あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「OUR HOUSE」本公演初日 | トップページ | ご質問が多いので »

2006年6月17日 (土)

魂の歌声

体力的精神的に最悪な状態にも関わらず、こういうときだけ異様に行動早いよね(笑)>自分
昨日N.A NETWORKから記事掲載のお知らせが。

フジサンケイビジネスアイ
2006年6月17日(土)

ウェブ上には記事見当たりませんね。鉄人28号とビル・ゲイツはあるのに。
販売店に確認したら在庫ないので取り寄せになるっていうので、駅売りスタンドに走る。ありました♪

最終面に「とれんどeye」っていう囲み記事。

心を解き放てないヒトにおすすめ
魂の歌声 中川晃教のミュージカル

アワハウスのポスターを背にしたカラー写真付です。プリントシャツに白いジャケット。
お稽古中の取材みたいですね。

「人間の本質を真っ向からとらえた作品です。物語に流れる愛の深さ、大きさ、尊さ。そこをぜひ、この身で伝えていきたい。忙しい毎日を送って、人間関係を深めていくような余裕もない人、感情を綴じこめている人…、この世の中にたくさんいると思うんです。そんな人たちに見ていただきたいです。愛というものがどんなに計り知れないものか。その懐に包まれた瞬間を感じてほしい」

この前のAERAのときも思ったけど、取材記事でインタビュー相手の魅力を引き出せるかどうかってほんとにライターさんの腕しだいですね。この記事も素晴らしい。あっきーの舞台をずっとみつめてきて本気でその才能に惚れこんでる方なのでしょう。
「ミュージカルの世界で生きていきたい、という固執はない」という聞きあきた(笑)セリフについても

目指すところはただ一つ。自分の”声”で表現すること。ステージがあり、ライトが照り、そして、自分。セリフは一言あればいい。シンプルな世界だが、それゆえに、感じることをダイレクトに飛ばしていける、いや飛ばしていきたい、という未来図もある。

こんな風に書かれると、ストーンと腑に落ちて安心する。
全文ご紹介したいくらいの名文ですが、そうもいかないのでこれだけ。

目に見えない重荷を解くために、人はそれぞれ、向うところは違う。それこそエステでもいいし、温泉でもいい。選択肢はたくさんある。その中のひとつとして、ピュアな魂をぶつけようとする中川のステージを直に体験するのも、もしかしたら、何かのターニングポイントになるかもしれない。

アワじゃないけどなりましたよ、わたしは。少なくとも(笑)
「OUR HOUSE」たくさんの方のターニングポイントになるような感動を与え続けますように。

« 「OUR HOUSE」本公演初日 | トップページ | ご質問が多いので »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/2257780

この記事へのトラックバック一覧です: 魂の歌声:

« 「OUR HOUSE」本公演初日 | トップページ | ご質問が多いので »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ