昨日もだったな。
そしてルイスの女いらない発言には、「柿のタネ食ったことねえやつが…」
またまた出ました。新潟名物。

リーシー釣りネタは「西海岸(って聞こえたけど)、流木ばっかり」
「おれたち16歳じゃん?」に毎度ながら客席爆笑。「まだ、何か?!」ジョーが片手をどうぞというように差し出すと「ありがとう」

バギーパンツ、絶好調。客席も最高潮。
ところでリーシーって女の子に人気あるのね。なんだかんだ言ってビリーもアンジーも頼りにしてるし、クラスの女の子たちも制服のシャツにサインねだったりするくらい。
いたよね。クラスにひとりくらい、ちょっと不良っぽい男の子。

裁判所のシーン、判事さんに食ってかかろうとするキャス母さんにジョー「母さん落ち着いて、ひっひっふー」ってそりゃジュリーの真似?(笑)産んでどうする(爆)昨日もやってたような気がする。

少年院で再会したジョーとリーシー、ジョーの荷物開けて裾の長いシャツ引っ張り出し「誰の?!」「やめて!」って言ったのは昨日だったっけかな。初めて聞いた。
キャス母さんのジョー面会、「接触は禁止されてます」のタイミングが合わなかったか故意にか、しっかり抱き合ってました。あとでテーブルでも手をつかんでJuNGLE看守に注意されてました。

エモとルイスの洗車アルバイト、リーシーのスーパーサイヤ人攻撃になんとエモが逆襲!これには客席からも笑いというより「おぉ!」という感嘆の声。やったね(^^)v
それを受けたリーシー「やるな。今日のところはオレの負けだ」とあっさり負けを認める。今日のところは、って今日で終わりなんですけど~。

プレスマンの悪いジョー、子ども扱いネタは「まだまだカブトムシが頭にひっかかって、ママ、痛い痛い、ママ、カモーンとか言ってるような」だんだん長めになってる(笑)
そして小野さんのニューハーフ疑惑は今日は実家ネタでした。「口説こうなんて思うな。実家の父親からなんだか意味のよくわからないオリジナル曲が送られてくるぞ」だったかな?これには小野さん「けっこういい曲も書くんですよ」とフォロー、親孝行娘です。

ゴルフセール看板シーン、ビリーとアンジーの意地悪な言葉にジョー思わず?アンジーの腰のあたりに回し蹴り。こらこら、ダメよ、女の子に暴力は。と思ったらアンジーもただでは去らなかった。ジョーにきっちりお返しの蹴り入れていきました(笑)
「バカ、おまえら、来んな、バーカ!」ここいつもマンガみたいに手足をじたばたさせてとってもかわいいんですけど、リーシーの物まねも毎回笑わせてくれる。なんか特別おもしろいことしてたような気もするけど忘れた。

おんぼろカードライブ、トンネルののけぞりルイス、2回でした?以前は3回だったような。
助け呼ぶ力持ちは田中真紀子。「それはいくらなんでも無理じゃないの」というルイスにエモ「いや、このあたりじゃ大抵のものは動かせるらしい」なるほどそう来たか。

悪いジョーのジャガー購入のところでサングラスがふっとぶ。拾える距離でよかった。でもいつも胸ポケットに納めるのに苦労してるように見えるのは気のせい?
ママ、約束するよ。いつかクレーンにでかでかと…プレスマンみたいに」このママはいつの間にか固定になっちゃったみたいね。ここだけなんだけど。
行くぜ社長のゴージャスカー、でルイスいつも「パパパパパパ~」とゴッドファーザーもどきに歌いながら葉巻を吸うような仕草をするんだけど、今日は「新納(にいろ)、デ=ニーロ」とシャレを公開して笑いを取ってました。

ふぅっ、1幕終了。
もっとネタ満載だったような気もするけど今思いだせるのはこんなところ。
疲れたので、2幕はまたのちほど。

« 風をみる人のチラシ | トップページ | 未練がましくMADNESS »

コメント

こんにちは(^-^)
私は大阪公演3回のみの観劇でしたが、大千秋楽と共通点は多いような気がします。徐々に変化していったのでしょうね。
ジョーがママという場面あったのですね。大阪では、ジョーの誕生日祝いの場面あたりに1回「ママ」と口走ったことがあったので、今のは間違えたのかな?と疑問に思っていました。
あと、「母さん落ち着いて、ひっ、ひっ、ふー」のところは、私が観た3回とも「ひっ、ふっ、ふー」だったので、“ひっ、ひっ、ふー”でしょうー、わざとかな?笑わせたいのかな?と思っていました。
細かいレポートありがとうございます。舞台の様子が目に浮かび、また楽しい余韻に浸っています。

新納・デニーロは新国から何回か言ってたんだけど、誰も気がつかなかったのか全然うけてなかったんですよ。

新潟大楽で会場が沸いてたのでホット一安心しました。

>みくさん
初めまして、いらっしゃいませ!
わたしも初めて「ママ」と聞いたとき(新国後半)は間違えたのかと思いましたが、新潟では前楽大楽ともそう言ってたので、何か深遠なる意図が?(笑)
大阪では「ひっ、ふっ、ふー」だったんですか?!(爆)正常になったのは、JunGLEさんからダメ出し出たかな?(笑)
拙いレポですが、お楽しみいただけたらうれしいです。またよかったらお立ち寄りくださいね。

>い...さん
デニーロ、わたしは大楽で初めて聞きました。というか気づきました。
ゴッドファーザーのパロディだということはわかりましたが、マーロン・ブランドかと思ってました。(笑)エモが「似てねぇ」とか「へたくそ」とかツッコミを入れてるのは見たことがあります。最後の音を外すのはわざとでしょうかね?

デ・ニーロはアタシも大楽ではじめて気がつきました。新国かよったんだけどなぁ。マチネはほとんどいったんだけど。ソワレ限定かしら。晃教君もソワレのほうが声が出ているってみんな言っているし。あ~あ。夜はなかなかでられな~い。(旦那にだめっていわれているわけじゃないんだけどさ)

こんばんは、美潤です。

新潟の様子を知りたかったので、ありがとうございます。

新国立でも「ママ」と言った箇所ありましたね。
なんで?「母さん」と言ってるの?
と思ったんですけど。

2幕楽しみに待ってます。

>mojoさん
わたしは逆に平日マチネは全然見られなかったので、mojoさんとこのレポで様子がわかってうれしかったですよ。お互い情報補い合いってことで ^^

>美潤さん
初めまして。いらっしゃいませ!
きゃっ、さりげなくプレッシャー(笑)
いくつか下書き途中の記事があるので、お待ちください~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/2820127

この記事へのトラックバック一覧です: 「OUR HOUSE」新潟公演大千秋楽その1:

« 風をみる人のチラシ | トップページ | 未練がましくMADNESS »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ