あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 幸せな目ざめ | トップページ | 作ってました »

2006年6月11日 (日)

その歌声がきみの翼

タイトルに「翼の折れたエンジェル」って書きかけて、あまりにもベタなんでやめた。

マイケル・ナイマン・バンド
コンサート 2006 with 中川晃教

6月11日(日)17:00~19:30(休憩15分)
日本青年館大ホール
プログラム B

■1部
映画「ひかりのまち」より 
”モリー””エディー””ナディア”
映画「ことの終わり」より
”ダイアリー・オブ・ラブ””ダイアリー・オブ・ヘイト””ことの終わり”
映画「めぐり逢う大地」より 
”ファイアリー・フォース””シュートアウト””バーニング”
映画「プロスペローの本」より
”プロスペローのマジック””プロスペローの呪い””金砂銀砂の浜にきて””麦畑””ミランダ”

■2部
映画「ピアノ・レッスン」より
”ビッグ・マイ・シークレット””悲しみを希う心””フリング”
「バードワーク」 
(オリジナル曲)
「数に溺れて」より 
”トライスティング・フィールド””シープ・アンド・タイド””ウィールバロウ・ウォーク””フィッシュ・ビーチ””ノウイング・ザ・ロウプ”
舞台「エレンディラ」より
”ウリセス・ソング”
作詞:坂手洋二 歌:中川晃教

■アンコール
ナビィの恋(教えていただきました;ありがとう~)
メモリアル

今日は全体的に(アンコールも含め)アグレッシブな演奏が多く、うとうとする暇はありませんでした(笑)
特に第1部「プロスペローの本」は全5曲、いずれもドラマチックで聞き応えあり、この映画を見てみたくなりました。あまりにも激しい演奏のためか、ヴィオラとチェロの弓から糸?が垂れてしまいました。ヴィオラの女性はそれをガッと噛み切ってました。

さて、あらためてマエストロ・ナイマンさんを観察してみると、およそアーティストとは思えぬネズミ色のスーツ、しかもクリーニングもプレスすらしてないと思われるしわくちゃ ^^;;
ピアノ・ストゥール腰掛けるときもまったく後を払わないので裾がぐちゃっと。
極めつけは紅白の靴下!マークス&スペンサー(英国のチェーンストア)で3足4.99ポンド特売とか(笑)
音楽家というより、つい最近読んだ「博士の愛した数式」に出てくる数学教授みたいです。
今度からマエストロじゃなくてプロフェッサーと呼びましょう。
プログラム写真にもそれっぽいのがあるし。
バンド編成は11人、プロフェッサー・ナイマン入れて12人。
サックスとフルート、サックスとクラリネット?など一人で複数の楽器を担当してるメンバーもいました。

「数に溺れて」の演奏が終わると、次だ~、とこちらは緊張なのですが、ステージには一瞬リラックスした雰囲気が流れました。ナイマンさんが手招き、しばらく待って他のバンドのメンバーも目線を下手に向けます。早く~(笑)

出てきたあっきーは、、、あら、今日は髪の毛ブローしてる暇なかったのかしら(爆)
てっぺんボサボサ、毛先はくちゃくちゃカールです。
衣装は同じでした。一昨日チェックに見えたシャツはサッカー地のような凹凸のある生地で実は縦ストライプでした。それに妙にはっきりした青いベルト。靴は魔法使いの靴みたいに先っちょがとんがった紐結び。
こちらが二度目ということもあるでしょうし、歌うのも3度目のせいか一昨日に比べると格段にのびのびして声量も増してたと思います。
「♪いまぼくは死んだ...」という出だしのメロディは、やっぱりお経みたいでしたが。
恋人のために殺人まで犯したのに、自由になった恋人はウリセスをあっさり捨てて一人で旅立ってしまった。受け入れ難い事実に対する絶望感に打ちひしがれ、その不条理さを嘆きながら、それでも愛する人の名前を呼んでしまう。


(ここに歌詞書いたんだけど、ネタバレやらいろいろ問題ありそうなので消しておきます)

やっぱり!空耳じゃありませんでした。アリドネレ(Aridnere)、って3回言ってましたから。(アリアドネじゃないじゃん ^^;;)
このひっくり返しの意味については、ほんとのところは坂手さんに聞かないとわからないけど、ある意味禁じられた恋人たちだったエレンディラとウリセスが、おばあちゃんに内緒で逢引するための暗号?として使われたんじゃないかな~、なんて想像してみました。もちろん原作にもそんな話ないですけど。
そして最後のエレンディラぁ~~~のところ、今日はフェードアウトなし、一気にぐわぁ~っと来ました!心臓止まりそうだった。
ふぅ~っ。
プロフェッサーと笑顔を見合わせ、肩を抱き合いながら下手にはけるあっきー。満足そうでした。
うん、今日は余裕あった (^^)v
カーテンコールでは他のメンバーからもねぎらいか賞賛か言葉をかけられうれしそう。

2度目のカーテンコールからオールスタンディングでした!
鳴り止まない拍手の中、ナイマンさんがピアノの前に座りました。おぉ、アンコールですか?!
他のみなさんも位置に着こうとするのを制してピアノ・ソロでした。たぶん「ピアノ・レッスン」だったと思いますが確認するの忘れました~。(ナビィの恋だったみたいです;失礼しました~)
再びカーテンコール、オールスタンディングの繰り返し。あっきーも出てきて端っこに陣取ってたらナイマンさんに呼ばれて真ん中に出てきました。気つかってるね。
そして再びアンコール。今度はバンドのみなさんも。
始まった曲はAプロで聞いたときよりずっと激しくガンガン叩きつけるようなメモリアル。すごい迫力でした。

最後のカーテンコール、上手の幕の奥で誰かが客席に向ってフラッシュを焚くのが見えました。スタッフかな?と思ってたら、ナイマンさんに促されて出てきたのはあっきーでした!
しっかりカメラぶらさげて(笑)なに、あの写真どうすんの?

ああ、今日も幸せ。
会場ではたくさんのあっきー仲間とも会えました。
開演前にお茶をお付き合いしてくださった方々をはじめ、みなさま、お世話になりました~。声かけてくださった皆さん、ありがとう。
エレンディラ世界初演をご一緒に体験することができてうれしかったです。

帰宅してみたら、日曜日の定期便、しっかり届いてました。
青年館のリハーサルの合間にメッセージ、あっきー、ありがとう!
さあ、次はいよいよ「OUR HOUSE」本公演です。
身体に気をつけて最後までがんばってね!

今日はタイムスタンプ編集しなくても今日中に書けました(笑)

« 幸せな目ざめ | トップページ | 作ってました »

コメント

2日間のコンサートを堪能され ホッカホッカのレポして頂いて 今日のコンサートも聴いた気になりました。
アンコールまであって素敵!
ウリセス・ソングは歌った3回とも微妙に違っていたのでしょうね。

本当に有り難うございましたm(__)m


どういたしまして!
こちらこそ読んでいただいてありがとうございます~。
やっぱりその日のうちに書けないとそれっきりになってしまうことが多いので、書けるときは書き留めておこうと思ってます。
書きそびれたアレとか書きかけのアレとか日の目を見ることはなさそう。。

もうTBしてくださったんですね~
どうもありがとうございます☆

それに今日は 本当にいろいろとお気遣いいただいて感謝しています。
・・・私 うろ覚えの歌詞の一部書いちゃったけどまずかったかな(汗)

いつもhildaさんは配慮があって素敵です。
私って後先考えないからなぁ~(反省)
またお会いできるのを楽しみにしています。

ありがとうございました。

クリエイトありがとうございました。

なぜAridnereか、私も考えてたんですが、
ふと、坂手さんじゃなくてむしろガルシア・マルケスがAridnereひっくり返してErendiraにしたんじゃないかって。

Aridnere→アリアドネ→ミノス島の怪物に囚われの身→助けに来るテセウス→ウリセス

原語がぜんぜんわからないので妄想ですが。

お茶をご一緒できて嬉しかったです。
自分のへなちょこさで先に失礼してしまった
のですけど、帰り際にご挨拶が出来てホッと
しましたよー(笑)プロフェッサーのアンコ
-ルでのソロは「ナビィの恋」かと。
日本だからと言うことでしょうね。素敵でしたね。
次回はお酒をご一緒したいですなー。

>シーナさん
昨日はどうも~。次回はもうちょっとゆっくりお話したいですね。
アンコール曲教えてくださってありがとうございます!
さっそく修正させていただきました~。

順番逆ですが、

>junn-junnさん
アリアドネ=Ariadne 綴りがビミョーに違うんですが ^^;;
ウリセス=ユリシーズ=オデュッセイ
なので、お話的にギリシャ神話つながりってことはありうると思います。ひょっとしたらギリシャ悲劇お得意の蜷川さんもこの名前にインスパイアされたのかな、なんて。

>珊瑚さん
ご挨拶なしにいきなりすみません~。
昨日のあっきーとナイマン・バンドの皆さんの反応見てて、わたしも同じ日本人としてこんな素晴らしいシンガーをご紹介できて誇りに思いました。いや、自分が紹介したわけじゃないんですけど(笑)
お約束のもの、遅くなってすみません。
また何かありましたらお知らせしますね。
歌詞のことは、わたしもうろ覚えなので、別にいいかなーとも思ったんですけど、もうちょっとふところであたためておこうかなと。(卵か?!)

あら~、だめですか。と思ったらこんなこと書いてる人もいました(しつこい)。

貼っていいかな。
http://www.trincoll.edu/depts/mdlg/latertulia/val.html

あらまぁ!ほんとだ!
Aridnereって呼んでた?
原作3回読んだのにもう忘れてるし。
ウリセスがユリシーズなのはすぐにわかったけど。
junn-junnさん、こんなのよくみつけましたね?!

私もぜんぜん思い出さなかった。
今、文庫めくりまくって見つけました・・・。

今帰って真っ先にチェックしました!
みつけた、みつけた!
ほんとだ~。
知らなかった!
ほんとにアリドネレと呼んでたなんて。
ほんとにアリアドネのことだったなんて。
わたしの空耳も捨てたもんじゃない(笑)
っていうか、junn-junnさんがすごいんだけど。
ありがとう~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/2178757

この記事へのトラックバック一覧です: その歌声がきみの翼:

« 幸せな目ざめ | トップページ | 作ってました »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ