あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« OUR HOUSE チケット一般発売は明日 | トップページ | ラジオが聞こえない »

2006年3月10日 (金)

タワレコ、ミニライブ

中川晃教って何者なの?

もう一度問いかけてみる。自分にとって、ってことだけど。
なんでこんなに彼の歌声が好きなのか?
まだ少年と言ってもいいくらい華奢で小さな身体の、どこにそんなパワーが秘められているのか不思議なほど力強く豊かな声を持つシンガー。そのどこにこんなに惹かれるのだろうか。
肩をいからせ、怒ったように顔をゆがめて歌うかと思えば、身体に沁みこむような優しさで心を震わせる。
美しい声、というのとは少し違うと思う。発声や歌唱法はおそらく正統というより異端。むしろ自己流?ややひとりよがりな歌詞と、通俗すれすれなメロディ。なのに信じられないくらい届くんだよね、心に。魂に直接響くというか。
今のところは、ソングライターとしての能力をはるかに凌駕するシンガーとしての才能が聞く人の心をねじ伏せてるようだ。

みんなじゃないかもしれない。でもわたしだけでもない。
だからきっと、選ばれたんだよね、わたしたち。今ここにいる必然。今ここにいられる至福。

そんなことを考えながら聞いていました。
え?さりげなく酷いこと言ってます??
結局何の答えにもなってないし。

2006年3月10日(金) 19:30~
新宿TOWER RECORD 7階
中川晃教ミニライブ&握手会

(CD「Akinori Nakagawa 2001-2005」購入者への特典)

本日の曲リスト:

1. BRAND
2. JUST CALL MY NAME
3. Catch Fire
4. 新曲?
5. I Say Good-bye

まず整理番号順に7階から10階までの階段に並ばされる。この間、会場ではリハーサルがあったらしいのだけど、並んでいるわたしたちのところまでは聞こえず、たまたま店内通りかかったり訪れたお客だけが役得?
主催者発表300人のオーディエンスは仮設のライブ・スペースにぎっしり詰め込まれ、満員電車の様相。熱気がものすごく、ほとんどサウナ状態で息苦しいくらいだが、これなら倒れても倒れなさそう(まじ)だし、かばんから手が離れても落ちなさそう。
わたしは整理番号60番台で前から4列目くらいかな?まあまあの位置に陣取り。
開始前、スタッフの女性から基本的な情報のアナウンス。ケータイやカメラ、録音器材の使用禁止なこと、今からでもCD購入者には握手会参加資格があること、など。

開始時間になって現れたあっきー、白黒(牛柄?)のソフト帽、紺色のTシャツ、肩ボタン留め付き、ボトムズは赤地に紺色のチェーン模様というのでしょうか、縦に入った少しだぼっとしたパンツ。靴は黒の編み上げ革?靴でした。また左手だけシルバーっぽいネイルカラー。
お客の数を見て一瞬目をむくあっきー、コメント抜きでいきなり「BRAND」とつぶやくように曲名を口にするとマイクを取って歌いだします。

うわっ、ステージからわたしの立ち位置まで約1mあるかないか、そ、そんな至近距離に来られても困ります~。っていうか、最前列の方はまさに目の前なわけで、よく耐えられますね(謎)
顔の表情はもちろん、口の中まで見えてるし ^^;;
いやいやいやいやいや、そんなことより久々のあっきー生歌ですよ。あ~、そこそこって感じで心のツボ押し効果抜群。あまりの気持ちよさに気絶しそうに。(実際かなり貧血気味だった)
この歌、ただちょっと歌詞がアレですが。(古い映画ですみませんが、「ひきしお」の首輪されてるドヌーブが頭をかすめる)
ぷるる…ってケータイだったのか。今ごろ気がつく。<遅

歌は一気に3曲続けて。
小さなステージですが、バックにライブ映像が大きく映し出されるので、後の方にもあっきーの姿は見えてたはず。

2曲目はキーボード弾きながら「Just Call My Name」。これも好きな歌だからうれしい。「きみを強く抱きしめるよ」のところで片手を胸に当てたり、「きみの愛を手に入れるためなら(って歌ってました)」のところで小さくガッツポーズ?入れたり。

3曲目「Catch Fire」(マイク)の前に、問題の(笑)モノローグ入れてくれました!生で聞けたせいもあるだろうし、少し手直し入ってたみたいで今度は意味わかりました。
「こんな世の中で、真実なんかどこにある?オレの人生も無駄なことばかり多いけど、何を選ぶかは自分しだい、結局は自分の責任だけ、ほかには何もない。そんなメッセージを込めた男と女の愛の物語、タイトルは Catch Fire」
だと思うんですけど。すぐに脳内変換してしまうので英語は正確に書き起こせないのですが~ ^^;;
できればカンペなしで語ってほしかったですけど、まあいいか。
後の飲み会で、(文法のミスやらいろいろ)きっと誰かに言われたんだよ~、hildaさん、メールしたんじゃないの?と言われましたが、わたし、何もしてませんから。いや、実をいうと添削してあげようかとは思ったんですが、やってませんから ^^;; きっとどこかに同じこと思って見かねた方がおられたのでしょう。しかし、あっきーよ、今度からはリリースする前にネイティブ・チェック入れるように(笑)

ここでMC。帽子はもうどこかで脱いでました。
300人もの方に来ていただけてうれしい、毎回恒例になったタワレコ・ライブをまた実現してくれたスタッフにも感謝。
このライブは、新譜を買ってくれた人だけの特典ということで、少なくともそのしきり(通路との境目にポールが渡されてた)の内側の方はぼくのCDを買ってくれたということで、ありがとうございます。
う~ん、謝辞が丁寧、相変わらず礼儀正しいあっきーです。
後にジャケット写真のあっきーが何枚か大写しになってて、この顔は誰?って聞かれることがあるんですが、ぼくです。って。わかってます~(笑)
その他なにしゃべってたかな?
そうだ、そうだ、最前列に親子連れがいたらしく、あっきーから「いくつ?」とか「どこから来たの?」とか聞かれても返事ができないでいると「ごめんね、聞いたりして。緊張するよね」って。それからお客さまに向って「でもここに二人の小さな子どもがいるって憶えておいてくださいね」ってとっても優しい声で言ってました。きっと押されると危ないからっていう気遣いだと思います。やさしぃ~。

何やらポロンポロンとつまびくようにピアノを弾き始めたあっきー、4曲目の前に発声練習(?)かと思ったら、ちゃんとした新しい歌でした!全部英語で、相変わらず「真実の愛」だの「この愛は永遠に」だの「二人の愛は終わらない」だの。。。
でもきれいな曲。いつリリースされるのだろう?(ACTORS STYLEで言っていた「哀愁に満ちたメロウな」新曲ってこれかな?)
「…って新曲は披露しなくていいから」とスタッフをチラッと見て。最後の曲は2枚目のシングルで「最後の家族」というドラマのエンディングに採用された(と紹介していました)「I Say Good-bye」をキーボード弾きながら。
このときなんかおもしろいこと言って笑いを取ってたんだけど、なんだっけ?
えーと、確か「この曲を好きな人もあんまり好きじゃない人も、聴いてください。心をこめて歌います」みたいな。
なんで?この歌人気なくないよね。

そして握手会へ。
あっきー去り際に「このあと拍手会」って言ってどっと笑われたのを「今のわざとですから」って急いで言い訳してさらに爆笑を買ってました。

少し準備の時間を置いて再び出てきたあっきー、まずサイドの方にいた松葉杖の方と先に握手、お話してました。ステージ上がるの無理ですもんね。
前列左側の人から順番に流れていきます。
噂には聞いてたけど、あっきーって、ほんとにひとりひとりちゃんと目を見て挨拶して、きちんとお話終わるまで聞いてくれるんだ。プチ感動。
それを急かすお兄さんが二人がかりで、話が長い方の肩たたき(笑)長いったってね、そんなに粘る方もいなくてけっこう流れはスムーズでしたよ。
自分の番が終わって、また後に回って様子をながめながら(見てどうなるものでもないが…)、残り30人くらい?のところでちょっとお手洗い済ませようと外して戻ったら、危ないところで最後のご挨拶逃すところでした。
再び丁寧な謝辞と、明日からエジプトに行くこと、特番の撮影があることなど。
このミニライブのために何枚もCD買ってくださった方も、1枚に思いを込めて買ってくださった方も楽しんでくれたらうれしい、といったようなことを言ってたと思います。
そうか、何枚も買う人がいるっていう認識はされてるわけね。

これでやっと終わり。
ちゃんと時計を見てなかったけど、もう9時は回ってたかな?
外に出て、あっきー仲間と飲み会に突入した頃に「まだ9時半」だったから(爆)
ああ、楽しかった。
ご一緒におつきあいくださったみなさま、どうもありがとうございました。
そして、あっきー、ありがとう!
気がついたら絶不調のはずの自分、すっかり元気になってました。
う~ん、やはりあっきーは特効薬。
お腹に気をつけてエジプト楽しんできてくださいね。

ごめんなさい。無茶苦茶長いですね。
最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございました~。

« OUR HOUSE チケット一般発売は明日 | トップページ | ラジオが聞こえない »

コメント

hildaさん
凄いです。どうしてこんな文章が書けるの?全てです。全部。
中川晃教って何者なのから始まるその言葉に偽りなくご自分の言葉が思いが詰まっているからでしょうね。

本当に素晴らしい記事読ませて頂きました。
有難うございました!

夕べは、ありがとう!&お疲れ様!

私ね、メールでも何回か言っていたと思うけど、ここの所アッキー熱がかなり下降気味だったのね。
だから、hildaさんにお声をかけて貰わなければ今回のイベントも不参加だったかもしれません(^^;

でも、でも、昨日久しぶりにアッキーの生歌を聴いてちょこっとお喋りもできて握手もしたら、私ってやっぱアッキー大好きじゃん!と気がついた~(単純?笑)
眠っていた私の心を目ざまさせてくれたhildaさんには本当に感謝☆感謝☆
どうもありがとう~~♪
私はあなたについて行きますよ!(違?爆)

それと、モロモロのブツもサンキューね。
時間がある時にゆっくり楽しみます(^O^)

hildaさん
もしかしてインストアライブ、近くにいたのかもしれないひよこです。
アッキーにとっての自分、一言一句同感です。。
そして、詳細なライブレポ、素敵です。
もう、ずっとこの目にあの幸せな瞬間を
やきつけておきたいですねー。

>JTさん
こんにちは、いらっしゃいませ~。ANNAさんのところではお世話になってます。
お褒めのお言葉ありがとうございます。
それこそひとりよがりなレポで、あっきーの魅力の10分の1も伝えられたかどうかわからないんですけど。
まだ自分でもどうしてこういうこと(笑)になったかわからなくて戸惑ってる部分があります。でもそれがわかるまで、ついていきますよ。ご一緒に応援していきましょうね。

>TOMOさん
昨日はどうも~!
あっきー熱復活おめでとうございます ^^
やっぱり生歌聞いちゃうとね。。
飲み会でも何人か山野楽器ライブも行きたくなっちゃったから明日CD買う、とか言ってる人いましたよ。
え?わたしについてこられても?(笑)
違うところに連れていっちゃうかもしれないですよ~(爆)

>ひよこさん
いらっしゃいませ!来ていただけてうれしいです。
昨日いらしてたんですね??
しかもお近くだったかも?
お会いできなくて残念でした~。
ほんとに昨日はぞくぞくするくらい素敵でしたよね、あっきー。
まだまだ知らないことばかりなので、これからもよろしくご指導くださいね。

あ~、そうだった
ひよこさんとhildaさんを引き合わせようとこっそりたくらんでいて、すっかり忘れていた。

すみません、もしまたそんなチャンスがあったらなんとかしますから。

楽しかった~。
Catch Fireのせりふの訳、すんごいよいじゃないですか!
ぶっちゃけアッキーが自分で考えてる訳よりきっといいに違いない。
アッキーに送ってあげなよん。

>い...さん
昨日はお疲れ様でした。
え?、あ、なんだ、ひよこさんとお知り合いだったんですか~?ひょっとしてこの業界とても狭い?(笑)
次の機会にはぜひお顔合わせお願いしま~す。

>junn-junnさん
大宮に続き、ご一緒できてうれしかったです!
え~、あっきーに訳を??それはちょっと恥ずかしいかも~(@@)
だったら書くなよ、って感じですが ^^;
昨日はあっきー発音もばっちりだったので、思わず小さくOKサイン出しちゃいました(爆)見えたかな?

お疲れ様でした!でも凄く楽しかったですね♪
ちょこっとだけど整列時にお会いできて嬉しかったです(^^)

hildaさんのCatch Fireの訳完璧ですよ。凄い!(^0^)
私は英語苦手なのでイベントの時は聴き流し状態だったんですが、なんて喋ったのか気になって帰宅後CDの方を何度も聴き返して紙にメモって英語訳に挑戦してたんです(笑)
でも語尾の部分とかが聴き取れなかったり、直訳してみても・・と思う部分が多かったので、きっとチェック入れて作詞してるんだろうし、てっきり自分に英語力が無いから仕方ないと思ってたんですが、そもそもCDの方に問題もあったんですね(笑)hildaさんの訳読んで不明な部分が繋がってスッキリしました(^▽^)

>かつみさん
遅くなってごめんなさい!
会場ではちょこっとご挨拶できてよかったです。ほんと、文字通り熱い(笑)ライブでしたね~。
わたしの訳が正しいかどうかわかりませんよ~(汗)わたしも英語決して完璧じゃないし、あっきーのこと言えないんですけど、これから世界に出ていこうという方ですから、がんばってほしいなと思って。
もう今ごろエジプトの空の下ですね~。
お腹こわしてないといいけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/994036

この記事へのトラックバック一覧です: タワレコ、ミニライブ:

» 行ってきました新宿インストアLIVE ! [月より遠い場所]
行ってきましたよ!新宿タワーレコードのインストアLIVE&握手会!生アッキーは今 [続きを読む]

« OUR HOUSE チケット一般発売は明日 | トップページ | ラジオが聞こえない »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ