あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ごごごめんなさい | トップページ | 新潟前楽続き »

2006年7月24日 (月)

「OUR HOUSE」新潟公演前楽

2006年7月21日(金) 18:30~21:15
新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ・劇場

急遽前楽も見ることにしたのは、6列目サイドのチケットを譲ってくださった方がいらしたから。りゅーとぴあの会員チケだったらしく割引値段でお譲りいただきました。(ありがとうございます~)
座ってみたら、あら、隣はUさん(笑)
回りにも見たことありそうな方がた~くさん。
どうでもいいけど、この列ものすごく見やすいです。この劇場は3列目から段差が始まるんですが、5列目と6列目の段差が大きくて見通しがよい。

レポっていってももうあちこちでネタ公開されてるので今さらって感じですが。
それに今回は余計なこと考えないでできるだけ舞台を楽しむこと優先にしたかったので、あんまりまじめにメモしなかったから、実は細かいところよく憶えてません。

えーと、まずこの日の舞台はお遊びはほとんどなくて、スタンダード・バージョンでした。
チョコビスケに城みちるだったし。プレスマンのキャス口説きも普通。
聞くところによると、大阪公演で崩しすぎたのを軌道修正というか原点に帰ろうとしたのか?
でもおかげさまで、約3週間ぶりのアワ、ひとつひとつの場面を確認しながらリハビリできました。

それでもいくつかご当地ネタを含むネタはありました。
リーシーの海釣り:たぶん地元の地名を言ってたと思いますが聞き取れず。
おんぼろカー、力持ち:ドカベン、山田太郎(明訓高校は新潟)
子ども扱い:地元水族館のペンギンがどうとか言ってましたが詳細不明。
それに合わせたのかどうか、ルイスのキャス母さん誕生日プレゼントの上映DVDは「皇帝ペンギン」でした。
ニューハーフ疑惑:1幕編、口説こうなんて思うな。ずばり彼は男だ。2幕編、たまには男同士で飲もう。
受付ジュリー:想像妊娠、すっぱいものが食べたいとか?白ジョー、ノータッチ。
ジュリーとのデート:ぼくのミサイルがどうとか、今ミサイルは不謹慎だとか。

900席しかない小さな劇場だけど、残念ながら満席じゃありませんでした。2階の後方はだいぶ空席が。
1幕、House of Fun と OUR HOUSE ではまだ盛り上がらず、バギーパンツではさすがに手拍子入りました。2幕の Wings of a Dove では裏打ち手拍子やっぱり難しかったかな?でもみんな楽しんでたと思います。

ハッとした場面その1.
1幕の悪いジョー、バーでバイト中のサラに「今日はいい誕生日でしたか?」
前は「…だった?」よね?
語尾が丁寧になって、二人の距離感が明確に。

ハッとした場面その2.
2幕、運河沿いのベンチで寝ていたジョーに感情をぶつけるサラ、ジョー思わず耳をおさえて「サラ、お願い。それ以上言わないで」
サラが結婚してないと知って「知らなかったよ。残念だったね」
おや!この組み合わせは初めて聞いた。
「それ以上言わないで」+「悲しいことだね」
「怒んないで」+「残念だったね」
どっちかかと思ってた。
ちなみにわたしは「怒んないで」バージョンが好き。

ハッとした場面その3.
2幕、サラとの言い争いのあと、激昂した悪いジョー、去り際に両手で椅子二つひっくり返していった。この場面、ジョーが懇願調からあきらめ調だったり、二人とも声を荒げたり、脅しをかけてもサラが冷静だったり、いろんなパターンがあるけど、今日は怖いジョーと傷心のサラの対比がくっきり。

キャス母さんのお葬式で、証言工作を持ち出したジョーに「なんてこと!」サラがジョーの胸を叩くのは新国千秋楽で初めて見たけど、この前楽、大楽とも継承。

以前は全部ぺこちゃんぽこちゃんキス(笑)だったのが、少年院から帰ってきたときはちゃんとついばむようなキスになってたし、結婚式ではもっと大人のキスになってました。やるね、あっきー(笑)
ラストシーンのキスはまた16歳の、歯がぶつかりそうなキスに戻ってたのが芸が細かい。

フィナーレ。驚いたことに大王さんの「One Step Beyond」でほぼオールスタンディング。さっきまでそんなノリとは思えなかったのに。
さすがにリピーター率高し。サカケンさんまた舞台から落とされてましたが、ここ舞台がすごく低いんです。

カーテンコールであっきーの挨拶。「新潟のみなさん、こんばんは!」
客席苦笑。なるしーからは「これから始めるのかよ」というツッコミ(笑)
新潟じゃない人もいるんですけど~。っていうかむしろ多いかも?
この後、さすがのわたしも書くのを躊躇われるような爆弾発言 ^^;;; 温情により割愛します(笑)
あのね~。人前でしゃべるときはもう少し考えましょうね。

「ツアーも大阪、金沢、ときて…」これには客席も舞台上のキャストもざわざわ。名古屋は~?
あ、そうかと気づいた様子で、「東京、名古屋、、」と言いかけたところで有希子さんから「座間、座間」とツッコミが。あっきー、さらに焦って「座間から始まって、東京、名古屋、大阪、金沢と来てここ新潟が最終地、明日大千秋楽を迎えます」ここまで来れたのも皆さんのおかげ、とかなんとかそんな感じで「ありがとうございました」「明日もよろしくお願いします」と深深と頭を下げる。
あっきーのお辞儀はとても丁寧で好感が持てるんですけどね。

2回目のカーテンコールかな、最初あっきーだけ出てきてみんなを呼んだのに、なぜかニーロさんと香寿さんしか現れなくて、3人で挨拶。
そこでニーロさんから衝撃の告白が!なんとあっきー終盤で鼻血出しちゃったんだって。香寿さんが持ってるタオルはいつでもそれを拭けるように、って言ってたかな?わたしのところからは見えなかったけどほんとに??
おだいじに~。
他のみなさんが出てこなかったのは、もしかして早く宴会始めたかったからとか?
アワブログによると、この日が打ち上げだったみたいだから。

ねむ…。
大楽はまた明日。

« ごごごめんなさい | トップページ | 新潟前楽続き »

コメント

前楽行ってなかったので様子がわかってうれしいです。

実在の明訓高校は新潟ですが、ドカベンの山田太郎がいた明訓高校は神奈川という設定ですから。 残念!

ははは、そうなんですね。エモも「それ違うんじゃない?」って突っ込んでました。

2幕、シャンパン・パーティのBGMピアノ、やっとわかりましたが、曲名までわかりませんでした。

あといくつか追加しようと思って朝から考えてたのに、忘れた!

あとねー、ゴッドファーザのテーマのあと新納さんが「にーろ、デニーロ」とデニーロのマネしてエモに「にてねぇ」とつっこまれるシーン。

せっかく新潟でやっとウケたんですが、デニーロ出てないんだよねゴッドファーザーに。(確か)

デニーロ出てますよ~。パート2だけど。
マーロン・ブランドの若い頃の役。アカデミー賞(助演)取ってます。
似てますよね?息子役のアル・パチーノと。
わたしはどうもこの二人いつも混同してしまう(笑)

hildaさん い...さん
凄く深いマニアックな展開になってますね(笑)

皆さん良く観てらっしゃる~。
その時に「あっ!」と思っても、劇終わったあとは「面白かったよねぇ~」で終わっちゃいますもの。
こうして感想拝見させて頂くと再度その時の感動が思い返せて美味しい時間をすごせます。
有り難うございました。

椅子を2脚ひっくり返したのは前楽でしたか・・・なんかごっちゃになってました。

>JTさん
マニアックすぎて、どこ見てんだか?(笑)
大楽でも椅子2脚ひっくり返してましたよ~。

そっかパート2にはでてたんだ。(にいろさんに言わなくてよかった)

あたしも、怒んないでがすき。

ワタシも床とか壁ばっかりみてたかも。

黒ジョーが椅子を引っくり返した後ですが、大阪楽前ではサラが唄いながらなおしてました。

このパターンは(ワタシは)この時1回だけしか観てません。

>mojoさん
だよね~。
かわいいもん。

>い...さん
グラスを立て直したことはありましたけど、椅子を直したのはわたしも見たことありません。
とっさに演技に反映する機転、さすがですね。

hildaさん
椅子の2脚倒し、千秋楽のおまけかと思ってました。(笑)
い...さん
私もサラが倒れた椅子をなおしているの見ました。
せつなかったです。でも照明さんがサラを追うの大変だろうな・・・なんて少し考えてもいました。

JTさん

そうそう、ちゃんとスポットが追いかけてましたよね。
さすがプロ集団!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/2791656

この記事へのトラックバック一覧です: 「OUR HOUSE」新潟公演前楽:

« ごごごめんなさい | トップページ | 新潟前楽続き »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ