あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 続・ベスト盤リクエスト | トップページ | ゲスト出演2つ »

2006年1月 7日 (土)

婦人公論発売中

昨日の帰宅が深夜12時過ぎだったので、もしかしてもう本屋さんに出てるかも?と思って駅前のTSUTAYAをチェックしたけどまだでした。<気が早いって

今朝目が覚めて真っ先に本屋さんへ。どうせ買うのに一時も早く読みたくて内容確認のため立ち読み。

3ページ、写真はモノクロで、ヴォルフ風編み上げ?のヘアメイク。
特集のタイトルは予告と一緒でしたが、記事タイトルは少し変わっていました。
歌声に託す未来図
奇跡の時間に出会うため 僕の挑戦は止まらない

感動しました。

この子は自分が何者かよくわかってる。
ちゃんと自分で考えて、そのときそのとき最善の選択ができる人。
舞台に神様が降りてくるんじゃなくて(確かに神がかり的に見えるので質問の意図もわかりますが)、自分で役を掴む瞬間があるっていう言葉にも感銘を受けました。

昔少しだけお芝居をやってました。
本気で女優になりたいと思ったこともあります。
お芝居なんて簡単だと思ってました。ただその役になりきればいいんだから。それはわたしにとって難しいことではなかった。
でも指導にきてくれた演出家の卵さん(学生演劇なので本職やとうお金ない)にこう言われて目からウロコが落ちました。

「ただなりきるだけじゃダメ。常に(観客に)見られてる自分を観察すること。そうでないと独り善がりの演技になってしまうから」

そう、演じるということ、役を生きるということ、単にその世界に入り込むだけじゃなく、絶えず観客とコミュニケーション取って自分コントロールする冷静さが必要。
彼はちゃんとわかってる。たぶん、学んだというよりは自然に見につけたような気がする。それほど舞台の上ではシローそのものだったし、ヴォルフそのものでした。

それと繰り返し言ってる、自分は何よりシンガーであるということ。
ミュージカルや他の舞台での経験は貴重だけれどそれが最終目標ではなく、すべて音楽活動に反映されてる。その変化、成長を見てほしいという気持ち。
それでハッと思い当たりました。
年末年始のライブで、あえて新アルバムからの曲より過去の曲を多く歌ったこと。あれはもしかしたら、その変化を聞かせたかったのではないかと。
実際デビュー曲や「So Sorry」なんかはCD版とはまったく別の歌かと思うくらい新鮮でした。それは単に間の年月を経て声質や歌い方が変わったという以上の変化に思われました。

彼はこれからも貪欲にいろんなことに挑戦して、多くのものを取り入れて自分のものにしていくことでしょう。
その変化、成長がどんな風にまたこれからの歌に反映していくのか、楽しみでゾクゾクします。

« 続・ベスト盤リクエスト | トップページ | ゲスト出演2つ »

コメント

 あっきー情報出ていますね。

「モーストリー・クラシック」 発売中
「婦人公論」 1/7発売号
「アクターズ・スタイル」 1/31発売号

婦人公論以外は、田舎の本屋にはなさげ・・・。
どっかで読めないかしら・・・。

 世の中3連休中。私には全く関係ございませんが(ーー;)本日は、年末以来、初めての休みです・・・。
 上司さん休ませてください、そして貴方も休んでくださいお願いしますm(__)m

 細○数○さん的にはいい年になるはずなのですが、いかがなものか。昨年末は本年に向けていい感じに上昇していたのですが・・・。ちょっと今日ブルーな1日でした。頼むよ、細○さん!

ゆうちゃん、いらっしゃい!
っていうか、勝手に連れてきちゃった。ごめんね ^^;;
雑誌掲載情報ありがとう。
公式サイト更新されてますね。
「モーストリー・クラシック」はうちの近くの本屋では置いてなくて山野楽器にあったんだけど、しっかりビニールカバーされてて内容確認できなかったんです。
アクターズ・スタイルは2度目ですね。楽しみです。

いつも特派員報告ありがとう。こちらでもよろしくね!

 ありゃりゃ☆連れてこられちゃった(>_<)
こんにちは~~
あっきーネタはあちらはマズイのですね。

 モーストリー・クラシックはビニールがけのしてある雑誌なんですか・・・。「クラシック」ってあたりが高級そうです☆
 やっぱり婦人公論しか読めそうにないですね・・・。

 生あっきーに会えるのはいつになるのか。
舞台でもいいから、こちらにも来ないかしら。いいなぁ関東!引っ越したら誘惑が多すぎて自己破産になるから、行かないけど。

 人生の選択に悩む今日この頃・・・。今年は、変革の年にしたいです。色んな世界に目を向けて、自分探しの旅へGO!であります。
 

いえ、マズイってほどでもないんですけど ^^;;
いちいち謝りながらあっきーネタ書いてるのも何だかな~と思って分けました。

ゆうちゃん、人生の岐路ですか。今のうちにいっぱい悩んで自分の道を探してください。若いうちだけの特権ですから。
あっきーも「ただやみくもに突っ走るだけでなく、ひとつひとつ、その場で決断を下していく」と言っています。「もしかして僕の幸運は、努力と挑戦から生まれているのかな」とも。がんばって夢を叶えて!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/270084

この記事へのトラックバック一覧です: 婦人公論発売中:

« 続・ベスト盤リクエスト | トップページ | ゲスト出演2つ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ