あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« あっきーインタビュー | トップページ | G2ロンドン日記第6回 »

2006年4月29日 (土)

250年前のポップスター

週末仕事が激多忙で;;ここにログインしても書きかけのまま(下書き3件)全然更新できませんでしたが、27日は遅刻する~とか言いながら本屋の開店待ってたし、今朝は朝目が覚めるが早いか顔も洗わず(をい;)ツッカケで近くのコンビニで日刊スポーツをゲット。
と、相変わらずの生活です。

昨日もあっきーDMお知らせありましたね。
出版物掲載情報。

雑誌
婦人画報7月号 6月7日(水)発売
新聞
●日刊スポーツ 4月29日(土)発売

今日の日刊スポーツの記事はモーツァルト特集でした。

各界様々な方がコメントを寄せていますが、葉加瀬太郎さん(バイオリニスト)の分析がおもしろい。モーツァルトのコンサートではトークもあって約2時間、「250年前のポップスター」で、貴族社会に逆らう作品を書くあたりはまさに「ロック」、奇抜なファッションは「ミッチーもびっくり」(爆)35歳で死ぬまでに800曲以上、譜面をきちんと整理してすぐ取り出せるようにしてたって事務処理能力も高かったらしい。

内田光子さん(ピアニスト)は、父レオポルドへの手紙を引用して「プロにも素人にも、ただぼーっと聴いてる人にも楽しめるような曲を書いた。だからぼーっと聴いててもキレイと思うところがある。これは大変な魅力です」と。

肝心のあっきーは、ミュージカル「モーツァルト!」に出演しました~ってことで、舞台を機にモーツァルトの音楽を聞きなおしたら「展開がきれいで多面的な魅力がある」と気づいたと。音楽性も広がったしモーツァルトの人間性に触れた気がする。M!があったから「OUR HOUSE」や蜷川さん作品に出演させていただいてると思う。
あっきーの好きなモーツァルトベスト3は、
1.アイネ・クライネ・ナハトムジーク
2.ピアノ協奏曲第17番ト長調
3.セレナード第6番ニ長調
だそうです。
しかしこの写真、いつの?!

去年名古屋でM!千秋楽を見て、劇場近くで食事したあと、帰りの夜行バスの乗り場オアシスに向う途中、突然どこからかアイネクライネが聞こえてきたのにはびっくりしました。
タイミング(ちょうど11時)からして時報のようでしたが、なぜこの曲?なぜこの時間?と頭が??だらけでしたが、モーツァルトがお見送り(笑)してくれたみたいでうれしかったです。

RKBのサイトで更新がいくつか。
「風をみる人」サイトで、スポットCM(詩の募集版と告知版2本)が見られるようになりました。
吉村作治の早大エジプト発掘40年展のサイトがアップされています。
チラシの裏表を1ページにまとめたって感じです。

« あっきーインタビュー | トップページ | G2ロンドン日記第6回 »

コメント

お邪魔します(笑)
なんか素敵なお話で・・・。ちょっと心が和みました♪さっきとっても嫌なことがあったものでして(^^;)
アッキーってばやっぱり卓越した何かを持っているんですなぁ~。
「自分を見据える」
未だにできないな、これは(笑)

わ~♪梅太郎さん、いらっしゃいませ。
電子展覧会あともうちょっとですね。
ほんとに貴重なイラスト放出してくださってありがとうございます。

何か心和ませる内容があったようでお役に立てたならうれしいです。でもどこらへんが??と聞いてみたい気もしますが ^^;

自分が何者か知るということ、冷静に自分を観察して、謙虚に受け止めるということ、それができる人だから、あっきーは自信をもって前に進めるのかなと思います。
回りはハラハラしちゃいますけどね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/1613367

この記事へのトラックバック一覧です: 250年前のポップスター:

« あっきーインタビュー | トップページ | G2ロンドン日記第6回 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ