あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 朝日新聞夕刊&今日のスタパ | トップページ | その歌声がきみの翼 »

2006年6月10日 (土)

幸せな目ざめ

夕べは6時間くらいは寝ました ^^;;

寝不足続きが祟ったか、寝る前からひどい頭痛で。頭の芯がジーンと。
今朝も痛みで目ざめたくらいなんだけどね。
でもまだ夕べの幸福感が持続中。

う~ん、あっきーのお経効果は霊験あらたか(笑)

しばらく放送お休みしてたNHK/BS1の週刊シティ情報、先週のメタルマクベスをチェックしそこなってちょっとがっかりしてましたが、今日はばっちり!
演劇ニュース、今日の内容はこちら。予想したとおり「OUR HOUSE」入ってました~。
たったの1分半ですが、舞台映像(6/7ゲネ)とG2さんのインタビュー。
最初の方の「OUR HOUSE」や、ラスベガス「Wings of a Dove」、終盤のカムデン・ロックマーケット「The Sun And The Rain」で踊るあっきーが見られました。うれしい。

いまさらですが、「ピアノレッスン」にしても作曲したナイマン自身のピアノ演奏で聞けるというのは、実はとってもぜいたくな音楽体験だったような気がしてきた。明日はしっかり味わってかみしめてきたいと思います。

今日の大阪公演はどうだったのかな?

« 朝日新聞夕刊&今日のスタパ | トップページ | その歌声がきみの翼 »

コメント

いつもお世話になっています。hildaさんのところ、とってもありがたいんですけど、だいじょうぶ?なんか、そんなに情報収集ってたいへんな速さの戦いなんだね。いつもあてにしちゃってごめんね。hildaさんのアッキーへのパワーオブラヴをがつーんと感じています。明日はゆっくりアッキーのうたをきいてね。
mojoは急いでいないから、あとでもいいよ。

「ウリセス・ソング」、もとい、ナイマンバンドコンサートを大阪にて聞いてきました。
うわ!なんて難しい曲なんだ!!と言うのが最初の印象でした。ずっと低い重い感じで、ホント、お経というか呪文のような歌だなぁって(^_^;しかしそれを自分のモノにし、情緒たっぷりに歌い切ったアッキーは、やっぱ天才!!?
確かにアッキーの書いていたように、不思議な曲で、一回聞くともう一度聞きたいと思ってしまう楽曲ですよね。何回も聞きたくなる・・・曲の力もさることながら、私にしたらアッキーの歌声の賜物以外何物でもないですが(笑)
大阪も、最後の♪エレンディラ エレンディラ~♪の後、数秒の間があり、アッキーが笑顔とともに吐き出したため息で一気に呪縛が解けました。いや、拍手喝采でした。

コンサート終了後、ロビーにてナイマン氏がサイン会をしてくださり、とてもラッキーでした(^^)v

>mojoさん
いや~、そんなに早さを競ってるつもりないんだけど、気がつくと情報ソース求めて一回り、2回り、3回りしてるうちに時間が過ぎてっちゃうのよ。
いま起きてるのはそのためじゃないよ。
ポトフ煮込み始めたから(笑)
今日よろしく~。

>nobさん
大阪の様子をありがとう!
やっぱり一瞬静まり返りました?
聞いてる方もにわかに受け止めかねる歌ですものね。でもそれが何か「すごいもの」だという実感だけはあって。
あんな歌ほかの誰にも絶対歌えない!

そうそう、お経や声明(しょうみょうってこう書くのか)や呪文(マントラ?)に聞こえるのは、aridnereって言葉が何回か出てくるから。エレンディラのひっくり返しみたいなんだけど、そうだとしてもちょっと意味わかんないですよね。。^^

私も行ってきました。
hildaさんが表現されてる通り、お経のような曲でしたね。これがナイマンという人の曲なのでしょうね。あのメロディに歌詞をのせるのは難しかったと思います。「君が好きなように自分の世界を表現して」と言ってくださったというナイマンさん。アッキーもそれに答えていたと思います。スロ~なテンポがアッキーの声の良さをより強烈に印象づけてくれてました。

アンコールの時にバンドの中でも一番背の高い人の横に立ったアッキーとの身長差が凄くてちょっと私の周りがザワ~となったのがおかしかったです。

すみません。アンコールじゃないです。カーテンコールの間違いでした。
アンコール・・・やって欲しかったです。 今日はあるでしょうか。

今日はアンコールありましたよ~。
あっきーも…っていうのはなかったけど(当たり前)
JTさんも大阪公演でエレンディラお聞きになれたんですね。
身長差でざわっ、お、可笑しい(爆)
バンドの皆さんの方にしても、こんな小さな男の子(笑)のどこからこれだけの豊かな歌声が湧いて出るのか不思議だったんじゃないでしょうか?

今から舞台版が待ち遠しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/2162685

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな目ざめ:

« 朝日新聞夕刊&今日のスタパ | トップページ | その歌声がきみの翼 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ